magazine

犬 病気 健康 クイズ 犬 ドライアイ
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.09.27

犬の健康にまつわるクイズに挑戦しよう!

キラキラな目を守りたい!犬のドライアイについてのクイズです

ドライアイと言えば多くの人が悩む現代病です。しかし!実は犬もドライアイになってしまうことがあるのはご存知ですか?そんなワンコのドライアイ、以下から「不適当な選択肢」を選んでみてください。
【A】ドライアイは遺伝疾患のことがある
【B】ドライアイは目の形状で罹患しやすい犬種がいる
【C】ドライアイは一度完治すれば再発しない
【D】黄色や緑色の目ヤニは悪化のサイン

#クイズ

桐島 えみ/ドッグライター

ヒント【1】ドライアイになりやすい犬種がいる

ドライアイは遺伝的なものが多いと考えられています。
また、眼球が大きめで前に出ている犬種も、瞳が乾燥しやすく発症しやすいようです。
早期発見・治療で比較的早く改善しますが、再発しやすく注意が必要です。

ヒント【2】ドライアイの症状は結膜炎に似ている

乾燥した眼球は、角膜や結膜が炎症を起こしやすい状態となります。
その為、ドライアイの初期症状では結膜炎に似た症状があらわれます。
愛犬が頻繁に目を痒がるようになったら、要チェックですよ!

ヒント【3】ドライアイは放置しても治らない!

ドライアイは放置しておくと、症状がどんどん悪化する恐れがあります。
黄色や緑色の目ヤニはドライアイ悪化のサインです!
目元の異常に気付いたら速やかに動物病院で診察してもらいましょう。

正解は?

犬 病気 健康 クイズ 犬 ドライアイ

正解は【C】ドライアイは一度完治すれば再発しない、でした。

ドライアイは、早期発見・早期治療が大切です。しかし、再発しやすい疾患でもあります。
一度発症してしまったコや、遺伝的にまたは目の形状的に発症しやすいコは、定期的に点眼薬でケアするなどして、キラキラな目を守ってあげたいですね。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.09.27

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 桐島 えみ
  • ドッグライター
  • かつてゴールデンレトリバーと暮らし、大型犬の愛らしさに撃ち抜かれたライターです。犬好きの皆さんがチャレンジしたくなるクイズを発信していきたいと思います。記事を通し、ほっと一息ついてもらえたら幸いです。