magazine

犬 クイズ 生態 気持ち 犬 寝相
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.12.11

犬の生態 / 気持ちクイズに挑戦しよう!

【犬クイズ】可愛すぎる寝相に秘められた愛犬の心理を当ててみよう

ぬいぐるみにアゴ乗せ・椅子からはみ出す脚・よだれを垂らしてイビキをかくコ……。愛犬の数だけ、愛らしい寝姿があることでしょう!そんな犬の寝相には、心理状態が関係しているといいます。そこで、以下から寝相と心理状態の正しい組み合わせを選んでみてください。
【A】丸まって寝るのは服従心の表れ
【B】仰向けで寝るのは警戒心の表れ
【C】横向きで寝るのは、リラックスした深い眠りの状態
【D】うつ伏せで寝るのは、安心しきって夢を見ている状態

#クイズ

桐島 えみ/ドッグライター

ヒント【1】緊張していたり眠りが浅い時は?

丸まった寝相は一般的ですが、急所を守る・体温低下を防ぐ効果があります。また、緊張状態の場合も丸まって眠ることがあるそう。
うつ伏せはいざという時「すぐに起きて動き出せる体勢」であり、眠りが浅い状態と考えられています。

ヒント【2】愛らしさ抜群のヘソ天は?

完全にリラックスしている状態です。
覚醒時でもお腹という急所を見せるのは、信頼や安心といった感情の表れです。眠っている時ですらその体勢を取るということは、周囲に対して安心しきっているということ。幸せですね。

ヒント【3】犬にとって一番楽な姿勢は?

横向きは犬にとって楽な体勢です。その為、四肢を伸ばして横向きで寝ている時は、体の力が抜けて眠りも深くなっていることが多いそう。
また、この体勢で走るような仕草をしている時は、夢を見ていると考えられています。

正解は?

犬 クイズ 生態 気持ち 犬 寝相

正しい組み合わせは、【C】横向きで寝るのは、リラックスした深い眠りの状態
でした!

レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す人間と異なり、犬の睡眠サイクルは睡眠と覚醒の繰り返しです。そのサイクルは睡眠16分覚醒5分とも言われます。深い眠りといっても、ずーっと眠っている訳ではないのですね。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.12.11

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 桐島 えみ
  • ドッグライター
  • かつてゴールデンレトリバーと暮らし、大型犬の愛らしさに撃ち抜かれたライターです。犬好きの皆さんがチャレンジしたくなるクイズを発信していきたいと思います。記事を通し、ほっと一息ついてもらえたら幸いです。

「犬の生態 / 気持ちクイズ」記事一覧

もっと見る
閉じる