magazine

白いフローリング、白いドア、白い壁の家でマットの上にすわる黒い柴犬
しつけ
鉛筆アイコン

2021.08.28

犬のマットトレーニングで外出も楽ちん!教え方やマットの選び方

「マットトレーニング」と耳にしたことはあっても、教え方がわからなくて困っていませんか?犬のマットトレーニングをしっかりとしておくことで、ドッグカフェや動物病院へ犬とお出かけするのがさらに楽ちんになります。
ここでは、そんなマットトレーニングの教え方やマットの上手な選び方について解説していきます。

文:ルエス 杏鈴/犬訓練士

犬のマットトレーニングって何?

室内の茶色いマットの上に座るスパニエル犬と隣に積まれたオレンジ色のカボチャs

犬のマットトレーニングとは、犬がマットの上でリラックして過ごせるようにするためのトレーニングです。最終的には家だけではなく、外出中にもマットを出せばその上で犬が落ち着いて過ごせるようにするのが目標です。マットトレーニングは様々な場面で活躍するので、練習しておくととても便利ですよ。

マットトレーニングをするメリット

犬のマットトレーニングをするには以下のようなメリットがあります。

  • どこにいても犬がリラックスできるスペースを作れる
  • 犬の被毛の汚れ防止になる
  • 抜け毛が地面に落ちるのを防ぐことができる

マットトレーニングのメリットは犬とどこに出掛けていても、マットさえあれば犬がリラックスできるスペースを作ってあげられるということです。

ドッグカフェや動物病院など、本来は犬が緊張をしたり興奮をしたりしてしまう場面でも、マットトレーニングがしっかりとできていれば、犬も心地よくお利口に過ごすことができますよ。

犬のマットトレーニング用のマットの選び方

茶色のフローリングの上に敷かれたオレンジのマットの上でくつろぐ茶色いイングリッシュコッカースパニエル犬

犬のマットトレーニングを始める前に、犬と人にとってベストなマットを選ぶようにしましょう。

ここでは、マットトレーニングにおすすめのマットの選び方をご紹介していきます。

犬にとって心地よいマット

マットが犬にとってリラックスできる場所となるのが目標なので、犬にとって心地よいマットを選ぶようにしましょう。ペラペラのマットではなく、少しでもクッション性のあるマットがおすすめです。

持ち運びが簡単なマット

マットトレーニングが最も活躍するのは外出中です。そのため、外出時に気軽にマットを持参できるように、持ち運びが簡単なマットを選ぶようにしましょう。小さく折り畳めるタイプのマットがおすすめです。

掃除が楽ちんなマット

マットは地面に置いて使うものなので、汚れてしまうことがあります。そのような場面に備えて、掃除が楽ちんなマットを選ぶようにしまましょう。また、それに加え、抜け毛が取り除きやすいマットを選ぶと換毛期中でも安心して使えます。

犬のマットトレーニングの教え方は?

犬 マットトレーニング

マットトレーニングの最終的な目標は、どこにいてもマットを出せばその上で犬が落ち着いて過ごせるようにすることです。ここでは、そんなマットトレーニングの教え方についてご解説していきます。

まずは「フセ」と「待て」をしっかりと練習

マットトレーニングを始める前に、「フセ」と「マテ」をしっかりと練習しておくようにしましょう。「フセ」は声をかけたりハンドシグナルだけでできる程度、「マテ」は数分維持できる程度にまで練習しておくと、後のステップがとても楽ちんになります。

この記事もチェック!

マットの上で「フセ」をする練習

犬がマットの上で「フセ」をできるようにしましょう。おやつで犬をマットの上に誘導し、犬がマットに乗ったら「フセ」と指示を出します。犬がマットの上でフセをできたら、おやつで褒めてあげましょう。

犬がなかなかマットに乗ってくれない場合は、まずマットに乗る練習から始めましょう。片足をマットに乗せる、前足をマットに乗せる、4本足をマットに乗せると少しずつレベルアップし、少しずつマットに慣らしてあげるのがポイントです。

マットの上で待つ時間を少しずつ伸ばそう

犬がマットの上でフセをするのに慣れたら、マット上で過ごす時間を少しずつ伸ばしていくようにしましょう。「マテ」と声をかけて数秒後におやつで褒めてあげます。その後、マットの上でマテと指示を出してから、褒めるまでの時間を少しずつ伸ばしていくように練習しましょう。

急に待ち時間を長くしてしまうと、犬が我慢できずに立ち上がってしまう場合があるので、少しずつ忍耐を持ってマテの時間を伸ばしていくのがポイントです。

犬が我慢できなかった場合は、少し時間を短かくして練習してください。上手にできたら、ほんのちょっとだけずつ時間を長くしていくようにしましょう。