magazine

シェットランドシープドッグ チワワ ブログ
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.10.29

ブログ|先住犬と新入りパピーの日常【第1部】|vol.8

先住犬とパピーの日常!さらに続く急接近

これからの連載でお話しするのは、先住犬シェルティーと新入りパピーチワワが送るドタバタ生活の毎日。6年間1匹で生活をしてきた先住犬シェルティーは新入り君と仲良く出来るのか?!
そんな今回は、前回に引き続きまだまだ続く2匹の急接近のお話!2匹は何をきっかけに仲良くなっていくのか・・・?

#シェットランドシープドッグ / #チワワ / #先住犬シェルティーとパピーチワワ

春菜/ドッグライター

仲良くしようよ!

シェットランドシープドッグ チワワ ブログ

パピーチワワの風が、先代犬であるシェルティ―杏にファーストアタックをしてからと言うもの、風が寝ている杏にそろそろと近づき、ちょっかいを出すことが増えていきました。

他にも、遊んでいる杏の後を追いかけてみたり、移動する杏に少し離れて着いていってみたりと、2匹の距離間は一気に急接近!

一方杏はというと、最初の頃は風が触ってくると歯を剥き出しにして怒っていましたが、一週間程度した頃には、硬直はするものの顔に来ない限りは歯を見せる事は少なくなりました!

より距離感を詰めたのは日頃の散歩?

シェットランドシープドッグ チワワ ブログ

風が予防接種をし終わる前は風を抱っこして、完全に接種が終わってお医者さんの許可が出てからはリードで杏と散歩へいきました!

最初は、「杏は自分の散歩にまで来られてしまうと、自分の時間が無くなってしまってストレスになるのではないか・・・」と思っていましたが、思いのほか散歩は平気そう!

杏が匂いを嗅いでいるところに風が突っ込んで行っても、特に怒ることはなく杏も無心で匂いを嗅いでいる様子。室内のような「自分の空間」がはっきりした場よりも、外の様な開放的な空間の方が、変な緊張感や縛りもなく2匹がコミュニケーションを取るには良い場所なんだと言うことを学びました。

散歩中にお互いがお互いを遠ざける事はなく、なんなら寄り添って歩いてるシーンをちょくちょく見かけるほど!それからは、杏の散歩に風が同行することが日課となりました。

実は嫉妬もするんですよ!

シェットランドシープドッグ チワワ ブログ

風が杏に構いに行く様になってからしばらくして、風に変化が起こりました。

それは家族が杏に撫でられていたり、構われていたりすると「自分も自分も!」とその場に突っ込んで行く様になったことです。

杏本人に突っ込んで行くことはまだこの頃には出来ませんでしたが、座っている家族の足の上に飛び乗って来たり、背中にアタックして来たりと「自分にもやって!」と言う自己主張が強くなっていきました。

一方それをやられた杏は、突然視界に入ってくる風にびっくりしてしまい、その場から離れてしまうこともしばしば・・・。風が「家族に撫でられたい!可愛がられたい!」と思ってくれることが「可愛い・・・愛おしい・・・」と思う一方、とぼとぼその場を離れていく杏を見て「離れていかないでー!」とこちらも悲しくなっていくことも。

2匹の距離が少し縮まったと思ったら今度は新しい問題が・・・。「2匹にとって嬉しい様にとはどういうことか・・・?」また考えることが増えた私です・・・。

いろんな面で徐々に近づく2匹の距離

シェットランドシープドッグ チワワ ブログ

色々と問題は起こるものの、確実に2匹の距離は近づいていきました。

「この2匹もしかしてこのままなのかな・・・」と、出会った当初の2匹を見て思っていましたが、私達人間の心配をよそに彼らなりのペースと距離感で、お互いを認知し始めていることにとても嬉しく思いました!

6年間一緒に暮らして来た杏にも、パピーで我が家に来てくれた風にも、「お互いが居心地がいいと思ってもらえる環境を作って、お互いの距離感に関しては本人たちに任せても大丈夫だ。」

どこか焦っていた気持ちが軽くなって「2匹に任せる」と言うことに気持ちをシフトしていったここ最近の私です!

  • 更新日:

    2021.10.29

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 春菜
  • ドッグライター
  • 田舎でのんびり愛犬2頭と暮らすフリーライター。先住犬シェルティーとパピーチワワのドタバタ幸せ生活をお届けします!毎日の我が家のほっこりが読んで下さる方の小さな楽しみになります様に。