magazine

犬 病気 健康 クイズ 犬 歯槽膿漏
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.11.08

犬の健康にまつわるクイズに挑戦しよう!

【犬クイズ】歯槽膿漏が重症化すると命の危険も?起こりうる症状とは

歯周病は犬に多い病気で、なんと3歳以上の犬の80%以上に歯垢や歯石が確認されています。
歯周病をそのまま放置しておくと、歯槽膿漏になってしまうことも。
また、歯槽膿漏が悪化すると命にかかわる病気に発展する可能性もあります。
さて、歯槽膿漏が進行して患う可能性のある病気は次のうちどれ?
【A】抜け毛
【B】目やに
【C】腎不全

#クイズ

彩 ことり/ドッグライター

ヒント【1】歯槽膿漏の進行で顎の骨が溶ける!?

歯槽膿漏の症状が進行すると顎の骨が溶け、ほんの少しの衝撃で骨折してしまうことも。
また、上顎の骨が溶けた場合、頬に穴が開いたり鼻から血膿がでてくることもあります。

ヒント【2】症状の進行で細菌が全身に広がる

歯槽膿漏の犬の口内は細菌だらけの状態です。
歯根の先端(根尖)を通じ、細菌が全身に広がると様々な場所に悪影響を及ぼします。

ヒント【3】臓器が細菌に感染すると命にかかわる事も

血流にのった細菌が肺に到達すると肺炎を患います。
また、心臓に到達すると心不全を引き起こし、疲れやすくなったり酸欠によるチアノーゼや失神といった症状が出現することも。
さらに細菌で腎臓が壊れると腎不全を引き起こし体内に毒素が溜まってしまいます。

正解は?

剥きだしになった犬の歯

正解は、【C】腎不全でした!
犬の口内の異常は中々気づきにくいかもしれません。
しかし、口臭や食欲の減退等、何らかのサインはでているはずです。
症状が進行してからでは、重篤な状態に陥りかねません。
日頃から愛犬の健康チェックをし、歯槽膿漏の発症を防いであげましょう。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.11.08

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 彩 ことり
  • ドッグライター
  • 現在まで何頭もの犬と生活を共にしてきました。その中で、老犬介護も経験し犬と暮らす事への価値観が変わりました。犬との生活で得た知識やエピソード等発信していきたいと思っております。

「犬の健康にまつわるクイズ」記事一覧

もっと見る
閉じる