magazine

しつけ
鉛筆アイコン

2021.10.30

子犬をケージに入れると鳴く?やめさせる方法とやってはいけない行動まとめ!

子犬を迎えたはいいものの、ケージに入れるとずっと鳴いて困っている、そんな飼い主さんもいるのではないでしょうか。鳴き続けられると飼い主さんも大変ですが、近所迷惑にもなってしまうので、適切に対処しておきたいところです。
そこでこの記事では、子犬をケージに入れると鳴く理由や、鳴かないようにするための対処法などをご紹介します。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:新井 絵美子/動物ライター)

子犬をケージに入れると鳴くのはなぜ?

子犬 ケージ 鳴く

部屋の中で過ごしていたときは落ち着いていたのに、ケージに入れると鳴き始めるようなこともあります。子犬はなぜケージで鳴くのか、その理由から見ていきましょう。

不安を感じている

今までと違う新しい環境に来た子犬は、心細い気持ちでいっぱいです。そのため、不安や寂しさを感じて鳴いていることが考えられます。

ブリーダーのもとで親犬や兄弟犬と一緒に過ごしていた場合、突然ひとりぼっちになり、知らない人がいるなかで生活するとなると、慣れるまでは鳴いてしまうのも無理はないと言えるでしょう。なお、不安なときは、「クーン、クーン」と悲しそうに鳴きます。

何かを要求している

遊んでほしい、ごはんがもっとほしいなどの要求からキャンキャンと勢いよく鳴くこともよくあります。何かを要求して鳴くことは、コミュニケーションを取ろうとするごく自然な行為で、要求が通るまで鳴き続けることも少なくありません。

甘えたい

撫でたり抱っこをしてくれていた飼い主さんから離れてケージに入れられると、もっと甘えていたいとして鳴き始めることもあります。また、ひとりで部屋に残されたときなども、寂しさから飼い主さんに甘えたくて鳴いたりもします。

ケージで鳴く子犬への対処法・鳴かないようにする方法

子犬 ケージ 鳴く

ここでは、ケージで子犬が鳴いているときの対処法と、そもそも鳴かないようにするにはどのような工夫をすべきなのかを解説します。

ケージから飼い主の姿が見えるように工夫してあげる

不安や寂しさから鳴いているようであれば、ケージから飼い主さんの姿が見えるように配慮してあげましょう。

ケージは子犬の様子が観察できるようにリビングに設置することが多いかと思いますが、キッチンにいる飼い主さんの姿も見える場所にケージを置く、飼い主の寝室のドアを開けておくなどしてあげるとよいでしょう。また、子犬が慣れるまではケージの隣りで寝てあげると、子犬が安心できるに違いありません。

たくさん遊んであげる

子犬は遊び盛りでとにかく元気いっぱいなことから、たくさん遊んであげれば要求鳴きが少なくなるでしょう。また、エネルギーを発散して程よく疲れると寝てしまうので、心細くて鳴いたりするのも防げます。

無視する

要求鳴きの場合は、声をかけたりそばに近寄ったりせず無視しましょう。「ごはんがほしい!」「散歩に行きたい!」などを要求するたびに応じていると、子犬は「鳴けば要求が通る!」と思ってしまいます。

そのため、鳴きやんで落ち着いてから要求に応じるようにしましょう。そうすることで、「鳴いてもいいことがなく、静かにすれば嬉しいことがある」と学習し、しつこく鳴かないようになっていきます。

また、ケージの中でおとなしくしているといいことがある、と教えてあげる方法もあります。ケージにいる状態で鳴き止んでおとなしくなったら、近づいて静かに褒めてあげましょう。ケージの中でおとなしくなったら、おやつやお気に入りのおもちゃなどのご褒美を与えることも効果的です。ケージの中は閉じ込められて寂しく詰まらない場所だと思わせないように導いてあげるといいでしょう。

ケージで鳴く子犬にやってはいけない対応

子犬 ケージ 鳴く

子犬がケージで鳴いているとき、間違った対応をすると鳴くことを助長させてしまいます。そのようにならないために、やってはいけない対応についても知っておきましょう。

鳴いたらケージから出すのはNG

鳴くたびにケージから出すのはNGです。というのも、「鳴いたらケージから出してくれる」と認識してしまうからです。そうすると、いつまでたってもケージで過ごすことに慣れず、ケージに入れると鳴くようになってしまいます。

ケージで過ごすことができないと、留守番のときなどに思わぬトラブルが起きるなどのリスクがあります。鳴いているときにケージの外に出せば、一時的に鳴きやむかもしれませんが、愛犬の将来のためにもケージから出すのはグッと我慢し、構いすぎないようにしましょう。

ケージで鳴く子犬には、適切に対処してあげることが大切!

子犬 ケージ 鳴く

子犬にとって新しい環境で知らない人に囲まれて暮らすのは心細いものです。安心できるように配慮してあげましょう。

また、遊び盛りの子犬は、ケージの中にいる時間が長いと退屈になってしまうので、「遊んでほしい!」と要求してくることも少なくありません。そのため、たくさん遊ばせてエネルギーを発散させるようにするのも、要求鳴きの軽減につながります。

犬が鳴いて要求や気持ちを表すのは自然な行為ですが、必要以上に鳴かないように適切に対処していきましょう。

  • 更新日:

    2021.10.30

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。