magazine

犬 病気 健康 クイズ 犬 まぶた できもの
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.09.18

犬の健康にまつわるクイズに挑戦しよう!

【犬クイズ】犬のまぶたのできもの、いわゆる人間の『ものもらい』と同じ症状はどれ?

犬がひんぱんに顔を床にこすりつけたり、目をこすったりしていたら注意が必要です。まぶたや目の周りに何か異常がある可能性が。
それでは、クイズです。次のうち人間の『ものもらい』と同じ症例はどれでしょう?
【A】マイボーム腺腫
【B】天疱瘡(てんぽうそう)
【C】マイボーム腺炎

#クイズ

すがはら よしえ/ドッグライター

ヒント【1】まぶたにかさぶた

天疱瘡とは抗体が自分の細胞を攻撃し、まぶたに炎症、かさぶた、水疱ができる状態です。
痛みやかゆみがあり、治療も生涯続く投薬が必要になります。

ヒント【2】マイボーム腺

まぶたの縁に沿ってマイボーム腺と呼ばれる油脂の分泌腺があります。
この部分にできた腫瘍がマイボーム腺腫です。良性が多いですが、まれに悪性も。角膜を傷つけるほど大きい場合は、切除の対象に。

ヒント【3】細かく分類すると2種

霰粒腫(さんりゅうしゅ)とはマイボーム腺が詰まって慢性的な炎症がおこる症状です。
麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は、細菌の感染によりマイボーム腺が腫れてしまうもの。どちらも人間では、も〇も〇〇。

正解は?

犬 ものもらい マイボーム腺炎

人間の『ものもらい』と同じ症例は、【C】マイボーム腺炎でした!
犬のまぶたの腫れやできもの、いわゆる『ものもらい』かどうかは素人では判断が難しいですよね。愛犬の様子を日頃から観察し少しでも気になるしぐさや行動があればすぐに獣医師に診察してもらいましょう。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.09.18

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • すがはら よしえ
  • ドッグライター
  • 小学生の頃からイングリッシュセッター、キャバリアと過ごしてきました。現在は、クイズ番組好きの楽しい家族(夫、息子、娘+ブレンハイム)と解答を競い合っています。