magazine

紫色のさつまいもが2個乗った黄色い皿の上の横に座るグレーの犬
食べもの
鉛筆アイコン

2021.10.20

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ【第3部】|vol.20

パートナーに優しいレシピ|秋のおやつに!犬とさつまいもの関係

秋は焼き芋がおいしく食べられる季節ですね。特に10月は「さつまいもの日」という記念日までできてしまうほど、昔からおいしく食べられる時期として知られています。
今日は、さつまいもの栄養をご紹介しながら、焼き芋、紫イモ、干し芋の比較、ジャガイモとの違いなどを見てみたいと思います。愛犬がおいしく食べられる焼き芋とヤギミルクのポタージュも、ぜひご覧ください。

#パートナーに優しいレシピ

さの さえこ/犬の東洋医学生活管理士

個性豊かな3種類のさつまいもの栄養素

紫色のさつまいもが2個乗った黄色い皿のに顔を近づけて匂いを嗅ぐグレーの犬

スーパーで手に入りやすいさつまいもは、生、焼き芋、干し芋ではないでしょうか。

紫イモは地域によって購入のしやすさが変わるようです。産地であれば、中身が赤紫色の紅イモや中身が紫色の紫イモが生で購入できることもありますが、わが家のような関東では加熱したものや、加工されたものが流通しているのが一般的です。

さつまいもは品種によって多少の違いはあるものの、その栄養素は共通しています。はじめに共通した栄養素を、そして焼き芋、紫イモ、干し芋の特徴を見ていきたいと思います。

食物繊維とビタミンEが魅力のさつまいも

焼き芋、紫いも、干し芋に共通しているのはビタミンE、ビタミンB6、ビタミンC、カルシウム、銅、食物繊維が豊富なところです。

被毛や皮膚の健康に有効なビタミンE、心の健康に必要なビタミンB6、体を守るバリアとなり、ストレスにも効果的なビタミンC、歯や骨を造り、細胞の成長にも関係するカルシウム、鉄分が体で使われる時にサポートする銅、そして腸内環境を整える食物繊維がたくさん摂れることで、体全体を支えてくれる優れた食べ物です。

食べすぎは肥満や下痢の原因に

栄養価の高いさつまいもですが、糖質の高さや食物繊維の量から、日常的に食べ続けたり、一度にたくさんの量を摂ると肥満や下痢の原因になります。

1日に与えて良いとされる大まかな目安は、体重1kg当たりさつまいも5gほどになります。

100g当たりのカロリーと食物繊維の量を表にすると、以下のようになります。特に干し芋は水分を抜いているので高カロリー高食物繊維です。また、甘みが強いほど糖質もアップします。あげる時の参考にしてみてくださいね。

イモの種類カロリー(kcal/100g)食物繊維(g/100g)
焼き芋 160 3.5
紫イモ 150 2.2
干し芋 300 5.9

焼き芋・紫イモ・干し芋の栄養素の特徴

さつまいもとしての共通した栄養素とは別に、それぞれのさつまいもが持つ特徴をご紹介します。

焼き芋

甘くて柔らかくて食べやすいのが焼き芋の最大の魅力です。最近は焼き芋にした紫イモ(紅イモ)も販売されるようになってきましたが、純粋な紫イモの場合、甘みが薄めだと言われています。そのため、普段手に入る焼き芋は中が黄色のものがほとんどです。

ちょっと肉類をお休みしたい時の寒い時期のおやつとして、少しだけあげると楽しめそうですね。

紫イモ

紫イモは、焼き芋や干し芋に比べて少しカロリーが低めなのも魅力ですが、アントシアニンを含むことが一番の特長だと言えます。紅イモと紫イモは厳密には違う種類のイモになりますが、共にアントシアニンを含んでいます。

アントシアニンは目に良いと言われていますが、その他に体のサビつきを抑える効果も期待できる栄養素です。強い体を作るサポーターになってくれそうですね。

干し芋

干し芋はさつまいもを乾燥させたものなので、基本的には焼き芋と同じ栄養素を含みます。ただし、水分を抜いて凝縮させた分、栄養素もグンと豊富に!

特に食物繊維は約2倍になります。たくさん食べることができない子には、干し芋を柔らかく戻して少しあげるだけでも、栄養補給になりそうですね。

ジャガイモとさつまいもの栄養素の違い

カゴに入ったじゃがいもの匂いを嗅ぐグレーの犬

さつまいもと同じくらい犬の食べ物の中に入っていることが多いのが、ジャガイモではないでしょうか。どちらかというとジャガイモはフードやトリーツなどの材料になっていることが多くて、さつまいもはおやつに入っていることが多いような気がします。

ジャガイモとさつまいもの栄養素がどのように違うのかを見てみたいと思います。

ジャガイモは低カロリーなヘルシー食材

焼き芋が100g当たり約160kcalに対して、ジャガイモは約80kcalです。肥満が気になる子には、ジャガイモの方が与えやすいかもしれません。

同じイモ類ということで、ジャガイモとさつまいもの栄養素は似たところが多いのですが、ビタミンEやカルシウム、食物繊維はさつまいもの方が豊富に含まれています。

カロリーを抑えたい時はジャガイモ、より多くの栄養素を摂りたい時はさつまいもの方が合っているかもしれませんね。

さつまいもは皮ごとOKジャガイモはNG

ジャガイモの場合は、与える時に少し気をつけたいことがあります。さつまいもは柔らかい皮の部分を選んで皮ごとあげることで、ヤラピンという食物繊維のような役割をする成分を摂取できます。

しかしジャガイモの場合は、皮の付近に中毒作用を起こしやすい成分が含まれている可能性があり、人間よりも体の小さい犬には悪影響をおよぼすことがあります。また、ジャガイモの芽や緑色の部分にも同様の毒素があるので、与える時はご注意くださいね。

お腹に優しいさつまいもを使ったおやつ

白い小皿に乗ったさつまいものポタージュとグレーの犬

今回はスーパーで「ヤキ蜜イモ」という柔らかく加熱した焼き芋を見つけたので、その焼き芋と鶏ひき肉を合わせてハンバーグ状にして焼いたものを、温めたヤギミルクに浸してみました。
お腹に優しい、温かいポタージュです。

さつまいもと鶏肉とヤギミルクのポタージュ

材料と作り方をご紹介します。 私は焼き芋を少し残して、ヤギミルクにも溶かしてポタージュにしてみました。

【材料】(小型犬1回分)

  • 焼き芋 10g
  • 鶏ひき肉 20g
  • ヤギミルク(粉末) 大さじ1

【作り方】

  1. 焼き芋は少しだけ取り分け残りは鶏ひき肉とよく混ぜ合わせる
  2. 混ぜ合わせた材料を小判型にしてフライパンで焼く
  3. ヤギミルクと水少々と残りの焼き芋を入れて煮込む
  4. ヤギミルクが完全に溶けたら完成

柔らかい食感でスルリと食べられる

焼き芋が入ることで、ハンバーグが硬くなりすぎず、食べやすくなります。ヤギミルクも大好きなうちのコは、おいしそうに完食してくれました。

一番おいしい旬のさつまいもを愛犬と一緒に

黄色い実がほくほくのさつまいもの焼きいもに顔を近づけるグレーの犬

少しずつ寒くなるこの時期に、黄色くて温かい焼き芋を見ると、なんだか幸せな気持ちになります。ちょっと温まりたいなって思った日は、愛犬に少しだけおすそ分けしながら、一緒にホクホクしたいですね。

さつまいもは、今が旬。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なので、愛犬の健康管理に、上手に利用してくださいね。

  • 更新日:

    2021.10.20

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。