magazine

犬種クイズ 犬種当てクイズ セントラル・アジア・シェパード・ドッグ
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.11.22

犬種クイズに挑戦しよう!

【犬種クイズ】中央アジア出身、別名「アラバイ」とは誰のこと?

力強さと警戒心はトップクラスの、The番犬です。古くから、羊などの家畜を外敵や泥棒から守るガードドッグとして活躍してきました。本来はゴールデンレトリバーの様な垂れ耳と垂れ尾を持ちますが、番犬時代の名残か断耳や断尾される場合もあります。
さてアラバイの名も持つこのコ、JKCでは何という名前で登録されているでしょう?

#クイズ

桐島 えみ/ドッグライター

ヒント【1】カスピ海沿岸地域の古代犬種

現在のカザフスタンやアフガニスタンなどの中央アジア地域において、4000~6000年前まで遡れるほど古い歴史を持ちます。
チベット原産のチベタン・マスティフを祖先に持つ、または同系統という説があります。

ヒント【2】日本では希少犬種!世界的には?

日本での国内登録は、数年に一頭~年間数頭程度という希少犬種です。大規模ドッグショーで目にできるかどうか、といったところですね。
海外では頻繁にショーに出場しているようで、日本ほど希少という訳ではないようです。

ヒント【3】飼育には知識と経験と信頼関係が必須!

この犬種は40~50kgにもなる大型犬です。日々の散歩ひとつとっても、体力必須ですね。
また、活発で独立心が強く、番犬としての縄張り意識も持ち合わせています。正しい知識を持ち信頼関係を築いたうえで、粘り強くしつけをしなければなりません。

正解は?

犬種クイズ 犬種当てクイズ セントラル・アジア・シェパード・ドッグ

正解は、セントラル・アジア・シェパード・ドッグでした!

かつてこの犬種に訓練やしつけができる人は希少で、それだけで大変な賞賛を受けるほどだったそうです。一般家庭で不用意に迎え入れると、飼育に苦労する可能性があるのでご注意を。
共に生きるならば、正しい知識で守り育てたいですね。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.11.22

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 桐島 えみ
  • ドッグライター
  • かつてゴールデンレトリバーと暮らし、大型犬の愛らしさに撃ち抜かれたライターです。犬好きの皆さんがチャレンジしたくなるクイズを発信していきたいと思います。記事を通し、ほっと一息ついてもらえたら幸いです。

「犬種クイズ」記事一覧

もっと見る
閉じる