magazine

犬 病気 健康 クイズ 犬 抜歯
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.11.26

犬の健康にまつわるクイズに挑戦しよう!

【犬クイズ】動物病院で抜歯を勧められた!?知識をクイズでチェックしよう

動物病院で愛犬の抜歯を勧められたら、ドキッとしてしまいますね。いざという時の為に、犬の抜歯について知っておきましょう。以下の選択肢から、抜歯について「不適当な選択肢」を選んでみてください。
【A】乳歯が抜けないまま永久歯が生えてしまったときに必要
【B】重度の歯周病による痛み・出血・感染症の予防になる
【C】抜歯すれば、歯周病は再発しない
【D】全身麻酔が必要となる

#クイズ

桐島 えみ/ドッグライター

ヒント【1】抜歯は重度の歯周病治療で提案される

抜歯は、歯周病が進行して歯肉が後退し、歯のぐらつきが酷い場合などに提案されることがあります。
しかし、抜歯してもオーラルケアができなければ歯周病は再発!その為、歯を温存しホームケアの徹底を勧める獣医師もいますよ。

ヒント【2】乳歯が抜けないまま永久歯が生える「乳歯遺残」

犬も人と同じで乳歯から永久歯へ生え変わります。乳歯が抜けないまま永久歯が生えてしまうと、永久歯が異常位置に生えてしまい、不正咬合や歯周病の原因となりかねません。
こういった乳歯遺残の場合、乳歯の抜歯を提案されることがあります。

ヒント【3】抜歯にはリスクもあることを理解

抜歯は全身麻酔が必要です。全身麻酔は、脳や心臓・呼吸の機能を鈍らせるので、高齢犬や持病をもつ犬は特にリスクが高いでしょう。
獣医師と良く相談し、後悔しない判断をしてください。時にはセカンドオピニオンも有効ですよ。

正解は?

犬 病気 健康 クイズ 犬 抜歯

不適当な選択肢は【C】抜歯すれば、歯周病は再発しない、でした。

乳歯残遺を除けば、抜歯原因の多くは歯周病です。しかも、抜歯してもその後きちんとケアできなければ、再発・再抜歯となるかも知れません!
抜歯処置はリスクもあり心配が尽きませんね。まずは日々のオーラルケアから見直してみましょう。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.11.26

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 桐島 えみ
  • ドッグライター
  • かつてゴールデンレトリバーと暮らし、大型犬の愛らしさに撃ち抜かれたライターです。犬好きの皆さんがチャレンジしたくなるクイズを発信していきたいと思います。記事を通し、ほっと一息ついてもらえたら幸いです。

「犬の健康にまつわるクイズ」記事一覧

もっと見る
閉じる