magazine

犬 病気 健康 クイズ 犬 口 できもの
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.12.08

犬の健康にまつわるクイズに挑戦しよう!

【犬クイズ】口のできもの、実は悪性腫瘍かも!3種類の腫瘍とは?

犬の口のできものの原因は、口腔内の炎症や口腔内腫瘍などが考えられます。
中でも注意が必要なのは腫瘍ですが、次のうち口腔内にできる腫瘍ではないものはどれでしょう。
【A】悪性黒色腫
【B】エプリス
【C】脊髄脳腫
【D】扁平上皮癌

#クイズ

鈴木 べる/ドッグライター

ヒント【1】悪性黒色腫とは?

悪性黒色腫は俗に言うメラノーマのことです。
口の粘膜が好発部位で、進行が早いのが特徴。
リンパ節などに転移が見られることもよくあります。

ヒント【2】エプリスとは?

エプリスは歯肉に発生する腫瘍。
犬にはわりあい見られる良性のものです。
一般的な良性の腫瘍より活発ですが、切除で快方に向かうことが可能です。

ヒント【3】扁平上皮癌とは?

扁平上皮癌は口腔内の粘膜や陰部の粘膜、腹部の皮膚などにできる悪性腫瘍。
皮膚にできた場合、かゆみを伴うので皮膚病と間違うことも。
口腔内では歯肉に頻発し、骨にまで広がってしまいます。

正解は?

犬 病気 健康 クイズ できもの

正解は、【C】脊髄脳腫でした。 脊髄脳腫は脊髄などに出来る腫瘍なのでここではあてはまりません。
できものに伴って食欲不振、歯肉からの出血、口臭が急に強くなるなどの症状が現れる場合は要注意。
特にできものの色が紫や黒の場合は可能性が高いと言われるので、 定期的に口腔内をチェックして、不測の事態に備えましょう。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.12.08

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 鈴木 べる
  • ドッグライター
  • わんこからは仲間だと思われ、人様からはビーグルに似てると言われる人間です。いつか犬になるのが夢。もっとわんこのことを知りたい!という想いでクイズを出していきます。

「犬の健康にまつわるクイズ」記事一覧

もっと見る
閉じる