magazine

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.09.14

14頭の愛犬とタイで暮らす飼い主ブログ【第2部】|vol.12

【タイの田舎で多頭飼い】ペットに優しい虫よけグッズ

食べ残しの始末や徹底した掃除が功を奏したのか、心底苦手なGはほぼ見かけることがなくなったのですが、想像もしていなかったことが起こるのが田舎生活です。

#愛犬14頭とタイ暮らし

ペコ/ライター

タイの雨季

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い

雨季は生命誕生のサイクルが早いためか、虫との遭遇が増えてきました。
風が強くてスコールがあった日の夜は、高確率でハネアリが大量発生します。
また、同じく大雨の翌日は庭にヤスデやヒル、寄生虫を持っているというアフリカマイマイがでるようになりました。

ヒルが急に増えた原因

今の家に引っ越してすぐの頃は我が家の庭は芝生が敷かれており、雨と太陽をたくさん浴びているためか芝だけでなく雑草がすくすく伸びてちょっとしたジャングルのようになっていました。

そこで、お勝手口の前の芝生の上に木版を敷いて足場を作ったのですが、素人仕事で下処理をちゃんとしていなかったので板の下の土に虫が集まるようになったようです。

地を這う系の虫対策

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い

わんこのお散歩のときにヒルに吸血されたり誤食してしまったら嫌なので、それぞれ対策を調べてみました。

地を這ううねうね系の虫は、身近な対処アイテムとして塩水を撒くという方法をネットで見つけました。
早速試したところ効果てきめんで、いつもお勝手口のあたりをうろうろしていた虫たちが、撒いてしばらくは全く寄り付かなくなりました。

それ以来、塩水を大きいペットボトルで作っていつもストックしています。

飛ぶ系の虫対策

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い

家のドアや窓に隙間がとても多いため、ハネアリが大量発生した日の夜は家の中にわんさかと侵入されてしまい、大パニックになります。バチバチと熱電で撃退してくれるLEDライトも使っていますが、数で負けてしまう場合も。

そこで侵入経路を入念に調べたところ、全てのドア自体にたくさんの隙間が。日本の住居では考えられないことだったので盲点でした。そしてもちろん網戸なんて付いていません。

 

できる範囲で隙間をふさぐ

外とつながっている扉の穴などをテープでふさぎ、窓は網戸代わりのレースカーテンのようなネットを貼ってみたところ、侵入がだいぶ抑えられるようになりました。

また、虫が発生すると予想される日は、扉の噛み合わせが甘い箇所にペーパーを詰めて、早めに部屋の電気を消して間接照明のみでゆったりと過ごすようにしています。

天敵の対策

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い

以前も書きましたが、天敵Gへの対策は徹底した掃除とハーブの活用と隙間をなくすことだと思います。

日々の掃除

袋を開けた食品や食べかけのものは絶対に冷蔵庫や密閉棚にしまい、重曹を使用して家じゅうこまめに拭いて生活臭をなるべく消すようにしています。

ハーブ

クローブを定期的に敵が通りそうな場所へ設置しています。また、ベチバーはオイルスプレーを作って侵入しそうな場所に定期的に撒いています。

隙間

タイの住居には隙間がつきものなので完全にふさぐのはとても難しいです。
とにかく目につく隙間は、できる限り市販のカバーやビニールテープなどでふさいでいます。排水口は使わないときはカバーを、洗面台の水抜き穴などもひとまずテープで止めてしまいました。

危険から守るという使命感

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い

虫がいると犬たちは興味を示して寄っていってしまいます。毒は持っていないとしても、食べてしまったりしたら心配ですし、お腹を壊すかもしれません。なにより、決して気持ちの良いものではないのでできるだけ接触しないようにしたいと思っています。

タイでも動物病院が開発した掃除用クリーナー剤や動物OKの防虫スプレーなどが売っているので、市販品も活用しながら生き物に優しい自然製品でこまめに掃除をすることと、さらなる効果的対策を探して切磋琢磨しています。

  • 更新日:

    2021.09.14

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • ペコ
  • ライター
  • タイの田舎で、夫と14頭の犬と在宅ワークをしながら暮らしているライターです。海外のペット事情と実際の犬との暮らしを体験談に基づいてご紹介します。個性あふれる犬たちとの暮らしに大変さを感じつつ、日々癒されながら暮らすバタバタ日常風景をお届けします。