愛犬の足元汚れが気になる梅雨シーズン 愛犬の足元汚れが気になる梅雨シーズン
おさんぽソックスでお悩み解決 おさんぽソックスでお悩み解決
機能を一挙公開 機能を一挙公開
機能を一挙公開② 機能を一挙公開②
脱げ事情 脱げ事情

うれしい3つのサービス うれしい3つのサービス  

散歩後の汚れ落としは注意が必要!

正しいケアは意外と大変!?

汚れ落としで、肉球がガサガサに

散歩後の汚れをキレイにするために、足を洗ったり拭いたり外部からの刺激を繰り返すと、肉球の脂肪膜が失われ、弾力性を失い、乾燥を招くことに。肉球の乾燥はフローリングでの滑りにもつながります

生乾きは、足舐め・雑菌繁殖の原因に

水で足を洗ったあと、肉球が生乾きや乾かし過ぎの状態になってしまうと、愛犬が気になって足元や指間を舐めてしまうことがあります。これによって愛犬の口の中にいる雑菌が繁殖し、皮膚炎になってしまうことも。

肉球の怪我・炎症予防のためには正しいケアが必要です

[靴って本当に必要?] 獣医師が答える
犬の靴・靴下
お悩み相談
[うちのコ嫌がるかも…]

靴・靴下の必要性

Q うちのコが靴を履けるか心配・・・本当に犬に靴は必要ですか?
A 初めて靴を履くときは、違和感のある歩き方になったり、立ち止まってしまう等の躊躇う様子を見せるコもいますが、徐々に慣れてくると、いつものように遊んだり走り回ったりできるコが大半を占めます。 犬の靴や靴下は、愛犬の足や肉球を守る働きがあります。そのため、夏場のアスファルトや雪の上、ラフな地面を歩くとき等に役立ちます。災害等への備えとして履けるようになっておくと安心です。 また、フローリング等のすべりやすい場所を歩くときに、滑り止めとしても役立ちます。特に年齢を重ねて足腰が弱ったコにはおすすめです。
商品のご購入を検討する前に、靴への適応CHECKで愛犬と靴の相性をチェックすることもできます。
また、初めて靴にチャレンジするときは、docdogが動物行動学の専門家と共同開発した靴の慣らし方マニュアルをご覧ください。

選び方・サイズ

Q サイズはどのように選べばいいですか?
A 愛犬の足に合うサイズを選んでいただけるよう、サイズの測り方マニュアル や 商品ごとに適応サイズ表を ご用意しております。まずはサイズの測り方マニュアルをご覧いただき、 愛犬の肉球の横幅・縦幅を測ってください。商品によってサイズ表記と適正サイズが異なるため、測定いただいた愛犬の足幅に合わせて、 商品ごとにサイズをお選びください。
※測定の仕方等によっては、サイズが合わない可能性もございますので、ご注意ください。
Q 小型犬用のサイズはありますか?
A docdogでは、様々な犬種・体型のコに靴・靴下にチャレンジいただけるよう幅広く商品を取り揃えております。 靴であれば、肉球の横幅3cm程度から
靴下であれば、肉球の横幅2.5cm程度のコ向けのサイズからご用意しております。  
【最小サイズの商品】
靴: アウトバックブーツ/Sサイズ
靴下: マットソックス/IttyBittyサイズ

履かせ方

Q 初めてでも上手に靴を履かせられますか?
A 愛犬同様、飼い主の方にも少しだけ練習が必要ですが、慣れればすぐに履かせられるようになります。
靴を履かせる際の注意事項は、サイト内の靴の履かせ方マニュアルまたは 商品をお届けする際に同封する「取扱説明書」でご確認ください。

使い方

Q 靴を長時間 履かせたままでも大丈夫ですか?
A 肉球には汗腺があるため、靴を長時間履かせた場合は、ムレることがあります。また、長時間の使用で足が擦れると、皮膚炎の原因にもなります。そのため、長時間にわたって靴を履かせることは推奨しておりません。お散歩から帰ってきたら、脱がせてあげてください。
Q 靴・靴下は季節や天気を問わずに使えるものですか?
A 商品の仕様によっても異なりますが、ほとんどの商品は1年通してご使用いただけます。docdogでは寒さにつよい冬向けの商品など、季節に最適な商品も一部取り扱っております。

犬の靴・靴下は
他にもいろんな場面で大活躍

日常の散歩に
肉球トラブル・汚れを気にせず外出したいときに
夏のレジャーに
山に海・川・プールに!アウトドアやアクティビティを楽しみたいときに
高齢犬のケアに
いずれやってくる介護生活。歩きにくそうと思ったら靴下の検討を
災害時の備えに
いつ起こるか分からない災害…。同行避難の準備は大丈夫?

ページをシェアする

Page top