magazine

原っぱでミニチュアシュナウザーが散歩している
住まい / 生活
鉛筆アイコン

2021.09.30

ドックドッグ企画「愛犬のための防災特集」DAY21

震災実体験から学んだ。愛犬を守る習慣3つと防災グッズ

東日本大震災発生時、私は中学生でした。埼玉県に住んでいた私たち家族は、当時全員が学校と仕事で家を空けており、愛犬が一匹でお留守番していました。学校で授業を受けていた私は、地震が起きた後も家に帰ることができず、愛犬のことが心配で落ち着かなかったことを覚えています。
今回は、私がこの震災で対策していて助かったこと、この震災を経験してから日常的に気を付けていることをご紹介します。

#犬の防災

野口 さとみ/ドッグライター

「犬の防災」を考えるきっかけとなった出来事

犬 防災 災害対策 災害時 減災 避難所 被害 発生 グッズ 体験談 本当に必要なもの おすすめ 防災の日 防災リュック 災害 避難 津波 地震 大雨 台風 洪水 ドックドッグ docdog

私の愛犬は「クゥ」という名前でシュナウザーの男の子です。今年で14歳になり、震災当時は元気いっぱいの4歳でした。
留守番中、クゥは家の中を自由に歩き回れました。そのため、地震が起きたときは、家具でけがをしていないかとても心配でした。

突然の出来事に怖がっていた愛犬

地震発生後、学校から帰ると母が会社から帰ってきていました。その時すでにクゥは母にべったりくっついて安心している様子でしたが、母が帰って来た時は、ベッドの下の隙間に隠れてしまい出てこなかったそうです。

効果を発揮した我が家の防災対策

震災を経験して、一番大事だったと実感したことは、家具転倒の防止対策です。
もともと私の母が防災意識の高い人で、棚やクローゼットをすべて転倒しないように突っ張り棒や専用のテープを使って固定していたため、家具はすべて倒れていませんでした。
マンションだったためかなり揺れたらしく、友達の家は棚から食器が出て割れてしまったと聞いたので、いかに家具の固定が重要かを実感しました。

震災の経験から学んだこと

犬 防災 災害対策 災害時 減災 避難所 被害 発生 グッズ 体験談 本当に必要なもの おすすめ 防災の日 防災リュック 災害 避難 津波 地震 大雨 台風 洪水 ドックドッグ docdog

震災を経験した後、家族で日々対策することを決めました。お金をかけずに始められることなので、今でも負担なく続けています。
それでは、3つの習慣を皆さんにご紹介します。防災グッズを買う前の基本的な防災対策だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

大事な習慣【1】カーテンを閉める

カーテンを閉める理由は、窓ガラスが何かの衝撃で飛び散らないようにするためです。何かがぶつかって割れてしまったときに、破片が飛び散ると大変危険です。
我が家では、カーテンは光を通すカーテンだけを閉めて、日光が入るようにしていました。

この記事もチェック!

大事な習慣【2】犬の食器に水を多めに入れて外出する

外出中に地震が起きた場合、しばらく帰宅困難になるようなことも十分考えられます。そんなときに備えて、特に夏だと脱水症状を起こしやすくなるため、水は朝必ず多めに入れてから出かけます。
また、設定した時間に自動でエサをあげられる「自動給餌機」もおすすめです。

この記事もチェック!

大事な習慣【3】危険な部屋に愛犬が入れないようにしておく

愛犬にとって危険な部屋は、キッチンや勉強部屋などです。我が家では、筆記用具や料理道具は鋭利なものが多いので、必ず引き出しの中や箱に入れております。
そして対象の部屋には、愛犬が入れないようにゲージで壁を作っています。また愛犬の部屋には、基本的に背の高い家具を置かないようにすると安心です。

この記事もチェック!

大事な愛犬のために!絶対必要な防災グッズ3つ

犬 防災 災害対策 災害時 減災 避難所 被害 発生 グッズ 体験談 本当に必要なもの おすすめ 防災の日 防災リュック 災害 避難 津波 地震 大雨 台風 洪水 ドックドッグ docdog

震災は、昼夜問わず突然やってきます。その時に落ち着いて避難するには、日頃からの準備が大切です。さらに、防災グッズをまとめてバッグに入れて、すぐに運べるようにしておくことが最重要事項になります。
ペットシーツ・食料と合わせて備えておくべきグッズをご紹介します。

犬の靴で足のケガを予防する!

震災後は、瓦礫などが散乱していて、そのまま歩くことはとても危険。
犬用の靴を履けば、ケガを予防することができます。また緊急時に素早く履いて移動できるように、普段から慣れさせておくことが大事です。

マンション住みの方必須!移動用キャリーバッグ

こちらは実体験をもとにしているのですが、震災後はエレベーターが止まるので、基本的に階段で移動します。犬を運ぶときにキャリーバックは欠かせませんが、以下の2つの点を重視して選ぶことをお勧めします。

1つ目は、リュックや肩にかけられるタイプであること。転がすタイプはオススメしません。2つ目は、犬がリラックスしてくつろげる空間を確保でき、ベッドとしても利用できること。

また上記2点以外にも、私はマナーの面から犬の顔が隠せるものを選ぶようにしています。

意外に見落としがち!?愛犬用の食器

必要な防災グッズを洗い出す時に、私がグッズをそろえる際に見落としていたのが、愛犬用の食器でした。今はコンパクトな折り畳み式のものもあるので、かさばらず持ち運べます。
また、汚れにくい素材を選ぶのも大切ですね。

愛犬のためにも、日頃からしっかり対策を

犬 防災 災害対策 災害時 減災 避難所 被害 発生 グッズ 体験談 本当に必要なもの おすすめ 防災の日 防災リュック 災害 避難 津波 地震 大雨 台風 洪水 ドックドッグ docdog

今回は、私の実体験から愛犬を守る日々の習慣と非常時に役立つ防災グッズをご紹介いたしました。
この記事で紹介した防災グッズは、ほんの一部です。皆さんのライフスタイルや犬の種類、住んでいる場所に合った、防災グッズを選ぶことが大事になります。ぜひ愛犬の防災について見直してみてください。

愛犬のための防災に取り組もう

ドックドッグでは、2021年9月の防災月間に30日間連続で「犬の防災」に関するオリジナル情報配信してまいりました。
すべての記事を以下のページにアーカイブ化してあるので、気になるテーマがあれば遡ってチェックしてみてくださいね!

  • 公開日:

    2021.09.21

  • 更新日:

    2021.09.30

いいなと思ったらシェア