magazine

シニアのミニチュアダックスフンド犬
住まい / 生活
鉛筆アイコン

2021.11.10

ドックドッグ企画「犬との幸せエピソード特集」

シニアの愛犬と最期を過ごして。どうすれば幸せに過ごせるかを考えた日々

どんなに一緒にいたいと願っても、いつかは直面する愛犬との別れ。普段意識していなくても、愛犬の病気や加齢による変化を経験して、急に身近なことに感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか。
今回は、そのような飼い主さん向けに、シニア期の愛犬と最期を過ごした筆者の体験談をご紹介します。

#犬との幸せエピソード

文:今野 ケイト/ドッグライター

愛犬の変化を感じたタイミング

シニアのミニチュアダックスフンド犬

愛犬のライフステージの変化は、いろんなところで感じはじめました。

成犬期の愛犬の様子

若いころの愛犬はとにかく元気。ご飯やおやつの時間は、しっぽをちぎれそうなほど振ってくれていました。うれしそうな様子が見たくて、週末にはドッグラン巡りをしたり、旅行に連れて行ったりするのが筆者の習慣となっていました。

シニア期に感じた愛犬の変化

元気の塊だった愛犬ですが、シニア期に入るとさまざまな変化が。ここでは筆者が感じた変化をご紹介します。

足が悪くなった

まず、12歳を過ぎたころから走り回ることがなくなりました。そして1年後には後ろ足の筋力が低下して、歩くときに震えたりよろけたりするように。
また、後ろ足の筋力がないため、座っている状態でも後ろに下がっていってしまうといった変化もありました。

耳が遠くなった

「ご飯だよ」と声をかけられたり、名前を呼ばれたりするとすぐに走ってくる愛犬でしたが、年をとって呼ばれても気づかないことが増えました。近くまでいって声をかけると、やっと気づくといった様子でした。

怒りっぽくなった

日々のケアや撫でるために触ると、怒るようになりました。感情のコントロールが難しくなることは、年をとるとよくあることのようです。日々のケアを行うときに、愛犬に吠えられたり噛まれたりすることもありました。

トイレの失敗が増えた

足が不自由でトイレが間に合わないというだけでなく、認知機能の低下からかトイレ以外でおしっこをしてしまうことが増えました。
また、足が不自由なので失敗したおしっこを踏んでしまうこともありました。

食事を食べるのに時間がかかるようになった

シニア期に入ると、ごはんを食べるスピードが徐々にゆっくりになっていきました。また、食欲旺盛な愛犬でしたが、食欲が落ちてフードを残すことが増えました。

愛犬のシニア生活で工夫したこと

シニアのミニチュアダックスフンド犬

加齢による愛犬の変化に対して、工夫したことをご紹介します。

動きやすい環境づくり

元気だったころには問題にならなかった段差などにつまずくようになったため、わずかな段差もなくしました。トイレに間に合うようにトイレの範囲を広げたり、狭い範囲でも生活できるようにトイレと水飲み場の位置を近づけたりなどの工夫をしました。

オムツの使用

きれい好きな愛犬は、失敗したおしっこを踏んでしまうことを嫌がっていました。しかし、足が悪いためどうしても体が濡れてしまいます。そのため、亡くなる前の1年間程度は、オムツを使用しました。

ごはんの変更

シニア期に入ってからは、内臓に負担がかからないようにシニア用のフードを与えるようになりました。また、食欲が落ちてからはお湯でフードを柔らかくして与えるなどの工夫も。お湯で柔らかくすると食べやすく香りも強くなるため、そのままで与えるよりも食べていました。

旅行するとき

愛犬が若いころは一緒の部屋に泊まれる宿をとり、よくお出かけしたものでした。しかし、年をとった愛犬の体には、車での長距離移動が大きな負担となります。そのため、旅行する機会自体がかなり減りました。

家をしばらく留守にするときに利用するサービスにも、少しずつ変化が。最初はペットホテルでしたが、愛犬が年をとってからは環境の変化が少ないペットシッターを利用するようになりました。

愛犬との別れのタイミング

シニアのミニチュアダックスフンド犬

筆者が経験した、愛犬との最期のエピソードです。

別れが近づいてきたときのエピソード

別れの1週間ほど前、愛犬はごはんをほとんど食べなくなりました。好物のリンゴをすりおろして与えてみたのですが、見向きもしません。

それでも、頭を撫でると目を細めてうれしそうにしっぽを振ってくれたのが印象に残っています。この1週間は、名前を読んだり思い出話をしたりして、とにかく声をかけていました。

別れの日のこと

別れの日の朝、愛犬は荒い呼吸をしていました。ずっと寄り添っていてあげたいと思いましたが家族それぞれに予定があり、「別れの瞬間に立ち会えないこともあるかもしれない」と辛い気持ちになりました。もしそうなってしまったときに寂しくないように、愛犬が好きだったぬいぐるみをそばに置いて家を出たのを覚えています。

別れの直前の様子

夕方、愛犬は大きくゆっくりとした呼吸に変わっていました。筆者は子どもとそっと名前を呼びながら撫で続けていました。そして、夫が帰ってきて家族全員がそろうと、ほっと安心したように大きく息を吐いて亡くなりました。子犬のころから最も長い時間を一緒に過ごしてきた夫が帰ってくるのを、待っていたのだと思います。

「今までありがとう」「がんばったね」「またいつかうちにおいで」と別れの言葉を愛犬にかけました。

別れたあとのこと

亡くなったあと、かわいい姿でお見送りできるようにシャワーできれいにしました。シャワーは、日々のケアに怒っていた愛犬が唯一好きだったケアです。声かけしながら時間をかけて行い、そして他の愛犬と対面できる時間をつくりました。
翌日、火葬や葬儀を出張で行ってくれる葬儀屋さんにお願いして、本当のお別れをしました。

愛犬のシニア生活で悩んだこと

シニアのミニチュアダックスフンド犬

愛犬とのシニア生活において悩んだのは、最期の迎え方でした。

最期の迎え方について

愛犬がシニア期に入ってから、筆者は最期の迎え方について時間をかけて家族と話し合ってきました。

最期の迎え方には決まった形はありません。そしてその日は突然やってくる可能性もあるのです。だからこそ、それぞれのお別れができるように家族全員で納得するまで話し合って決めることが必要です。

今すぐ結論が出なかったとしても、考えを共有していくことで愛犬との関わり方は変わると思います。

延命治療をしないという結論に

話し合いの結果、延命治療は希望しませんでした。
点滴治療をしていたら、もう少し長く一緒に過ごせたかもしれません。しかし、16歳まで頑張ってきた愛犬を、自然な形で痛い思いをさせることなく逝かせてあげたいという家族共通の思いがありました。

家族全員が最も良いと考えている最期の迎え方ができたのです。

愛犬との別れを経験して

シニアのミニチュアダックスフンド犬

筆者は今回ご紹介した愛犬との別れの前に、別の愛犬を病気で亡くしています。その際は突然の別れだったのでなかなか乗り越えることができず、「もっとたくさん撫でてあげれば良かった」という後悔ばかりが残りました。
いつか訪れる愛犬との別れのとき。それを少しでも意識することで、愛犬との関わり方は変わるのではないでしょうか。愛犬と過ごせる時間には限りがあります。その時間をぜひ大切に過ごしてくださいね。

飼い主さんの「幸せ」エピソードを掲載中!

11月の期間中は、毎週定期的に「犬との幸せ」をテーマにした体験談ブログ記事を配信しています!配信時間は、だいたいお昼の12時半ごろ。
さまざまな犬種、年齢、性格の愛犬たちと暮らす飼い主さんたちのリアルな声を、この機会にぜひチェックしてみてね!

  • 更新日:

    2021.11.10

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 今野 ケイト
  • ドッグライター
  • 世話好きな夫と、子供2人+犬4匹+猫4匹で賑やかに生活しています。4匹とも高齢犬のため、体だけでなく心も健康でいられるように日々模索中です!毎日の生活の中で得た知識や経験を踏まえ、ためになる情報をお伝えしていきます。

「犬との幸せエピソード特集」記事一覧

もっと見る
閉じる