magazine

赤いマフラーを付けた犬
グッズ
鉛筆アイコン

2021.10.18

犬用マフラー選びのポイントとおすすめ商品6選!カンタンな作り方も

寒い時期の定番アイテムであるマフラーは、犬用にも販売されています。しかし、「犬用マフラーは何を基準に選んだらいいの?」という疑問を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、犬用マフラーの特徴と、選び方のポイントについて解説していきます。おすすめ商品も紹介していますので、愛犬にピッタリのマフラーがないかをチェックしてみてください。

文:後藤 俊/ライター

犬用マフラーの用途と特徴

マフラーを巻いたボーダーコリー

寒い時期の定番アイテムであるマフラーですが、犬も人間と同じ用に防寒目的として利用できます。

寒い時期の散歩の際に、防寒用の服を犬に着せる飼い主さんも多くいらっしゃいますが、犬用の服は首元までは覆ってくれないことがほとんどです。

また、首周りが大きく空いている服の場合、隙間から冷たい風が入り、防寒になっていないこともあります。そういった服に犬用マフラーをプラスすることで、より効果的な寒さ対策を行えるでしょう。

人間用マフラーとの違い

人間用のマフラーの長さは、首周りに対して長めで、ぐるぐると何重にも巻くタイプの商品が多いです。

一方で、犬用のマフラーは長さが短く、先端についた輪っかから片側を通すだけのタイプの商品がほとんどとなっています。

人間のようににぐるぐると巻くことを前提とすると、歩いている最中にほどけてズリ落ちてしまうからです。したがって、犬用のマフラーは、歩いてもずり落ちないように工夫されているのが特徴だといえるでしょう。

犬用マフラーを選ぶメリット・デメリット

犬 マフラー

犬用マフラーを選ぶメリットとデメリットを紹介します。購入後に後悔することがないように、良い部分と悪い部分をしっかりチェックしておきましょう。

【メリット】オシャレに防寒できる!

犬がマフラーを身につけることで、防寒性が上がるだけでなく、オシャレさも追加できます。飼い主さんのマフラーの柄を合わせ、ペアコーデをしてみるのもおすすめです。

柄の種類も豊富ですので、犬用の服と合わせて様々な組み合わせが楽しめます。犬用マフラーは、寒い時期のちょっとしたお出かけで活躍すること間違いなしです。

【デメリット】犬がマフラーを気にしすぎることも

首元にマフラーがあることを嫌がる犬もいます。こればかりは犬の性格によるところも大きいため、事前に防ぐのは難しいでしょう。

お店などの事前に試着できる場があれば、犬が嫌がらないかの反応を見てから購入してみてください。

ストレス無く生活させることを第一に考え、マフラーを嫌がる際は無理やり身につけさせないようにしましょう。

犬用マフラー選びのポイント2つ!

犬 マフラー

犬用マフラーの購入を検討する際に、どんなポイントに注目すればいいのかについて解説していきます。

ポイント【1】洗いやすい素材がおすすめ

マフラーの素材は洗いやすいかどうかに注目してみましょう。首元は顔との距離が近いため、汚れることも多いからです。

また、素材がウールの場合、洗った際に縮むことも懸念されます。汚れを気にする場合は、洗っても縮みにくいアクリルを使用した商品がおすすめです。

ポイント【2】外れにくいかどうかを確認する

犬が動いても外れにくマフラーを選ぶといいでしょう。マフラーを何度も付け直してあげるのは、飼い主さんにとって手間になるからです。手間が増えると、せっかく購入したマフラーも利用しなくなってしまいます。

マフラーの先端の輪っかが緩そうな商品は、外れやすい可能性があります。商品を選ぶ際は、そういった部分にも注目してみましょう。

犬用マフラーおすすめ6選!

犬 マフラー

おすすめの犬用マフラーを6つ紹介していきます。愛犬にピッタリの商品がないかをチェックしてみてください。

定番!チェック柄の犬用マフラー2選

ひとつは持っておきたい、チェック柄の犬用マフラーを2つ紹介します。チェック柄は人間用として販売されているマフラーの定番柄でもあるので、ペアコーデに挑戦してみるのもおすすめです。

ふんわり素材で見た目もあったか!

定番のチェック柄にふんわり素材を使用した犬用マフラーです。柔らかい雰囲気で、見た目にも暖かくなります。

レッドとグレーの2色が展開されており、明るい雰囲気とシックな雰囲気の両方に対応しています。サイズも2つ用意されているので、愛犬に合わせたサイズ選びができるのも魅力です。

流行りのペールトーンで淡く可愛く

チェック柄の中では珍しい、淡い色使いが魅力の犬用マフラーです。5つのサイズ展開があり、幅広いサイズの犬種に対応しています。

男の子にも女の子にも合わせやすく、キュートな雰囲気でお出かさせたいときにおすすめです。

上品な雰囲気の犬用マフラー2選

可愛らしさだけでなく、上品さも欲しい方におすすめの犬用マフラーを2つ紹介していきます。ちょっとしたお呼ばれなどで利用してみてください。

ウサギの毛皮風で溢れる高級感

ウサギの毛皮のような風合いの犬用マフラーです。展開されている3色のカラーバリエーションはどれも上品さがあり、高級な雰囲気の場所ともぴったり合います。

前側に付いているマイクロファイバーベルトベルトは調節可能なため、ずり落ちる心配もありません。ファッション性と機能性を兼ね備えておきながら、1,000円以内というコスパの良さも魅力です。

リボンのワンポイントでお姫様のような雰囲気へ

リボンのワンポイントと、ファーの上品さが魅力の犬用マフラーです。マフラーの裏側はフリース素材になっており、防寒性にも優れています。

3色展開となっているため、愛犬にぴったりな色を見つけることができるでしょう。着脱がスナップボタン形式で楽々なのも、飼い主さんにとって嬉しいポイントです。

  • 商品名:裏起毛フリースであったかいおしゃれかわいいリボン付きフェイクファーマフラー
  • 楽天市場で見る

シンプルな柄のマフラー2選

「柄物はちょっと…」という方のために、シンプルな犬用マフラーを2つ紹介していきます。普段の散歩用として利用してみてください。

豊富なカラバリで愛犬にピッタリの色を

9色ものカラーバリエーションが展開されている犬用マフラーです。ただシンプルなだけでなく、ワンポイントのタグがついているのもオシャレさをアップさせているポイントです。

アクリル素材でできているため、洗濯がしやすく、汚れそうな場面でも安心して利用できます。厚手なので、防寒性もバッチリです。

ざっくり編みでオシャレさをプラス

ざっくり編みのケーブル柄が可愛らしい犬用マフラーです。厚手のアクリル素材なので、暖かく洗濯もしやすいのが魅力です。

ボリューム感があるので、少しタイトな服と合わて、コーデのポイントとして利用するのもいいでしょう。6色展開なので、愛犬にピッタリの色を選んでみてください。

犬用のマフラーをカンタン手作り方法

犬 マフラー

愛犬にマフラーを手作りしたいという方は、簡単に手作りできるキットを利用するのがおすすめです。

「ラブあみビギナーズ」という商品ならば、ピンにかけた毛糸を付属の編み針ですくってはずすだけで、簡単に編み物ができます。

レシピカードが付属しているので、マフラーだけでなく、帽子やヘアバンドも作成可能です。編み物が初めてという方は、「ラブあみビギナーズ」から試してみてはいかがでしょうか。

犬用マフラーの手作りにおすすめの参考本

針を使用して本格的なマフラー作りに挑戦したいという場合は、「Seeknitの編み物案内」という書籍がおすすめです。

編み物を始めるにあたり、まずは何をしたいいのかわからないという初心者でも安心して読み進められる内容になっています。作品レシピが16点分掲載されているので、基本を学びながら作品作りも行えるのが魅力です。

犬用マフラーで寒い時期のお出かけを楽しくしよう

犬 マフラー

寒い時期の外出では、犬に服を着せるのが定番ですが、さらに防寒性をあげるために犬用マフラーを使用するのがおすすめです。

犬用マフラーは防寒性だけでなく、ファッション性も高いため、愛犬をちょっとオシャレな雰囲気にしてあげられます。飼い主さんが柄を揃えて、ペアコーデを楽しんでみるのもいいでしょう。

愛犬のいつもの格好に犬用マフラーを追加して、寒い時期のお出かけをさらにオシャレで楽しいものにしてみてください。

  • 更新日:

    2021.10.18

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 後藤 俊
  • ライター
  • コリーとコーギーのいる家庭で育ち、愛犬たちがいる暮らしが当たり前に。一緒に過ごす時間を増やすためにも、犬に関する知識を学び始めました。愛犬との絆を深めるために必要な、正しい情報の発信を目指します。