magazine

室内で水を飲むビーグル犬
健康管理 / 病気
鉛筆アイコン

2021.10.10

【獣医師監修】犬の多飲多尿の原因とは?判断の目安や考えられる病気

愛犬が「最近何だかお水をたくさん飲むようになった」「おしっこの量が増えた」と感じたら、多飲多尿かもしれません。喉が渇いてお水をたくさん飲むこともありますが、多飲多尿は病気のサインと言われているので見過ごせない症状です。
ここでは、多飲多尿の目安がどのくらいなのか、考えられる原因や病気にはどのようなものがあるのかを解説します。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:江野 友紀/認定動物看護士)

犬の多飲多尿の目安と飲水量の測り方

机の上に置かれた緑色の観葉植物と3本のペットボトル

うちの子は多飲多尿?と思っても、実際どのくらいの水を飲み、おしっこをした場合が異常なのかわかりませんよね。基準となる飲水量と尿量、飲水量の簡単な測り方についてご紹介します。

犬の正常な飲水量と尿量

1日あたりの正常な水摂取量の目安は、体重1kgあたり20~90mlです。尿量の目安は体重1kgあたり20~45ml です。

異常と考えられる犬の飲水量と尿量

1日の飲水量が体重1kgあたり100mlを超えたら多飲、1日の尿量が体重1kgあたり60mlを超えたら多尿と考えます。体重5㎏の子であれば、500mlのペットボトルを1本飲んでしまうようであれば多飲と判断できます。

飲水量を測るには

500mlのペットボトルに水を入れておき、そこからフードボウルに水を入れて与えましょう。フードボウルが空になったら再びペットボトルに残っていた水を与えます。24時間後にペットボトルに残った水の量を測ることで、1日の飲水量を測ることができます。

飲水量は気温や運動量などに左右されるので、3~5日ほど計測して平均値を出すことをおすすめします。

犬の多飲多尿は生活環境や病気が原因

床に顎を付けてふせる柴犬

犬の飲水量や尿量が多い理由は様々で、生活環境や体質が関係していることもあれば、何らかの病気の症状として見られる場合もあります。

病気以外で考えられる原因

病気以外では、食事の内容や気温、運動量、精神的な要因などによって飲水量が増えたり、尿量が増えることがあります。

食事の内容

ペットフードの水分含量は、ウェットフードでは75%、ドライフードでは10%以下です。ウェットフードを中心に与えていた子が主食をドライフードに切り替えると、水分摂取量を補うために飲水量が増えます。

塩分の多い食事も多飲の要因になります。尿石症に配慮されたフードでは、犬の飲水量を増やして尿を希釈させるために、ミネラルバランスの調整などに配慮されたものもあります。

気温や運動量

犬は高温多湿の夏や、運動後などにより体温が上昇したとき、体温を下げるために口を開けてハァハァとパンティングして体外に熱を逃がします。その際、水分が口から蒸発していくため、身体が求める水分量が多くなります。

精神的な理由

不安や緊張など、ストレスによって心因性の多飲多尿になることもあります。ストレスの原因は運動不足や引越し、ペットホテルに預けられるなどその子によって異なります。

明らかに多飲多尿の場合は病気の可能性が高い

今までと比べて明らかに飲水量・尿量が増えたと感じるときや、食欲低下など他の症状を伴う場合には、何らかの病気による可能性が高いといえます。糖尿病や腎臓病、肝臓病、子宮蓄膿症など様々な病気の兆候として多飲多尿の症状が現れます。

犬が多飲多尿のときに考えられる病気4つ

床に置かれた透明のボウルから水を飲む白いラブラドールレトリバー犬

犬が多飲多尿のときに可能性として考えられる代表的な病気4つと、併発する症状についてご紹介します。

【1】糖尿病

膵臓でつくられるインスリンには、血液中の糖(ブドウ糖)を細胞内に取り込み、糖をエネルギーに変えることを促進する役割があります。インスリンが何らかの理由で不足したり、うまく作用しなくなると様々な症状が現れます。

血糖値が高くなることによって尿中にブドウ糖が検出されるため、糖尿病と呼ばれています。

併発する症状

多飲多尿の症状が特徴的ですが、食欲増進(初期)や体重減少、食欲不振、元気消失、白内障(急性)、脱水、嘔吐、下痢など様々な症状が現れます。

この記事もチェック!

【2】慢性腎臓病

数か月から数年かけて少しずつ腎臓の機能が低下する病気で、加齢に伴い発症しやすくなる病気です。腎臓の機能の75%が障害を受けるまでは目立った症状が現れないため、気付いたときには既にかなり進行していることもあります。

併発する症状

体重減少や貧血、毛づやが悪くなるなどの症状が見られ、進行して尿毒症になると嘔吐や下痢、けいれんの症状が表れます。

【3】子宮蓄膿症

子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)とは、子宮の中で細菌感染が起こり、子宮に膿が溜まる病気です。高齢のメス犬に多く発生する病気で、発情出血開始1~2ヶ月頃に発症することが多いと言われています。発症した場合の多くは緊急手術が必要です。
若いうちに避妊手術を受けておくことが予防につながります。

併発する症状

感染による発熱や食欲不振、元気消失などの症状が見られ、悪化すると毒素により命を落とすこともあります。

開放性と閉塞性があり、開放性の場合は子宮の出口が開いているため陰部から膿や血膿が排出されます。閉塞性では子宮の出口が閉じているので、子宮の中に膿が溜まり続けてお腹が膨れて見えることがあります。

この記事もチェック!

【4】尿崩症

尿崩症(にょうほうしょう)は、濃縮されない薄い尿が大量につくられる病気で「下垂体性尿崩症」と「腎性尿崩症」の2つがあると言われています。

脳下垂体から分泌される「バソプレッシン」というホルモンは、腎臓に作用することで尿量を調整する働があります。視床下部や脳下垂体の炎症や腫瘍によりバソプレッシンの分泌が不足すると下垂体性尿崩症になります。腎性尿崩症は、腎臓の機能障害により水分の再吸収ができなくなることで起こります。

併発する症状

発症初期は多飲多尿以外に目立った症状は見られませんが、慢性化すると脱水や体重減少が見られます。

犬の多飲多尿を疑うときは早めの対処を

白いカーペットに置かれた銀色の吸水ボウルで水を飲む茶色いコーギー犬

犬の多飲多尿は、食事の内容や運動量が関係していることもあれば、重い病気の症状として見られることもあります。多飲多尿かも、と思ったら飲水量を計測したり、早めに動物病院を受診して病気の早期発見・早期治療に努めましょう。

  • 更新日:

    2021.10.10

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。