magazine

健康管理 / 病気
鉛筆アイコン

2021.09.22

犬が前足をなめる原因とは?考えられる病気や対処法を知っておこう

「愛犬がしきりに前足をなめて心配……」という飼い主さんもいるのではないでしょうか。毛づくろいのために時々なめる程度であれば問題ありませんが、頻繁になめる場合は心的要因や病気の可能性があるので、適切に対処してあげる必要があります。
今回は、犬が前足をなめる原因と対処法について解説します。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:新井 絵美子/動物ライター)

犬が前足をなめる場合に考えられる原因3つ

舌をだして口をなめるジャックラッセルテリア犬

汚れを取り除くために、犬が前足をなめるのはよくある行動ですが、しきりになめるときは毛づくろい以外の理由が考えられます。
まずは、どのような気持ちの表れなのか、理解しておきましょう。

考えられる原因【1】退屈で暇つぶしをしている

退屈で前足をなめることがあります。例えば、留守番のときに暇つぶしで前足をなめるなど、飼い主さんが見ていないところで足をなめるケースも少なくありません。

考えられる原因【2】気持ちを落ち着かせようとしている

犬は緊張や不安を感じたときに、気持ちを落ち着かせようとして前足をなめることがあります。これは人間の場合に置き換えると、緊張から落ち着きがないときにしてしまう貧乏ゆすりに近いと言えるでしょう。

飼い主さんに叱られるとわかって動揺したときや、聞きなれない音がして気になったときなど、平常心を保とうとして必死になめるのです。

考えられる原因【3】ストレスを感じている

前足を執拗になめているときは、ストレスを感じている可能性があります。運動不足やコミュニケーションが十分に取れていないなど、さまざまな原因が考えられるので、普段の生活を見直すことが大切です。

また、引っ越しや新たにペットを迎えたなど、生活環境が大きく変化したときもストレスを抱えやすく、いつまでも前足をなめたり噛んだりすることも少なくありません。

犬が前足をなめる場合に考えられる病気3つ

犬の肉球のドアップ

犬がやたらと前足をなめる場合は、心理的な要因だけでなく病気が潜んでいる可能性もあります。その場合の併発する症状、および考えられる病気としては以下が挙げられます。症状が見られるようであれば、早めに動物病院を受診しましょう。

併発する症状【1】皮膚の赤み・痒み

皮膚に痒みがあると、しきりに前足をなめたり噛んだりします。また、なめ続けて炎症を起こし皮膚が赤くなってしまったり脱毛してしまったりする場合もあります。

考えられる病気「皮膚疾患」

アレルギー性やアトピー性皮膚炎、指間炎などをはじめとした皮膚疾患を抱えていることが考えられます。アレルギー性やアトピー性皮膚炎になると前足をなめるだけでなく、体のあちこちを後ろ足で掻いたり、顔や体を床に擦りつけたりする様子など見られます。

指間炎は、雑菌が繁殖して指の間や肉球の間に炎症が起こった状態です。飼い主さんから見えづらい箇所なこともあり、最初の段階では気づかないことが多いので注意が必要です。

併発する症状【2】痛み

前足をなめるときは痛みを伴っている場合もありますが、痛みを現さないで我慢することも少なくありません。そのため、不自然な歩き方をしていないか、愛犬の足を触って痛がらないかなどを確認しましょう。

考えられる病気「怪我」

痛みの症状を併発している場合は、肉球のやけど、爪が折れている、狼爪が伸びすぎで皮膚に刺さっている、手首の捻挫など怪我をしている可能性が考えられます。

併発する症状【3】しびれ

頸椎の損傷により首の部分の脊髄神経が障害を受けたとき、前足にしびれが生じ、違和感からしきりになめたりします。

考えられる病気「頸部椎間板ヘルニア」

頸部椎間板ヘルニアは、頸椎の椎間板が神経の通り道に飛び出して、麻痺や痛みを引き起こす病気です。椎間板疾患の約15%を占め、症状によりグレード分けがされています。

グレード1からグレード3に徐々に症状が進行するとは限らず、グレード1から突然グレード3になることもあります。

頸部椎間板ヘルニアのグレード分け

  • グレード1:首を左右に振ったりすると痛がってキャンキャンと鳴く、上目遣いになる、首を下げている
  • グレード2:歩行はできるものの足がふらつく
  • グレード3:四肢のしびれ、立てない

犬が前足をなめるときに必要な対処法とは

エリザベスカラーをつけて舌を見せる白い犬

前足をずっとなめ続けていると、皮膚の炎症を起こしかねません。適切に対処して過度になめないようにさせましょう。

対処法【1】ストレスの原因を解消する

ストレスが原因で前足をなめていると思われる場合は、ストレスの原因を探って解消してあげましょう。エネルギーが有り余っているようであれば、散歩時間を延ばして様子を見ることをおすすめします。

また、脳へのよい刺激になる遊びを積極的に取り入れることも、ストレス解消に役立ちます。頭を使っておやつを取り出す知育おもちゃや、嗅覚をフル活用してお宝を探すノーズワークマットなどを用意してあげるのもよいでしょう。なお、脳トレのおもちゃは犬がひとりで遊べるので、留守番のときに退屈な思いをさせないで済みます。

対処法【2】愛犬を落ち着かせてあげる

大きな音などの動揺から前足をなめる場合は、「大丈夫だよ」と声をかけながら優しく撫でて落ち着かせてあげましょう。怖いことは何も起こらないとわかれば、なめるのをやめるはずです。

また、愛犬を叱っているときに前足をペロペロなめ出したら、「反省してるよ」という気持ちが込められているので、過度に叱らないように気をつけてください。

対処法【3】エリザベスカラーを装着する

病気やケガが原因でなめる場合は、炎症や傷口がある前足を保護するために、エリザベスカラーを装着しましょう。最近のエリザベスカラーは、ソフトな素材で作られているものも数多くあり、犬が食事をしたり横になったりするときに、なるべく動きを妨げずに行動できるように配慮されています。

エリザベスカラーは犬にとってストレスになりがちで、数日間にわたって装着しなければならないことが多いので、軽量で柔らかい素材のものを用意してあげることをおすすめします。

愛犬が前足をなめる原因を探り適切に対処を!

犬 前足 なめる

犬がしきりに前足をなめるときは、さまざまな原因が考えられます。痒がっていないか、痛がる素振りをしていないかなども確認し、病気が疑われる場合は早めに動物病院を受診しましょう。

また、愛犬の様子を観察してストレスを抱えてないか、今一度確認することも大切です。愛犬が健やかに過ごせるよう適切に対処しましょう。

  • 更新日:

    2021.09.22

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。