magazine

犬 病気 健康 クイズ 犬 虫歯
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.11.06

犬の健康にまつわるクイズに挑戦しよう!

【犬クイズ】虫歯よりも要注意!3歳以上の〇〇%が歯周病って本当?

犬も虫歯にかかることをご存じですか?
本来、犬は人間とは口内環境が違うため、虫歯になりにくいと言われています。
しかし、虫歯になりにくい口内環境が関係して、3歳以上の犬の約〇〇%の犬が歯周病を発症しているとも言われているのです。
さて〇〇に入る数字は次のうちどれ?
【A】60%
【B】70%
【C】80%

#クイズ

彩 ことり/ドッグライター

ヒント【1】犬の歯は虫歯菌が溜まりにくい形状

犬の歯は人間とは形状が異なります。
犬は「食肉目」というグループに属しています。
肉を切り裂くために鋭い構造をしており、虫歯菌がたまりにくいと言われています。

ヒント【2】気になる虫歯の初期症状と治療法

虫歯の初期には歯が茶色く変色してきます。
その後症状が進むと黒色に変色し歯に穴が開いてしまうことも。
さらに進行すると歯髄が壊死してしまいます。
犬の虫歯治療は全身麻酔で行われ人間同様、歯を削ったり抜いたりすることもあります。

ヒント【3】犬は虫歯になりにくい口内環境?

人間の口内環境は弱酸性ですが犬の口内環境はアルカリ性です。
アルカリ性の環境では虫歯になりにくい長所がありますが、逆に歯周病になりやすいという特徴も持ち合わせています。
現在、3歳以上の犬のほとんどが歯周病にかかっていると言われています。

正解は?

歯ブラシを咥えた黒い犬

正解は、【C】80%でした!
80%というとかなり高い確率ですよね。
人間同様、歯周病から虫歯に進行することもあるので注意が必要です。
虫歯は早期発見早期治療が重要です。
定期的に愛犬の口の中をチェックし、虫歯を作らないよう歯磨きを心がけましょう。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.11.06

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 彩 ことり
  • ドッグライター
  • 現在まで何頭もの犬と生活を共にしてきました。その中で、老犬介護も経験し犬と暮らす事への価値観が変わりました。犬との生活で得た知識やエピソード等発信していきたいと思っております。

「犬の健康にまつわるクイズ」記事一覧

もっと見る
閉じる