magazine

柴犬 ブログ 体験談 茶々
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.09.03

ブログ|柴犬茶々のオテンバ日記【第3部】|vol.19

柴犬茶々のオテンバ日記|久しぶりのトリミングへ

トリミングサロンへ通うのは被毛が伸びる犬種とは限りません。我が家の茶々のように、一見してトリミングする必要がないように思える柴犬でも、通った方が良いこともあります。
今回は抜け毛の時期ということもあり、久しぶりに行きつけのトリミングサロンへ行ってきました。さっぱりと夏を迎えたいですね。

#柴犬 / #柴犬茶々

明石 則実/動物ライター

柴犬って、トリミングサロンで何をしてもらう?

柴犬 ブログ 体験談 茶々

被毛が伸びない柴犬がどうして?と疑問に思う方も多いでしょう。実は柴犬ならではの悩みがあったりするものです。まずは「なぜ柴犬がトリミングサロン」へ行くのか?について書いていきましょう。

抜け毛の処理はやっぱりプロにお任せしたい

1年に2回やって来る換毛期ですが、多くの飼い主さんが悩みを抱えるように、我が家も問題のタネとなっています。

毎日のようにブラッシングし、ファーミネーターを使って抜け毛を除去しているつもりですが、「やっと終わった!」と思っても、ブルブルすると毛がファッサ~!!と抜け落ちてしまいます。

しかしプロは違います。丁寧に時間を掛けながらアンダーコートを除去してくれるので、非常に助かります。まったく毛が抜けないわけではありませんが、その量はかなり減少するみたいです。

また、マイクロバブルの温浴で毛穴までスッキリするので、皮脂の詰まりや老廃物を取り除いてくれます。シャンプーが終わると不思議と毛並みが艶々していますね。

細かいケアまでバッチリしてくれるサービスも

特に我が家でお願いしているのは、肛門腺絞り・耳掃除・足裏カットでしょうか。いずれも家ではしにくく、こういった機会にプロを頼っています。

またお尻や腿のあたりをカットして、キレイな桃尻にしてもらうのが定番になっていますね。

茶々もどうやらトリミングサロンが大好きなようで、いつもハイテンションで尻尾振りながら入店していきます。オーナー夫妻が優しくしてくれるからかな?

トリミングが終わったら、いつものご褒美を

柴犬 ブログ 体験談 茶々

我が家では病院やトリミングサロンが終わると、ご褒美の意味を込めて、いつものドッグカフェに行きます。カフェのオーナーさんも茶々のことが大好きですし、何よりおいしいメニューがあるからです。

土用の丑の日にちなんで、ウナギを食べよう

行きつけのドッグカフェのオーナーさんは、実は寿司職人。ですからランチメニューも季節に応じたメニューを出してくれます。このブログを書いた時期は7月ですので、ちょうど土用の丑の日直前ですね。

なかなかリーズナブルな価格でウナギが食べれるとあって、茶々以上に飼い主が興奮しています。付け合わせも卵焼きや奈良漬など盛りだくさんです。

茶々にはいつものわんこテリーヌを

柴犬 ブログ 体験談 茶々

茶々のためにいつもオーダーするのは「わんこテリーヌ」です。作り置きをせず、いつでも出来立てホカホカ。付け合わせの温野菜もキャベツ・ブロッコリー・かぼちゃ・コーンなど栄養バランスもバッチリ。

でも食べ過ぎは良くないので、夜のゴハンは少し量を減らそうね。あとはたっぷり散歩に行ってカロリーを消費しよう。

ダブルコートの犬種だからこそのトリミングサロン

柴犬 ブログ 体験談 茶々

夏は犬にとっても辛い季節です。特にトップコートとアンダーコートを持つ柴犬のような犬種は熱が溜まりやすく、体にも良くありません。

早めに抜け毛の処理をして夏を迎えさせてあげたいですね。そのためにはプロの技術に頼ることも一つの方法だと思います。

毎月でなくても、3ヶ月に1度通うだけで、かなり違うのではないでしょうか。きっと愛犬にとっても気持ちが良く、楽しみな場所になるはずですね。

  • 更新日:

    2021.09.03

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 明石 則実
  • 動物ライター
  • フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。 愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。