magazine

犬に食べさせる用のおから
食べもの
鉛筆アイコン

2021.11.19

【獣医師監修】犬はおからを食べても大丈夫?与える際の注意点と栄養素

ダイエットフードによく用いられるおからには、さまざまな栄養素が含まれており、犬が食べても大丈夫な食材です。犬にとっておからは絶対に必要な食べ物ではありませんが、上手に与えることで愛犬の健康をサポートできます。
この記事では、おからの栄養素と与える際の注意点、おからを使ったおすすめ犬用レシピをご紹介します。

監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:新井 絵美子/動物ライター)

犬はおからを食べても大丈夫!

器に入ったおからを食べる犬

おからは栄養価が高く、生おからでも乾燥おからでも犬が食べて大丈夫です。生おからは豆腐を作る過程で加熱されているので、そのままでも安心して与えられます。ただし70%以上が水分で日持ちしない点に注意が必要です。

おからの栄養素・成分を紹介

おからには、以下のような犬の健康をサポートする、さまざまな栄養素・成分が含まれています。

栄養素・成分【1】食物繊維

おからは食物繊維が豊富で、100gあたり約11.5g含まれています。この含有量は、食物繊維が多く含まれている代表的な野菜のごぼうの2倍にあたり、いかに多いかがわかります。

おからに含まれる食物繊維は水に溶けない不溶性食物繊維で、便通の改善に役立ちます。(※1)

栄養素・成分【2】タンパク質

おからには、植物性タンパク質が多く含まれています。おからのタンパク質は、植物性タンパク質の中でも必須アミノ酸のバランスが良いのが特徴です。

タンパク質は消化されたのちにアミノ酸へ分解され、体内に取り込まれて筋肉や臓器、皮膚などさまざまな組織に合成されます。(※2)

栄養素・成分【3】カリウム

おからには、100gあたり約350mgのカリウムが含まれています。カリウムは、体内の余分なナトリウムを排出する作用がある成分です。

また、エネルギー代謝に重要な役割を果たしているほか、神経刺激の伝達や筋肉の収縮・弛緩(しかん)にも関与しています。(※3)

栄養素・成分【4】カルシウム

カルシウムは、リンとともに骨や歯を強化する成分です。また、筋肉の収縮・弛緩にも不可欠で、重要な役割を担っています。そのほか、神経興奮の抑制や血液凝固作用の抑制にも関わっています。(※4)

犬におからを食べさせる際の注意点

犬が食べる用のおからと大豆

犬が食べても大丈夫だからといって、むやみにおからを与えるのはよくありません。犬におからを食べさせる際の注意点を知っておきましょう。

注意点【1】アレルギー症状が出ていないか確認する

おからを食べた後に、アレルギー症状が出ていないか確認しましょう。大豆はアレルゲンとなりやすい食材の1つだからです。

おからを食べてから下痢や嘔吐、皮膚の赤み、目の充血、顔や体を痒がるなどの症状が見られたら大豆アレルギーが疑われます。症状が軽いうちに動物病院を受診しましょう。

この記事もチェック!

注意点【2】一度にたくさん与えない

与える量にも注意が必要です。おからに含まれる不溶性食物繊維は、便のかさを増やして腸を刺激することで便通を促します。しかし、摂りすぎてしまうと、かさが増した便がうまく排出できなくなり、便秘の改善どころか便秘を助長してしまいます。

犬が必要な栄養素は、総合栄養食のドッグフードでまかなえます。おからはフードのトッピング程度にとどめ、一度にたくさん与えないようにしましょう。

この記事もチェック!

注意点【3】尿路結石症を患ったことがある場合は控える

愛犬が 尿路結石症になったことがある場合は、おからを与えるのを控えたほうが無難です。おからには、結石の原因となるマグネシウムやカルシウム、リンなどのミネラル成分が含まれているからです。

尿路結石症は再発しやすため、定期的におからを与えると発症リスクが高まってしまいます。そのため、おからを与えるのは控えましょう。

この記事もチェック!

愛犬のためのおからを使ったおすすめレシピ

犬に食べさせる用のおからの和え物

ここでは、簡単に作れるおからを使ったおすすめの犬用レシピをご紹介します。

レシピ【1】冷凍保存も可能!おからクッキー

作り方が簡単なうえに冷凍保存もできることから、一度にたくさん作ってストックしておくのもおすすめです。クッキーといっても小麦粉を不使用のレシピなので、小麦アレルギーの犬でも食べられます。

材料

  • 生おから:200g
  • きな粉:50g
  • 卵:1個

作り方

  1. オーブンを170度に予熱する
  2. ボールに全材料を入れて、よく混ぜ合わせる
  3. めん棒で5mm程度に薄く伸ばす
  4. 好みの型でくり抜き、クッキングシートを敷いた天板に並べる
  5. 170度で30分焼く

レシピ【2】ダイエット中のコにもおすすめ!おからと鶏ムネ肉のヘルシー炒め

低脂肪・高タンパク質の鶏ムネ肉とおからの炒めものです。ヘルシーでありながらも鶏ムネ肉の風味が食欲を刺激し、喜んで食べてくれることが期待できます。

材料

  • 鶏ムネ肉:230g
  • おから:120g
  • 人参:100g
  • しいたけ:80g
  • レタス:1枚
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 味噌:小さじ1
  • 水:20ml
  • 青のり:少々

作り方

  1. 人参をすりおろす
  2. 2.しいたけをみじん切りにする
  3. 3.鶏肉の皮を取り除き、フードプロセッサーなどでミンチにする
  4. 4.フライパンにオリーブオイルを引き、1~3とおからを入れて炒める
  5. 5.味噌を水で溶いて4に加え、全体に混ざるように炒める
  6. 6.火を止めて、荒く刻んだレタスを軽く混ぜ合わせる

愛犬におからを与える際は少量にとどめよう!

おからの入っていた空のボウルを持って走ってくるジャックラッセルテリア犬

おからは便秘の改善に役立つほか、良質なタンパク質源にもなる優れた食材です。しかし、与えすぎには注意が必要です。

たくさん食べさせてしまうと便秘になったり、結石ができてしまったりする可能性があります。少量与える程度にとどめ、愛犬の健康管理をしていきましょう。

参考文献
  • 更新日:

    2021.11.19

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。