magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの
鉛筆アイコン

2021.10.13

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ【第3部】|vol.18

パートナーに優しいレシピ|犬と砂浜・坂道・草地で全身運動

関東もようやく過ごしやすい季節になってきました。10月はスポーツの秋真っ盛りです!スポーツは競技として楽しむこともできますが、体と心を健やかにするものとして気軽に行えると良いですよね。
そんなスポーツを愛犬との散歩の中に取り入れてみるのはいかがでしょうか。自然の中を歩くだけで犬にはたくさんの健康効果が生まれます。秋の自然を感じながら運動を楽しみ、疲れた体をおいし食べ物でねぎらってあげたいと思います。

#パートナーに優しいレシピ

さの さえこ/犬の東洋医学生活管理士

【砂浜】足に関係した関節と筋肉の強化

犬 手作り食 レシピ

海辺を散歩すると、とても気持ちがいいですよね。うちのコは水が苦手なので海の方へは行きたがらないのですが、砂浜を見つけると大喜びします。
海の広い眺めと潮の香りは、心地良いだけでなく犬の体にも良い影響を与えてくれます。機会があれば歩いてみたい砂地の効果をご紹介します。

不安定な足場が短時間で運動効率を上げる

波打ち際は濡れて固まっていますが、そこを離れると海の砂は歩きにくいですよね。こうした不安定で足を取られる場所は、体のバランスを取るために足の可動域を向上させてくれます。
柔らかい砂地で埋もれることで膝や股関節を鍛えることができるので、短時間で運動効果をあげることが期待できます。

打ち上げられた破片や舞い上がる砂に注意

砂浜には色々な物が打ち上げられています。その中には肉球で踏みつけてしまうと危険な破片が含まれていることもあります。破片の多い場所は避けてあげたいですね。
そしてうちのコのように嬉しくなって走り回ると、目に砂が入って大変なことになります。顔についた砂を払ってやれば落ち着きますが、その後も目を気にする時は眼球が傷ついているかもしれません。動物病院で診てもらってくださいね。

【坂道】ゆっくり登ることで全身運動に

犬 手作り食 レシピ

坂道も愛犬の筋肉強化に適した地形です。シニア犬で足腰が少し不安になってきているなら、公園の丘のように少し高くなったところを登り下りするだけでも気分が変わって良いかもしれませんね。

坂道はゆっくりと歩くのが筋力アップに

体に負担をかけずに筋肉を強化するなら、緩やかな坂道をゆっくりと歩くことがおすすめです。登りの時は後ろ足の筋肉を使い、下りの時は前足の筋肉を鍛えることができます。

うちのコは傾斜のある坂道が大好きで、どんなに疲れていても坂道になると走ってしまいます。負担が大きくなるので坂道は走らない方が良いのですが、時々こうして思いっきり走ることは、ストレス解消に役立つようです。

下りは必ずゆっくりもしくは抱っこで

注意したいのは下りの坂道です。下りは自分の意思とは別にどんどん進んでしまうため、踏ん張っている前足の関節を傷めやすくなってしまいます。

うちのコの場合は下りも転げるように走ってしまいます。段差のある階段だと腰にも悪いと聞いたので、下りは必ずスリングに入れて降りるようにしています。

【草地】感覚器官を刺激し脳の活性化も

犬 手作り食 レシピ

自然の中の散歩で一番歩くことが多いのは、やはり平坦な草や土の上ですよね。アスファルトとは違い、適度な弾力で足を踏ん張れる土の上は、犬にとって五感を刺激する新しい発見がたくさんあります。

枯葉や木の感触が肉球の刺激になる

今の時期だと、自然豊かな場所では草より枯葉の方が多いかもしれませんね。でも枯葉のカサカサした音がうちのコは大好きみたいです。わざと枯葉プールみたいなところへ入って足をたくさん動かして音を立てています。

また、木の根っこや小石などの小さな起伏も、肉球のツボを刺激してくれる効果があります。犬にも人間と同じように、足裏には内臓につながるツボがあるようですね。
自然の匂いを嗅ぎながら、たまに緑の草も味見して、体全体で自然を楽しんでいました。

飼い主も健康作りが大切?!

犬 手作り食 レシピ

余談ですが、ここには人間用に石を敷き詰めた足裏健康コーナーがあります。試しに靴を脱いで歩いてみたのですが、痛くて1mほどしか歩けませんでした。私も足裏を刺激して一緒に健康作りをしなくちゃいけないな、と思いました。

落ちている木の実の誤食などに注意を

枯葉がある場所には、木の実が落ちていたり、キノコが生えていたりすることがあります。葉っぱの陰に隠れていることも多いので、飼い主さんより愛犬の方が早く見つけてしまうこともあります。誤食には十分ご注意くださいね。

運動後は筋肉疲労を和らげる食べ物を

犬 手作り食 レシピ

全身を十分に使い切った後に、疲れた筋肉をいたわるレシピを考えてみました。筋肉を使うと筋グリコーゲンやカルシウムを消費し、活性酸素が増えます。それらを補いながら、疲労回復に役立つビタミンBやビタミンCをプラスしてあげると効果的です。

これで疲労回復!小松菜と卵の馬肉巻き

馬肉はグリコーゲンが豊富な肉です。そして栄養満点の卵からは疲労回復効果のあるビタミンBが摂れます。
活性酸素を減らす抗酸化作用があり、ビタミンCやカルシウムも補ってくれる小松菜を加えて、簡単に栄養補給をしてみましょう。

【材料】(小型犬1回分)

  • 馬肉(刺身用) 大きめ1枚
  • 卵黄 スプーン1杯
  • 小松菜 少々

【作り方】

  1. 小松菜は細かくちぎる
  2. 小松菜に卵黄をスプーン1杯かけてレンジで30秒ほど加熱する
  3. 2を馬刺しで巻いてフライパンで焼く
  4. 焼き目がついたら輪切りにして完成

「お疲れ様」のねぎらいと共に

馬肉と卵は加熱するとおいしい匂いがして食欲をそそります。
「今日は楽しかったね。お疲れ様」の気持ちと一緒に、温かいうちに出してみました。

楽しい遊びと休息で良い筋肉を育てよう

犬 手作り食 レシピ

楽しくて嬉しくて自分を使いきった日、うちのコは毛布をガリガリして寝床を作り、放心したようにボーッとした後で、グッスリと眠りにつきます。

感覚器官をフルに活性化させることのできる自然の中の散歩は、ドッグランで走り回るのとはまた違う楽しみを愛犬に与えてくれます。
そしてたくさん遊んでしっかり食べて静かに休むことで、体は壊れた組織を修復し、より強い筋肉を作ります。疲れた日は睡眠も大切にしてあげたいですね。

  • 更新日:

    2021.10.13

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。