magazine

飼い主に耳を拭かれる茶色いミニチュアダックスフンド犬
お手入れ
鉛筆アイコン

2021.08.03

【獣医師監修】犬の耳毛の処理は必要?病気リスクや抜き方も解説

犬の耳毛のお手入れ方法について疑問に思ったことはありませんか。よくわからなくて耳毛をそのままにしている方もいるかもしれませんが、場合によっては外耳炎や中耳炎などを引き起こす可能性があります。
今回は耳毛のお手入れ方法や便利な商品についてご説明します。

監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:今野 ケイト/ドッグライター)

犬の耳毛はどんな役割を担っているの?

緑色の芝生の上で桜の木の下で佇む緑色のボーダーの服を着た茶色いトイプードル犬

意味なく生えていると思われがちな犬の耳毛ですが、以下のような役割を果たしています。

撥水

犬の耳毛には撥水機能があります。耳毛が多く生えているプードルやミニチュア・シュナウザーなどの犬種は、使役犬として水中に入ることが多かったために耳毛が多くなったといわれています。

汚れやホコリの侵入防止

犬の耳毛には、汚れやホコリなどの異物の侵入を防ぐ役割もあります。人の鼻毛の役割にも似ていますね。

犬の耳毛が原因で引き起こされるトラブル4つ

耳掃除されるクリーム色のラブラドールレトリバー犬

犬の耳毛が原因となって起こる可能性のあるトラブルは、以下の4つが挙げられます。

【1】外耳炎

外耳炎は、耳の穴に炎症が起きることを指します。犬の耳は、垂れ耳や多い耳毛、じめじめとした気候などにより耳の中が蒸れて菌が繁殖することで外耳炎になりやすいです。
主な症状は耳の痒み、腫れ、耳垢の増加、異臭などです。犬が耳を床にこすりつけたり前足で耳をかいたりしている場合は、外耳炎が疑われます。

【2】中耳炎

中耳炎は、耳の環境維持や聴覚の役割を果たす中耳の炎症です。外耳炎の悪化により中耳炎になることが多いので、外耳炎を繰り返している犬の場合は注意が必要です。また、間違った耳のお手入れ方法が中耳炎につながることもあります。
外耳炎と同様の症状のほか、耳を痛がる仕草として現れることも多いです。

【3】内耳炎

耳の一番奥にある内耳は、平衡感覚を保ち音波を伝達しています。内耳炎の原因として最も多いのは外耳炎や中耳炎の悪化です。
症状としては、めまいやふらつき、斜頸、一方向に回る旋回、歩行困難などです。外耳炎・中耳炎の悪化による内耳炎では、それぞれの症状が同時に見られることもあります。

【4】耳血腫

耳血種は、耳介の皮内に血液が貯留することです。犬が外耳炎を痒がって頭を振ったり耳をかいたりすることで起こりやすいです。また、血管内膜が炎症を起こし破損することも原因といわれています。
症状としては、耳の腫れ、血腫の重さにより耳が垂れる、耳をかくなどがあります。

犬の耳毛の正しいお手入れ方法を知ろう

トリミングサロンで耳毛をカットされる可愛い犬"src="/magazine/dogs/cc_4216_03.jpg"

犬の耳毛のお手入れ方法をまとめていますので参考にしてください。

耳毛をカットするまたは抜く

犬の耳毛は、ハサミなどを使って短くカットしましょう。安全を考慮した構造になっているものを使うと安心です。

また、鉗子を使って耳毛を抜くお手入れ方法もあります。鉗子を耳毛に対して横ではなく縦に挟むと抜きやすいです。動かないようにしっかり押さえて行う、一度に多くの毛を抜かない、皮膚を挟まないなど注意が必要です。

耳毛のカットや抜くことは、家庭では動いてしまったり耳を傷つけて危険な可能性が高いため、無理をせずトリミングサロンや動物病院でお願いするようにしましょう。

耳掃除シートで汚れを拭き取る

油分の多い耳垢が耳毛にからまっている場合は、耳掃除シートで耳介の汚れと一緒に優しく取り除きましょう。

乾いた素材で拭くと耳を傷つけることがありますので、脱脂綿やガーゼを使う際はぬるま湯で湿らせます。耳の中に水分が残らないように注意してください。

犬の耳毛のお手入れで注意すべきことは何?

布団の上に横になるミニチュアダックスフンド犬の正面の顔

犬の耳掃除や耳毛の処理は耳の中の環境を整えるために大切ですが、その際に注意して欲しいことがいくつかあります。

綿棒を使用しない

綿棒による耳掃除は、耳を傷つけてしまうことがあります。また耳垢を奥に押し込んでしまう、綿が耳の中に残ってしまうといった可能性もありますので、綿棒の使用はやめましょう。

犬の耳毛を自分で抜くときは注意して行う

間違った耳毛の抜き方は、犬に痛い思いをさせてしまったり、外耳炎を引き起こしたりする可能性があります。そのため自信のない人が、犬の耳毛抜きを鉗子やピンセットで行うのはおすすめできません。無理をせず、動物病院やトリミングなど専門家に依頼しましょう。

犬の耳毛のカットやお手入れで便利な商品5つ

台の上で耳毛を処理されるヨークシャテリア犬

犬の耳毛を自分でお手入れするときに便利な商品をご紹介します。

【1】耳を傷つけない設計で安心!ペット用耳毛切りハサミ

こちらはペット業界で初めて耳毛をカットするために考えられた専用ハサミです。先が曲がっていて耳を傷つけないような安全設計になっているので、耳毛をカットしやすいです。

【2】LEDライト搭載で見えやすい!ペット用バリカン

LEDライトが搭載されており細かい部分の確認をしながら犬の耳毛をカットできます。静音設計なので犬が怖がる心配が少なく、刃先が丸くなっていて耳を傷つける心配がありません。 皮膚がデリケートな子の場合、赤みなどを見ながら注意深く使用してあげてください。

【3】精巧な作りで犬の耳毛をしっかり挟むペット用鉗子

先がぴったりかみ合い、耳毛をしっかり挟んでくれる鉗子タイプのピンセットです。ハサミだけでは処理できない、細かい部分をお手入れする際に役に立ちます。詳細な説明書がついているので安心ですね。

【4】特殊シートで汚れをかき取る耳掃除シート

こちらの耳掃除シートは、溝のある特殊なシートでできていて汚れをしっかりとかき取れます。天然由来成分が配合されており、アルコールやパラベン不使用なので安心して使用可能です。爽やかなシトラスの香りが特徴です。

【5】抗菌・消臭効果◎銀イオン配合のペット用ウェットティッシュ

抗菌・消臭に効果がある銀イオンを配合したウェットティッシュです。害のない成分だけを使用しているため、口や足を拭くときにも使えます。こちらは無香料なので匂いに敏感な犬でも使用できますよ。

犬の耳毛をお手入れしてトラブルを防ごう

オレンジのベッドの上で寝そべる茶色いミニチュアダックスフンド犬

犬の耳は蒸れやすく、そのままにしてしまうと外耳炎、さらには中耳炎や内耳炎などを引き起こす可能性があります。蒸れを予防するためには、耳毛のお手入れが大切になってきます。犬がトラブルなく健康でいられるように、日頃から耳毛の手入れをしてあげてくださいね。

  • 更新日:

    2021.08.03

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。