magazine

犬に食べさせてはいけないピスタチオが皿に盛られている
食べもの
鉛筆アイコン

2021.11.28

犬にピスタチオを与えてはいけない理由!誤って食べてしまった場合の対処法

この数年、数あるナッツ類の中でも一大ブームとなっているピスタチオ。ピスタチオはその栄養価の高さから「ナッツの女王」とも呼ばれ、特に女性の間で人気があります。人間にとっては健康効果の高いピスタチオですが、犬に与えるのはおすすめできません。
今回は、犬にピスタチオを与えない方がいい理由やピスタチオを犬が食べた場合に考えられる症状、対処法についてご紹介します。

文:西村 百合子/ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士

犬にピスタチオは与えないほうがいい

茶色の毛の犬がスムージーを飲んでいる飼い主の隣に座っている

硬い殻に入った緑色のナッツ・ピスタチオはカシューナッツと同じウルシ科の植物です。1粒わずか0.5gとナッツの中では小さいですが、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

特に、脂質、リンが多く含まれていることが特徴。犬が食べても、少量であればすぐに重篤な症状が出るわけではありませんが、大量に摂取すると中毒深刻な病気を発症する可能性があるため注意が必要です。

犬にピスタチオがおすすめできない理由

犬に食べさせてはいけないピスタチオを使ったアイスクリーム

ピスタチオの特徴は脂質が多いことにあります。また、ピスタチオのカリウムとリンの含有量はナッツの中でもトップクラス。このほかにも、犬にピスタチオをおすすめできない理由があります。

理由【1】脂質が多く大量摂取すると膵炎を発症する可能性も

近年、増えつつある犬の病気が急性膵炎。犬の膵臓は、消化酵素の分泌や血糖値の調整などの役割を担っている臓器です。その膵臓が、ある日突然炎症を起こす病気が急性膵炎です。

はっきりとした原因は解明されていませんが、高脂肪の食事肥満の犬に膵炎が多く見られるとされています。ピスタチオには、100gあたり約56gの脂質が含まれていることから、犬が大量にピスタチオを食べてしまった場合は注意が必要です。

理由【2】ピスタチオはウルシ科の植物

ウルシ科の植物には、ウルシオールと呼ばれるアレルギー成分が含まれています。人間が、ウルシの木に触るとかぶれるのはこのウルシオールの成分によるものです。ウルシ科の植物であるピスタチオにはウルシオールが含まれています。

犬は、ピスタチオを食べることで、口や顔の周りにウルシオールによるアレルギーを発症する可能性があります。

理由【3】消化不良を起こす可能性がある

ピスタチオの成分には犬が中毒を起こすような毒性はありませんが、犬はナッツに含まれているたんぱく質の消化が苦手です。そのため、大量に摂取することで、消化不良による下痢や嘔吐を起こす可能性があります。

理由【4】ピスタチオ中毒に要注意

以前、ピスタチオに発生したカビによって輸入されたピスタチオがすべて回収されるというニュースが話題となったことがあります。ピスタチオには、アスペルギルスと呼ばれるカビが発生することがあります。

このカビは、犬の肝臓に悪影響を与えるアフラトキシン毒を発生させるため、犬がカビの発生したピスタチオを食べることでアフラトキシン中毒を発症する可能性があります。

理由【5】リンが多く含まれている

リンは、犬にとって必要な栄養素ですが、過剰摂取することで腎臓に悪影響を与えます。特に、腎臓にトラブルがあり、リン制限食を食べている犬にとっては、絶対に避けたい食品といえます。

犬がピスタチオを大量に食べてしまった場合の対処法

ベージュの毛の犬がピスタチオを誤食してしまい獣医師の診察を受けている

犬がピスタチオを1粒、2粒食べてしまう分には大きな問題は起こりませんが、大量に摂取した場合や下痢や嘔吐などの症状が見られた場合には、動物病院で診断を受けましょう。

対処法【1】どのぐらいの量をいつ食べたかを記録する

犬がピスタチオを食べて、何らかの症状を発症した場合は速やかに動物病院へ連れて行くことが必要です。その際には、いつ、どのぐらいの量のピスタチオを食べたのかをなるべく正確に獣医師に伝えましょう。

対処法【2】自己判断で吐き出させないようにしよう

ピスタチオに限らす、ナッツ類の中毒に対する解毒剤はないため、動物病院ではそれぞれの症状に合わせた処置が行われます。自宅で吐かせるために、塩水やオキシドールなどを飲ませたりせず、必ず獣医師の判断を仰いでください。

犬がピスタチオを大量に食べた場合に考えられる症状

ベージュの毛の犬が椅子の上で伏せをしている

ピスタチオは犬の健康に悪影響を与える可能性があるナッツです。また、ピスタチオそのものだけではなく、ピスタチオを使用したプリンやアイスクリーム、クッキーなどの加工品も犬が食べないように注意する必要があります。

症状【1】下痢や嘔吐

犬にとって消化しにくいナッツ類は、下痢や嘔吐といった消化不良の症状を起こす可能性があります。また、殻のままピスタチオを食べてしまった場合は、消化に時間がかかる上、腸閉塞を引き起こす危険性があるため注意が必要です。

症状【2】ピスタチオ中毒の症状

もしピスタチオにカビが発生していた場合は、無気力、食欲不振、黄疸、オレンジ色の尿など肝臓に関する症状が見られる可能性があります。また、最悪の場合は肝不全を引き起こすこともあります。

症状【3】アレルギー症状

ウルシ科のナッツであるピスタチオには、ウルシオールと呼ばれる天然の化学物質が含まれています。ウルシオールは、アレルギー症状を引き起こすことで知られる物質です。犬がピスタチオを食べたことで、口の周りや顔にかゆみや発疹や赤みが見られた場合は、ウルシオールによるアレルギー症状と考えられます。

犬にピスタチオは危険!

ベージュの毛の犬がピスタチオ欲しさに舌なめずりをしている

飼い主が美味しそうに食べていると、犬が欲しがることがよくあります。特に、ピスタチオのように殻を外して食べるナッツは、犬にとっては興味の対象となりかねません。
むいた殻やナッツをテーブルの下に落としてしまうなど、ちょっとした不注意で、犬が簡単に口にしてしまう場合もあります。小型犬にとっては少量でも中毒を起こしてしまう可能性があるのです。
人間の健康に役立つ食材でも、犬にとって必要のない食材は口にしないように気をつけることが大切です。

参考文献
  • 更新日:

    2021.11.28

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 西村 百合子
  • ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士
  • ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。 現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。