magazine

犬との幸せエピソード体験談をまとめました
お知らせ / 特集
鉛筆アイコン

2021.11.01

ドックドッグ企画「犬との幸せエピソード特集」

【飼い主さんの声】愛犬が幸せそうな瞬間って?11の質問に100件以上の回答が集まりました

犬と暮らすなかで感じる「幸せ」って、一言で表現するのは難しいですよね。胸がじんわり温まるような感じ?ふと思い出して微笑んでしまうような?それとも、思わず叫びたくなるくらい気持ちがたかぶる感覚?きっと、愛犬と飼い主さんの数だけ、それぞれの「幸せ」のカタチがあるのではないかなと思います。
そこでドックドッグでは、実際の犬の飼い主さんに向けて色んな角度からの質問を投げかけてみることに。すると、合計11の質問に対して、128件ものリアルな回答が寄せられました!ここでは、その一部を抜粋してご紹介します。

#犬との幸せエピソード

docdog編集部

愛犬の愛おしいポイントは?

愛犬の愛おしいポイント

まずは、こちらの質問から。色んな犬種・年齢の愛犬たちと暮らす飼い主さんですが、いったいどんなところに惹かれているのでしょう?
限られた文字数で回答しなくてはいけなくて、書ききれない!全部!といった声も聞かれました!

【Q.】愛犬の愛おしいポイントは?

  • 寝顔は最強
  • ゴールデンなのに小さい耳
  • 存在の全てが愛おしい
  • 過剰にお尻を見せつけてくるところ
  • まっすぐな瞳
  • 普段ツンツンなのにかまってほしいときだけ甘えるところ
  • おしり
  • 後ろ姿
  • 愛犬が眠ったときに香ってくるにおい
  • 座ったときに毛並みで背中に十字架が現れるところ
  • 病気になってしまったけれど、愛が深まった
  • どこまでも健気なところ
  • 匂いも含めすべて!クサかわいい
  • 私のことが大好きなところ
docdog

絞り切れなくて「すべて!」と答えた飼い主さんもチラホラ。
身体的な特徴を愛でる方もいれば、仕草がたまらないという方も。あとは、関係性や存在そのものが愛おしいという声も聞かれました!

犬といて「幸せ」を感じる瞬間は?

犬といて「幸せ」を感じる瞬間

では、飼い主の皆さんはどんなタイミングで「愛犬がいて幸せだなあ」と感じるのか、こちらの質問をみていきましょう。

【Q.】犬といて「幸せ」を感じる瞬間は?

  • 1分1秒いつも。いてくれるだけで幸せ
  • アイコンタクトとコマンドで言いたいことが通じ合える瞬間。あ、今のビンゴ!ってとき、ガッツポーズしたくなる
  • お散歩中の笑顔
  • こんなにも必死に執拗とされる人生は幸せです
  • 満足して寝ているとき
  • 海で遊ぶとき
  • フワフワから伝わってくる何かあったかいものを受け取るとき
  • いっしょに眠るとき
  • たくさんありすぎて
docdog

こちらも、いつというでなく「いつも!」と答え方が多かったです。
安心している様子や通じ合ったとき、温かさなど、読みながら頷いている飼い主さんも多いのでは?

愛犬を見ていて「幸せそうだなあ」と思う瞬間は?

愛犬を見ていて「幸せそうだなあ」と思う瞬間

では、反対に愛犬たちはどんなタイミングで「幸せそう」にしているのでしょう?一番そばにいる飼い主さんたちに聞いてみました。

【Q.】愛犬を見ていて「幸せそうだなあ」と思う瞬間は?

  • とびっきりの笑顔を見たとき
  • 大の字で寝ているとき
  • 膝の上で笑顔で甘えてくるとき
  • 寝息をたてているとき
  • お布団のうえで楽しそうに暴れているとき
  • 腕枕で安心して眠っているとき
  • 撫でなさ―いを催促しているとき
  • 肉球マッサージしてあげるとうっとりこちらを見つめてくるとき
  • 人好きだからいろんな人に遊んでもらっているとき
  • お散歩中の笑顔と、こちらがおねだりに負けてなでなでされているとき
  • 散歩して食べて寝ているとき
  • ドッグランで駆けまわっているとき
  • 顔を両手で包まれているときの顔
docdog

「笑顔」というキーワードがたくさん見られる回答となりました!
こうやって見ると、好きなコトや楽しいコトって、ほんとにさまざまですね♪

犬と暮らし始めて変わったことは?

犬と暮らし始めて変わったことは?

さて飼い主さんたちは、犬を家に迎え入れてから、どのように生活や考え方が変わったのでしょうか?

【Q.】犬と暮らし始めて変わったことは?

  • プラス思考になりました
  • 超インドア派からアウトドア派に
  • すべて
  • 知り合いのいない土地へ引っ越してきて、犬友さんが沢山できた
  • 定時起床&定時帰宅!
  • 休日はすべて愛犬に捧げるように
  • 家に帰るのが楽しみに
  • 「私は犬に服とか着せないよ」と言っていたのに...服も雑貨も大量
  • 家族みんなが犬を通して交流して仲良くなった!
  • 子どもの頃から何十年もほぼ一緒なので基本変わらず
  • 床は汚れるものと割り切るように
  • 近所にいっぱい知り合いが増えた!
  • 湿度を大切にするように
docdog

すべてが変わった!という声も聞こえたなか、考え方がポジティブに変わったという方や人間関係に変化があったという方も。
生活リズムや週末の過ごし方も、愛犬中心になっていったようですね!

愛犬(たち)とはどんな関係でいたい?

愛犬(たち)とはどんな関係でいたい?

そんな飼い主さんたちは、愛犬のことをどんな存在だと思っていて、どんな関係性でありたいと思っているのでしょう?

【Q.】愛犬(たち)とはどんな関係でいたい?

  • 相棒。いつも与えてもらってばかりだけど、彼らにとっても何かを与えられる存在でありたい。
  • 会話はできなくても、アイコンタクトなどで気持ちがわかる関係でいたい
  • お腹を痛めて産んだ娘たち
  • 家族であり、親友であり、(男同士だけど)恋人であり、お互いが生きるうえで必要とする関係
  • 家族であり、相棒であり、親友、そして永遠の赤ちゃん
  • ラブラブカップル
  • わが子でもあるけど、バディ
  • ママパパっていうよりも、相棒って感じ。これからも相棒!
  • 絶対的信頼が持てる飼い主になりたい
  • 親友や相棒やきょうだいのような、温かで楽しい関係
  • 大事な家族
  • 精神的に助けられているので、寂しくないように、楽しく過ごせるように、できるだけいっしょに楽しくいたい
docdog

色んな捉え方があって面白いですね~!家族、親友、恋人、子ども、など本当にさまざまで、どれかひとつで言い表せるわけではない!という飼い主さんもいそうです。
愛犬が楽しく幸せに暮らせるようにしたい、安心・信頼してもらえる存在になりたいなど、愛犬のことを想う素敵な回答が集まりました。

これからの犬をとりまく社会、どうなっていってほしい?

これからの犬をとりまく社会、どうなっていってほしい?

最後に、これからの社会の在り方について聞いてみました。実際に愛犬といっしょに暮らす皆さんは、今の社会をどう思っていて、これからどうなっていってほしいと願っているのでしょう?

【Q.】これからの犬をとりまく社会、どうなっていってほしい?

  • いろんな施設が犬入場OKになってほしい
  • 災害時の避難場所でペットといっしょにいられるスペースが設置されると心底嬉しい
  • ドイツみたいに犬と一緒に入れる施設や公共交通機関が増えるとありがたい
  • 犬といっしょに行けるところが増えるといいな
  • 殺処分や劣悪な環境で生きる不幸な犬がいなくなってほしい
  • ペットではなく家族という考え方が浸透してほしい。もしものときは会社を休んでいっしょにいたい。
  • 保護犬にも目を向けてほしいけど、その前に犬種に流行り廃りがなくなるといいな
  • もっと犬といろんなところに入れるようになってほしい!わんこマナーが整わないとですね。
docdog

犬といっしょに入場可能な場所や公共交通機関が増えてほしい、という声がもっとも多く聞かれました。そのためには、飼い主や犬のマナー向上が必要という意見も。
保護犬や殺処分に目を向けて、不幸な犬を減らしたいと思っている飼い主さんも多いようです。

犬と人、幸せな共存を目指して

docdog ドックドッグ 犬との幸せ

今回のアンケートでは、愛犬と暮らすたくさんの飼い主さんから、さまざまな考え方や価値観が集まりました。他の飼い主さんの愛に溢れる回答を見ながら、新しい視点を発見したり、自分と近い考え方に出会ったり・・・。「愛犬と自分」「自分たちと社会全体」における幸せって何だろう?と考えながら、愛犬との日々を大切に過ごしている飼い主さんがたくさんいらっしゃることがわかりました!

飼い主さんの「幸せ」エピソードを掲載中!

11月の期間中は、毎週定期的に「犬との幸せ」をテーマにした体験談ブログ記事を配信しています!配信時間は、だいたいお昼の12時半ごろ。
さまざまな犬種、年齢、性格の愛犬たちと暮らす飼い主さんたちのリアルな声を、この機会にぜひチェックしてみてね!

  • 更新日:

    2021.11.01

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 中野 由美子
  • docdog プロデューサー 兼 日本犬担当編集者
  • 幼少期に出会った犬種図鑑をきっかけに「犬と人間の共存」に興味を持つ。化粧品会社に就職後「本当の美しさとは何か」を考える中で、「異なる種類のいきものが共存する姿」がいきものの美しさの根源だと考えるように。現在はdocdogで活動しながら、ながく歴史を分かつ犬と人間の双方にとって幸せな共存の在り方を模索中です。

「犬との幸せエピソード特集」記事一覧

もっと見る
閉じる