magazine

甘噛みするチワワ
犬の生態 / 気持ち
鉛筆アイコン

2021.09.24

犬が甘噛みをする理由3つ!やめさせる方法と噛んできたときの対処法

愛犬の甘噛みがなかなか直らないと、困っている飼い主さんは多いのではないでしょうか。甘噛みは自然に直るものではないので、放っておくと思わぬ事故を起こしてしまう恐れがあります。
噛み癖がつかないようにするために、甘噛みをする理由とやめさせる方法について知っておきましょう。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:新井 絵美子/動物ライター)

犬が甘噛みをしてくる理由

飼い主の手を噛む子犬

はじめに、犬が甘噛みをしてくる理由から見ていきましょう。

本能的に噛みたい欲求が備わっているから

もともと犬には、噛みたいという欲求が備わっているので、どんな犬でも甘噛みをします。新しい物がそばに来たときは、まず噛んでみて確かめようとする傾向があります。狩猟本能を持っている犬は、動くものを追いかけて噛みたいという欲求があり、噛む行為が好きです。そのため、気になったものがあると甘噛みをしてしまうのです。

遊びたい・構ってもらいたいなどの要求のため

遊びたい、構ってもらいたいとして飼い主さんの手を甘噛みすることもよくあるケースです。特に子犬は好奇心旺盛なので、いろんなものを噛んで遊びたがります。

また、甘噛みをしたときに飼い主さんに遊んでもらったりことがあると、甘噛みをすれば構ってもらえると思い、甘噛みが癖になってしまうことがあります。

歯がかゆくてムズムズするから

乳歯から永久歯に生え変わる時期は歯がムズムズするので、その違和感をなんとかしたくて噛まずにはいられなくなります。そのため、ソファやスリッパなどをガシガシと噛んでしまうことがあります。

犬の甘噛みをやめさせる方法

ロープのおもちゃを噛んで引っ張り合いっこをするビーグル犬

犬の甘噛みは、「それほど痛くないから……」と許していると、本気噛みに発展してしまう恐れがあります。そのため、以下のような方法により、やめさせるようにしましょう。

甘噛みをしようとしたら手を引っ込める

甘噛みをしようとしてきたら、噛まれないように手を引っ込めましょう。それでもまた噛もうとしたら、再び同じように手を引っ込めます。そして、無視をします。このように「噛まないで」という意思表示を繰り返していくと、「飼い主が嫌がる行為なんだ」「甘噛みをしてもいいことがない」と学習していきます。そして、落ち着いてからそっと撫でたり遊んだりしてあげましょう。

甘噛みをしてきたときに、飼い主が「痛い」と言えばやめる犬もいますが、そのまま噛み続けてしまう場合も少なくありません。「やめて~」と言いながら無理に引き離そうとすると、犬は遊んでもらっていると勘違いして、甘噛みを続けてしまいます。そのため、噛んでから対処するのではなく、そもそも甘噛みをさせない状況にもっていくことが大切です。

甘噛みのしつけ方を実践で解説している動画をチェック!

甘噛みのしつけをしても、なかなか直らなくて困っているという飼い主さんも多いのではないでしょうか。もしかしたらやり方が正しくないのかもしれないので、プロのトレーナーが実践でしつけ方を解説している動画などをチェックしてみることをおすすめします。

噛んでいいおもちゃを与える

ロープのおもちゃやコングなど、噛んで遊べるおもちゃを与えてあげると、犬の噛みたい欲求を満たしてあげられるので、飼い主の手やスリッパなどガシガシ噛むのを防げます。加えて、歯の生え変わりによる甘噛み対策にも役立ちます。

エネルギーを発散させる

たくさん運動をしてエネルギーを発散させてあげると、犬の噛みたい欲求を減らすことができます。特に、かつて狩猟犬として活躍していた犬種などは、運動欲求が高くエネルギーを持て余すと甘噛みしやすいので注意が必要です。たくさん遊んで、エネルギーを発散させてあげられるように心がけましょう。

噛み癖防止スプレーを吹きかけておく

甘噛みをしてほしくないものに、噛み癖防止用のスプレーを吹きかけておくのも1つの方法です。噛み癖防止用スプレーには、犬が苦手な苦み成分が含まれているので、甘噛みをしなくなっていくはずです。ただし、スプレーの効果の持続性は長くないので、こまめに吹きかける必要があります。

犬が甘噛みをしてきたときの対処の仕方

飼い主を見上げる茶色いプードル犬

飼い主の手を甘噛みしてしまったときの、適切な対処の仕方を覚えておきましょう。

やってはいけないことだと意思表示をする

飼い主の手を甘噛みしたときは、「痛い」「ダメ」などと伝えて、やってはいけないことだわかるように意思表示をしましょう。犬が理解しやすいように、禁止のコマンドは、短い言葉で一言だけ伝えるようにします。犬が甘噛みをしようと興奮している間は無視してください。そして、噛むのをやめて落ち着いたら褒めてあげてください。

また、一貫性を持ってしつけをすることも重要なポイントです。甘噛みをして叱るときもあれば、叱らないときもあると犬は混乱してしまいます。甘噛みをしてしまったら、その都度コマンドを出して、それ以上続けさせないようにしましょう。

マズルを掴んで叱るのはNG

マズルを掴んで甘噛みがいけないことだと叱るやり方(マズルコントロール)はNGです。というのも、犬にとってマズルは急所の1つで、触られるのを嫌がるので、威嚇して噛んでくることがあるからです。

また、信頼関係が崩れる原因にもなります。「飼い主の手=嫌なことをされる」と紐づいてしまい、飼い主の手が近づくと逃げるようになってしまうこともあります。

マズルコントロールは賛否両論ありますが、逆効果になってしまうケースも多々あるので、やらないようにしましょう。

子犬のうちから甘噛み対策をしておこう!

ボールを噛んで遊ぶゴールデンレトリバー犬

犬の甘噛みを許していると、本気噛みに発展しかねないので、子犬のうちからやめさせるようにしましょう。甘噛みは犬の本能的な行為なため、すぐに直らないかもしれませんが、「噛まないで」という意思表示を繰り返したり、噛んでもいいことがないと教えたり、エネルギーを発散させてあげたりすることで次第に落ち着いていきます。根気よく対処していきましょう。

  • 更新日:

    2021.09.24

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。