Q&A よくあるご質問

  1. トップページ
  2. Q&A よくあるご質問

Q&A よくあるご質問

よくあるご質問・お問い合わせの内容と回答を掲載いたします。

犬の靴・靴下について

犬の靴・靴下について

なぜ犬に靴・靴下が必要なのですか。

夏場のアスファルトや雪道の上、ラフな地面を歩く必要があるとき等は、愛犬が肉球を火傷したり怪我したりする危険性が高まるため、犬の靴の着用が必要な場面があるものと考えています。さらに海や川・プールなどのレジャーにおいては、水分を含んでふやけた肉球が傷つきやすく、貝殻や釣り針・ゴミ等による怪我をする危険性も高まります。また、お出かけや散歩時には足元の汚れを防ぎ、散歩後の洗う・拭く・乾かすといった面倒でかつ愛犬の肉球にとってダメージとなりうるケアを減らし、飼い主さん・愛犬の負担を軽減することも靴をオススメする理由のひとつです。

さらに屋内では、犬の靴下の着用を推奨しています。犬の靴下の滑り止めがついているため、フローリングなどの滑りやすい床で愛犬がスリップしてしまうのを防ぐほか、怪我をした部位の舐め防止としても役立ちます。高齢になると犬の肉球は乾燥しやすくなり、筋力も弱まるため、滑りやすくなってしまう可能性が高まることから、高齢犬のサポートにも犬の靴下をオススメしております。

詳しくは『犬の靴をすすめる理由』でもご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

靴・靴下は季節や天気を問わずに使用できますか。

商品の仕様によっても異なりますが、ほとんどの商品は1年通してご使用いただけます。 docdogでは雨に強い防水タイプの商品や寒さに強い冬向けの商品など、その季節に最適な商品も取り扱っております。

靴・靴下の試着ができる所はありますか。

docdogの靴・靴下はお台場ヴィーナスフォートのJOKER'S TOWNにて試着品をご用意しております。詳しくは『店舗ご案内ページ』をご覧ください。

靴・靴下の適性について

靴・靴下を履かせてみたいのですが、うちのコが履けるか心配です。犬によって向き・不向きはありますか。

商品のご購入を検討する前に、向き不向きを確認するために『愛犬と靴の相性チェック』で愛犬と靴の相性を確認いただくことが可能です。 チェックの結果、前向きにトライできそうでしたら、愛犬の足を握る練習から徐々にお試しください。詳しくは『愛犬が靴を楽しく履くために』で慣らし方などをご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

また、初めて靴を履くときは、違和感のある歩き方になったり、立ち止まってしまう等の戸惑う様子を見せるコもいますが、徐々に慣れてくると、大半のコがいつものように遊んだり走り回ったりできるようになります。ご安心ください。

靴を履くことで愛犬にストレスがたまらないか心配なのですが。

獣医師や動物行動学の専門家によると、初めのうちは靴を履かせることがストレスになるコもいます。しかしながら、靴を履かせたときに褒めてあげたり、おやつをあげたりすることで、次第に靴を履くことが嬉しいことであると理解するようになり、ストレスではなくなってくると考えられています。これは、靴を履かせるということだけでなく、しつけ全般に言えることです。例として、初めのうちは"お手"もストレスであった可能性があります。

愛犬が安心して靴を履けるようにトレーニング方法をアレンジしてあげてください。ただ、愛犬の性格として靴の着用が不向きである場合や、靴のサイズがあっていない場合は負担がかかる場合がございますので、様子を見ながらご使用ください。

靴・靴下を扱う上での注意事項

犬の靴・靴下を取り扱う上で気をつけることはありますか。

犬の靴・靴下を取り扱う上で以下、ご注意ください。

・子供の手の届くところに保管しないでください。誤飲やケガをする危険があります。

・目的以外に使用しないでください。人に使用した場合、ケガをする危険があります。犬が使用した本商品を人に使用した場合、人獣共通感染症などの病気が犬から人へうつる危険があります。

・犬以外の動物に使用しないでください。犬以外の動物に使用した場合、その動物がケガをする危険があります。

・犬の爪を伸ばしたまま使用しないでください。靴・靴下の中で、犬の爪が刺さったり、引っかかったりして犬の爪が折れたり、剥がれたりする危険があります。

・噛み癖のある犬には使用しないでください。犬が噛みちぎって喉につまらせると、窒息の危険があります。万が一飲みこんだ場合は、ただちに獣医師に相談してください。

・製品がほつれたり、破損した箇所が見つかった場合は使用しないでください。そのまま使用すると犬がケガをする危険があります。ただちに使用を中止してください。

・飼い主がいないときは使用しないでください。必ず飼い主の目が届く範囲で使用してください。犬が誤って飲み込んだ場合、窒息の危険があります。靴・靴下が突起物などに引っかかって、犬がケガをする危険があります。万が一、犬が飲み込んでしまった場合は、ただちに獣医師に相談してください。

・火気の近くで使用しないでください。火気を近づけると燃える危険があります。

・製品で覆う部分(例えば、犬の足・肉球・肉球の間・指・指の間。爪など)にケガや傷、出血を伴う炎症などがある場合は使用しないでください。ケガや傷、炎症などが悪化する危険があります。ケガや傷の保護、炎症の抑制を目的に使用する場合は、必ずかかりつけの獣医師とご相談の上ご使用ください。

・サイズが合わないものは使用しないでください。犬がケガをしたり足を傷めたりする危険があります。

・雨や雪の日、濡れた路面や凍った路面で靴を使用する際は事故のないよう十分に注意してください。路面の状態によっては足を滑らせる危険が高まるため、事故のないよう注意してお使いください。なお、雨具としての使用はできません。

・老犬に使用する際は事故のないよう十分に注意してください。靴・靴下を足場の良い所で装着していただき、事故のないよう注意してお使いください。

・汚れたら洗濯・洗浄してください。濡れたまま使用すると、雑菌が繁殖して犬が皮膚病などの病気になる危険があります。

・使用しない時は、汚れをよく洗って落とし、よく乾かして保管してください。雑菌が繁殖したり、ノミやダニの温床になったりする危険があります。

靴・靴下の選び方/サイズについて

犬の靴・靴下はどうやって選べばいいですか。

まずは使用したいシーンに合わせてお選びいただき、適正サイズをご確認いただくことをおすすめしております。選び方については「犬の靴」はこちら 、「犬の靴下」はこちらをご参考ください。

サイズはどのように選べばいいですか。

愛犬の足に合うサイズを選んでいただけるよう、サイズの測り方マニュアルや商品ごとにサイズ表をご用意しております。まずは『サイズの測り方マニュアル』をご覧いただき、愛犬の肉球の横幅・縦幅を測定してください。商品によってサイズ表記が異なるため、測定いただいた愛犬の足の大きさに合わせて、商品ごとにサイズをお選びください。

小型犬向けの犬の靴はありますか。

docdogで取り扱っている最も小さい靴は、『Fuka Fuka Fit Dog Boots』XSサイズと、『いぬたび』XSサイズとなります。体重3キロ未満のチワワ・トイプードル・ポメラニアンといった犬種でも履いていただいている実績がありますが、念のため足の横幅サイズをご確認の上、ご検討ください。

商品によってサイズ表記が違うのはなぜですか。

メーカーオリジナルのサイズ表記にならって掲載をしております。そのためサイズ表記は、メーカーや商品ごとに異なります。

犬種や体重で足の大きさは分かりますか。

犬の足の大きさは、同じ犬種または同じ体重であっても体格や成長時の環境により異なります。そのため、一概にサイズをお示しすることができません。 『足のサイズの測り方』をご確認いただき、愛犬の足に合ったサイズの靴をお選びください。

愛犬の足の大きさを知るためには、どの部分を測ればいいですか。

愛犬を立たせ、体重をかけた状態で、肉球の横幅の最も広い部分・縦幅は地面につくところ(爪先から肉球まで)を測定してください。サイズが異なることがあるため、前足・後ろ足をそれぞれ測定してください。

簡単にサイズを測定する方法はありますか。

『サイズ測定用シート(A4・PDF)』をダウンロードし印刷していただければ、定規を持っていない方でも、シートに足を乗せるだけで簡単に足の大きさを測定いただけます。

「4個入り」と「2個入り」があるのはなぜですか。

前足と後ろ足で大きさが異なる場合が多く、それぞれの大きさに合わせてサイズをお選びいただけるよう、基本的に「2個入り」で販売しております。なお、メーカーの規格によっては「4個入り」のみのご用意となっているものもございます。

前足・後ろ足で足の大きさが違いました。どうやってサイズを選べばいいですか。

「2個入り」商品の場合は、前足・後ろ足にそれぞれあったサイズをお選びください。一般的に、後ろ足より前足の方が足のサイズが大きい場合が多いため、「4個入り」商品をご購入の場合は、前足に合わせてサイズをお選びいただくことをオススメしております。

靴・靴下の使い方/履かせ方について

初めてでも靴・靴下を上手に履かせることができますか。

愛犬同様、飼い主の方にも少しだけ練習が必要ですが、慣れればすぐに履かせられるようになります。靴を履かせる際に注意していただきたいことは、サイト内の 『愛犬が靴・靴下を楽しく履くために』でご確認ください。

靴下を履かせず、靴を履かせても靴擦れしませんか。

靴のサイズが合っていれば、靴下がなくても靴擦れをすることは少ないと考えています。しかし、靴の履き方や歩き方によっては靴擦れする症例も報告されていますので、赤くなったりする場合は、靴下を着用してみてください。それでも症状が改善しない場合は、かかりつけの獣医師にご相談ください。

犬の靴には右足用・左足用がありますか。

商品によって右足用・左足用があるもの/ないものがあります。詳しく各商品ページをご確認ください。

靴・靴下は長時間 履かせたままでも大丈夫ですか。

肉球には汗腺があるため、靴を長時間される場合は、ムレることがあります。また、長時間の使用で足が擦れると、皮膚炎の原因にもなります。そのため、長時間にわたって靴を履かせることは推奨しておりません。お散歩から帰ってきたら、脱がせてあげましょう。

犬の靴・靴下はどうやって洗えばいいですか。

手洗い または ネットに入れて洗濯機で洗ってください。

足が細く、靴の巻き付けベルトが余ってしまうのですが、どうしたらいいですか。

足首が細いコの場合、ベルトの部分が余ってしまうことがありますが、しっかりと留めることが重要ですので問題ございません。余ったベルトの巻き込むようにしまっていただくと邪魔になりません。

前足の狼爪がどうしても引っかかってしまうのですが 何か良い方法はないですか。

狼爪が引っかからないよう靴の履き口をめいっぱい広げたり、足裏に飼い主さんの手を添えて靴の中に足を滑らせてあげてください。また、事前に靴下を履かせておくのも有効な方法ですので、是非お試しください。

靴・靴下のトレーニング方法について

靴・靴下を履かせた時に、つま先立ちになったり足が浮いた状態になっていますが、大丈夫ですか。

靴を履き始めて慣れない場合は、歩かなかったり、足を高く上げて歩いたり、スキップのような歩き方になることはよくあることです。その場合、2つの原因が考えられます。1つ目は、靴をきちんと履かせられていないことによるものです。こちらの場合は、よりしっかりと足を入れ、ベルトをしっかりと留めてあげてください。もう1つの原因は、靴になれていないために意識が靴に対して過剰に行ってしまうことです。外にお散歩に連れて行ってあげたり、ボールを使って遊んであげたり、エサを持って遠くから呼ぶことで靴以外のものに意識が向くようにしてみる等、愛犬の性格に合わせて靴に慣れるよう工夫してみてください。

靴を履かせたら完全に固まってしまってほとんど足が一歩も出ない状態で、なかなか上手く歩けませんでした。どうしたらいいですか。

初めて靴を履かせた際は、固まってしまって足が前に出ないということはよくあります。靴以外に意識がいくようにすると、はやく慣れることが多いです。おやつを持って離れたところから呼んであげたり、外にお散歩に連れて行ったりすると慣れるようになってくるので、チャレンジしてみてください。

前足を持ち上げようとすると 少し不機嫌になりますが、どうしたらいいですか。

はじめのうちは、足を握られることに慣れていないため、嫌がることもあります。足を横ではなく、前に出させることで骨格的に無理がありません。また、持ち上げる際には足の下に手を入れることで、愛犬が障害物を乗り越えるように自分から足を上に少し上げるので、それをサポートするように持ち上げると違和感なく足を持ち上げることができます。

靴に足はすんなり入るのですが、自然に脱げてしまいます。どうしたらいいですか。

原因の1つにしっかりとベルトが留められていないことが考えられます、脱げないように履かせるためには、嫌がらない/痛がらない程度にしっかり巻いてあげる方が良いと考えております。それでも改善されない場合はサイズが合っていない可能性がございます。お困りの際は、弊社までお問い合わせください。

PAGETOP

会員サービスについて

会員サービス docdog club について

「docdog club」とはなんですか。

   

docdog club(ドックドッグクラブ)は株式会社ディライトクリエイションが運営する会員サービスです。
こちらから会員登録(無料)いただくと、docdogの旬な情報がお受け取りいただけます。

docdog club 会員向けのメールを受け取るにはどうしたらいいですか?

   

docdog club 会員様向けのメールマガジンの受信を希望される方は、 こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。不定期でメールマガジンを配信しております。

会員情報の登録/変更方法等について

docdog clubに登録した会員情報を変更したい。

   

会員情報の変更をご希望の場合は、変更内容を記載のうえ、下記メールアドレスまでご連絡ください。

▼変更用メールアドレス▼
support-docdog@delightcreation.jp
※クリックするとメールが起動します。変更内容はそのメールに記載願います。

会員登録したアドレスにメールが届きません。

   

会員登録時の自動送信メールが届かない場合、次のいずれかが考えられます。

【主なメール受信エラー事例】
□アドレス入力間違い
docdog clubへの会員登録時にお客さまがご登録されたメールアドレスに入力間違いがある場合、弊社よりお送りするメールがお客様に届きません。

□フリーメールを使用している
docdog clubへの会員登録時にご入力されたアドレスがフリーメールの場合、サーバーの受信規制により、メールがお客様に届かない場合がございます。迷惑メールフォルダやゴミ箱フォルダに弊社からのメール(support-docdog@delightcreation.jp)がないかご確認ください。

□ドメイン指定をしている
ドメイン指定をしている場合は「@delightcreation.jp」が含まれるメールの受信拒否設定を解除もしくは受信指定してください。

□迷惑メール設定をしている
迷惑メール設定をしている場合は、迷惑メールフォルダのご確認をお願いいたします。

□その他
お客さまがご利用のメールサーバの容量が一杯の場合、メールの受信ができません。
プロバイダーのトラブルやメンテナンスが行われている場合も同様です。

それでもメールが届かない方は、『お問い合わせページ』よりお問い合わせください。

docdog clubを退会したい。

docdog clubの退会をご希望の場合は こちらから退会の手続きをお願いいたします。

PAGETOP

サイトリニューアルについて

サイトリニューアルについて

今後、どこから商品を購入できますか?

2019年8月末のサイトリニューアルに際しまして、インターネット上での商品の販売をAmazonに限定させていただきました。つきましては、インターネット上でのご購入をご希望の場合は、Amazonより、お買い求めいただけますようお願いいたします。

いつから登録した会員情報は見れなくなりますか?

   

2019年8月29日(木) 10:00をもちまして、ログインすることができなくなります。
そのため、マイページにあります「注文履歴」「お届け先一覧」「クレジットカード情報」「愛犬情報の登録/一覧」は上記日時以降、利用できなくなります。

docdog新着/お得情報のメールはこれからも配信されるのでしょうか?

   

2019年8月末のdocdog ONLINE STOREのリニューアルをもちまして docdog 新着/お得情報のメール配信を停止させていただく予定でしたが、お客様からメール配信継続をご希望される声を多数いただきましたことからメールでの情報配信を継続させていただくこととなりました。

領収書の発行は今後どうしたらよいでしょうか?

   

docdog ONLINE STORE にてご購入いただいたご注文の領収書に関しては、お問い合わせページより発行を依頼いただくこととなります。
なお、領収書ご発行の際には、下記情報が必要となります。
・注文番号
・注文者名
・注文者の電話番号
・注文者の住所

PAGETOP

(法人のお客様)商品の取扱い・協業について

商品の取扱いについて

docdogの商品を販売したい/取扱いたいのですが。

弊社商品にご興味を持っていただき、ありがとうございます。
現在、弊社商品はAmazonビジネスでのみご購入いただけます。
詳しくは、こちらをご確認ください。

docdogへの取材・協業のご提案について

docdogに取材をしたい/協業の提案をしたいのですが。

ありがとうございます。お手数ですが、まずは 『お問い合わせページ』をご記入の上、お問い合わせください。

PAGETOP

よくあるご質問を読んでも解決しない場合は・・・

お問い合わせページ より必要事項をご記入の上、お問い合わせください。

知りたい情報を検索!