magazine

健康管理 / 病気
鉛筆アイコン

2021.09.21

犬が誤飲したときは吐かせるべき?注意すべき自己判断

おもちゃの破片や、犬が食べると中毒を起こす食材などを愛犬が誤飲・誤食したとき、焦ってしまうかもしれませんが、安易に吐かせるのは危険です。自己判断で吐かせようとすると、かえって体に負担をかけることになりかねないので、適切に対処したのち動物病院で処置をしてもらうのが最も安心です。
万一のときに慌ててしまうことがないよう、この記事では誤飲物を素人判断で吐かせてはいけない理由と、適切な対処法について解説します。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:新井 絵美子/動物ライター)

愛犬が誤飲をした!自己判断で吐かせてはいけない理由

笑顔の犬がソファでくつろいでいる

犬は、飼い主さんの目の届かないところで食品の匂いがついたビニール袋や、テーブルの上に置いてあった人用の食品などを食べてしまっていることがあります。特に子犬は、いろいろなものに興味を示し、誤って飲み込んでしまうことが多いので注意が必要です。

愛犬が誤飲・誤食をしたとき、焦って無理に吐かせようとすると、危険な状況にさらしてしまう恐れがあるので、素人判断で吐かせてはいけません。その理由について知っておきましょう。

食道の粘膜を傷つけてしまう

無理に吐かせようとすると、食道の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。

動物病院では、催吐処置(飲み込んだものを吐かせる処置)、内視鏡、開腹手術により異物の摘出を行います。もしプラスチックの破片やつまようじといった尖ったものを誤飲した場合、催吐処置ができないので、内視鏡もしくは開腹手術をして摘出します。

このように吐かせて排出できないものもあり、素人では正確に判断できないので、安易に吐かせようとすると、かえって状態を悪化させることがあるのです。

また、飲み込んだ物がひも状である場合、無理に引っ張る力が働くと腸に食い込んで、最悪、腸管を穿孔してしまう可能性があるので大変危険です。

吐瀉物(としゃぶつ)が気道に詰まる恐れがある

吐瀉物が気道に詰まる恐れがあるので危険です。気道に詰まると窒息し、その状態が長く続けば死に至ることもあります。

気道に異物が詰まった際、意識がある状態の場合は、むせることで気道に入ったものを排出しようとする反射機能が働きます。しかし、もうろうとした状態のときは反射機能が鈍り、異物を排出できないので、自己判断で吐かせるのはやめましょう。

食塩水やオキシドールを飲ませて吐かせる方法は安全?

食塩

ネット上には、食塩やオキシドールを飲ませて誤飲・誤食したものを吐かせる応急処置の情報も散見されますが、以下の理由により危険な処置方法なので行わないようにしましょう。

食塩中毒になる恐れがある

食塩を飲ませて吐かせる方法は、吐かなかった場合、ナトリウムの過剰摂取により嘔吐が止まらなくなることがあります。重度になると昏睡状態に陥り、最悪の場合は死に至ることもあるので絶対にやめましょう。

胃がひどく荒れてしまう可能性がある

オキシドールを飲ませると、食道の粘膜や胃がひどく荒れてしまいます。その影響から、食欲の低下や元気がなくなってしまうこともあるので、オキシドールを飲ませて吐かせるのもNGです。

犬が誤飲したときの対処法

気持ちよさそうに眠るジャックラッセルテリア犬

愛犬を危険な状態にさらさないために、誤飲・誤食をしてしまったときの対処法を頭に入れておきましょう。

口の中に誤飲物が入っている場合

まずは愛犬の口の中に誤飲物が入っていないか確認しましょう。まだ口の中にある場合は、指を入れて可能な範囲でいいので取り出します。そして、その誤飲物を動物病院に持参して診察を受けましょう。

また、液体のものを誤飲し口の中についている場合は、ガーゼなどで拭き取りそれを動物病院に持参してください。

中毒物質を含む食材を誤食した場合

少量の摂取であれば中毒症状が出ないこともあるので、動物病院に連絡をして獣医師の指示を仰ぎましょう。その際、食べた時間と量、愛犬の現在の様子を伝えてください。

受診が必要と言われた場合、もし誤飲物のパッケージが残っていれば持参しましょう。食べてしまったものを具体的に伝えることができます。

食品以外のものを誤飲した場合

誤飲物が小さなもので詰まる恐れがないようであれば、便と共に排出されることもあるので、獣医師に連絡して指示を仰ぎましょう。

しかし、ある程度の大きさのものや人間用の薬、ひも状や鋭利なものなどを飲み込んでしまった場合は、内視鏡や開腹手術でないと安全に摘出できないので、すぐに動物病院へ連れて行く必要があります。

犬の誤飲物を自己判断で吐かせるのは絶対にNG!

ベッドで休む大型犬

犬の誤飲・誤食の処置方法として、食塩やオキシドールを飲ませる方法が書かれていたりもしますが、愛犬の状態を悪化させてしまうリスクが高いので、自己判断で吐かせるのは絶対にNGです。落ちついて適切に対処し、動物病院に連絡をして獣医師の指示を仰ぎましょう。

  • 更新日:

    2021.09.21

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。