magazine

飼い主に頭を撫でられるジャーマン・ハンティング・テリア犬
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.11.04

犬種クイズに挑戦しよう!

【犬種クイズ】「森の猟師」「森の何でも屋」の異名を持つ狩猟犬です

今回は、小柄な体に似合わぬ勇敢さを内に秘めたテリア種から出題です。アナグマ猟にイノシシ猟、果てはレトリーバーの様に水鳥の回収をもしてしまう、万能の相棒!まさに「森の何でも屋」ですね。
やや長めの体長で筋肉質、バランスの取れたハンティングドッグでもあるこのテリアは、一体誰でしょう?

#クイズ

桐島 えみ/ドッグライター

ヒント【1】ドイツ生まれの狩猟テリア

テリアと言えばイギリスですが、このテリアはドイツ生まれです。狩猟が好きなドイツの人々が自分達好みの狩猟犬を求めて生み出したそうですよ。
フォックステリアやジャーマン・ピンシャーも掛け合わされ、現在の姿になりました。

ヒント【2】タンマークが特徴のダークカラー

被毛のスタンダードカラーはブラック・ダークブラウン・グレイッシュブラックのどれかにタンマークが入ったものです。タンマークとは茶褐色のポイントカラーのこと。ドーベルマンやダックスなどをイメージすると分かりやすいですね。

ヒント【3】気性の激しい一面も健在

狩猟犬として生み出されただけあって、勇猛果敢です。言い換えれば「気性が激しい」「攻撃性あり」ということ。
小さい頃からきちんと社会性を身につけさせましょう。きちんとしつけられれば、忠実で優しいコになってくれます。

正解は?

芝生の上で寝そべるジャーマン・ハンティング・テリア犬

ジャーマン・ハンティング・テリアでした!

この犬種は、勇気や狩猟犬として獲物を追う能力が重視されてきました。その為、独立心や攻撃性もありますが、訓練性も良いので毅然とした態度でしつければきちんと応えてくれます。
攻撃的な面を抑えてあげながら、共に仲良く暮らしていきたいですね。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.11.04

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 桐島 えみ
  • ドッグライター
  • かつてゴールデンレトリバーと暮らし、大型犬の愛らしさに撃ち抜かれたライターです。犬好きの皆さんがチャレンジしたくなるクイズを発信していきたいと思います。記事を通し、ほっと一息ついてもらえたら幸いです。