magazine

芝生の上で飼い主を見上げて合図を待つシベリアンハスキー犬
しつけ
鉛筆アイコン

2021.09.08

愛犬に「よし」のしつけは必須!教え方と練習時の注意点を解説

人間社会の中で犬が安全に暮らしていくために、「自由に動いてもいいよ」の合図である「よし」のしつけもも覚えさせなければならないことの1つです。
この記事では、これから愛犬のしつけを始める飼い主さんのために「よし」のしつけの必要性や教え方、しつけをするうえでの注意点をご紹介します。

文:新井 絵美子/動物ライター

犬に「よし」のしつけは必須!

黄色いイチョウの落ち葉の上で上を見上げるクリーム色のミニチュアダックスフンド犬

「よし」のコマンドは、犬を待たせた後に「もう動いてもいいよ」ということを伝えるための合図です。「よし」と伝えないといつまで待っていればよいのか犬は理解できないので、基本的に「よし」は「待て」とセットで使います。

とはいえ、必ずしも「待て」と言ってから「よし」と指示するわけではなく、「お座り」「伏せ」などの制止のコマンドの後に出しても問題ありません。

「よし」と「待て」をセットで教える必要性

「よし」と「待て」のコマンドは、日常生活で頻繁に使う機会があります。これらのコマンドを教える必要性としては、以下のような理由が挙げられます。

トラブルを防げる

「待て」と「よし」ができると、トラブルや事故が起きるのを防げます。例えば、他の犬や人に飛びかかりそうになったとき、道路に飛び出しそうになったときなどに、「待て」をさせて動きを制止させ、安全を確認してから「よし」と声をかければ、不快な思いや怪我をさせてしまったりするのを防げます。

興奮した状態を抑えられる

興奮した状態を抑えて動きをコントロールするためにも、「待て」と「よし」のしつけは必要です。犬は遊びに夢中になるとヒートアップして、おもちゃをずっと噛んだまま離さなかったりすることも少なくありません。

興奮した状態をコントロールできないと問題行動に発展しかねないので、「待て」でいったん遊びを中断させて、「よし」が出るまで落ち着かせることも必要なのです。

「待て」と「よし」のしつけ方

裏に森のある庭の緑色の芝生の上で飼い主の待てを聞く茶色いジャーマンシェパード犬

ここでは、「待て」と「よし」のしつけ方を解説していきます。

「待て」のしつけ方

「待て」のしつけは、「お座り」や「伏せ」ができることが前提です。まずお座りをさせて「待て」と言い、そのまま待ってもらいます。そして、そのまま動かないで数秒間いられたら、褒めてご褒美を与えます。

最初は2~3秒程度待たせることから始め、次の日は5秒、その次の日88秒といったように、少しずつ待たせる時間を延ばしていきます。

「よし」のしつけ方

「よし」のしつけの場合も、まずはお座りをした状態でそのまま待たせます。10秒間カウントしながら後ろに1歩ずつ下がっていき、数え終わったら「よし」のコマンドとともに、ご褒美のおやつを持った手を犬のほうに差し出します。犬が飼い主さんのところまでやって来たら、おやつをあげてください。

これを繰り返していくと、飼い主が「よし」と言ったら動いてもいいんだということを学習します。もし10秒が無理な場合は、5秒程度から始めてみるとよいでしょう。

犬に「よし」を教える際の注意点

舗装された道路の上で飼い主の指示を受けるグレー色のトイプードル犬

犬のしつけは、愛犬のモチベーションを保ちながら理解しやすいように行うことが非常に重要です。「よし」を教える際は、以下のことに注意するようにしましょう。

フェイントをかけない

例えば、「よしこさん!」「よしって言ったら食べようね!」など、フェイントをかけて面白がったりするのはやめましょう。

犬は、「待て」の後に「よし」と言われることをわかっているので、飼い主さんに集中しおとなしく指示を待ちます。そのため、フェイントをかけると、犬は動いていいのかわからず不安になってしまいます

軽いイタズラのつもりでも、犬にはそれがわからないので、必ず適切な教え方をして覚えさせていきましょう。

途中で動いてしまっても声を出さない

「よし」と言う前に愛犬が動いてしまったとき、「動いたらダメだよ~」など声を出さないように気をつけましょう。「動いたら飼い主が喜んでくれた」と勘違いしてしまうことがあるからです。

もし動き出してしまったときは特に何も声をかけず、またお座りをさせるところから仕切り直して教えていきましょう。

「よし」と伝えることで犬は安心して行動できる!

屋外で赤いリードに繋がれたキャバリアキングチャールズスパニエル犬

「よし」のコマンドは、食事の前や散歩のときなど、さまざまなシーンで愛犬に出します。「待て」と「よし」をセットでしっかり教えておくとトラブルや事故を防げるほか、興奮状態の愛犬をコントロールして行動させることができます。少しずつトレーニングを繰り返し、根気よく教えていきましょう。

  • 更新日:

    2021.09.08

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 新井 絵美子
  • 動物ライター
  • 2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。 過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。