magazine

犬の毛の毛玉に鼻先を近づけるジャーマンシェパード犬
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.08.29

シェパードと暮らすドッグフォトグラファー

犬の抜け毛で羊毛フェルトの犬を作ってみた!作り方を写真付きで紹介

春になると台風の日に雨が降るかのように犬の毛が降り落ちる季節ですね。ジャーマンシェパードはダブルコートの犬種なので、換毛期になるバサバサ毛が抜けます。今年は、そんな抜け毛を活用してクラフトに挑戦してみました。
ここでは、犬の抜け毛で羊毛フェルト(犬毛フェルト?)に挑戦していきます。

#シェパードと写真家 / #ジャーマンシェパードドッグ

文:ルエス 杏鈴/犬訓練士

愛犬ジェイクの被毛の構造

ジャーマンシェパード犬の毛並み

我が家の愛犬はジャーマンシェパードなので、アンダーコートとオーバーコートを持つダブルコートです。犬の抜け毛で羊毛フェルト楽しむには、もちろん犬の抜け毛が必要なのですが、私はブラッシングをした際に抜けたジェイクのアンダーコートを使用しました。

ジェイクのオーバーコートは短くて硬いのですが、アンダーコートはふわふわ柔らかいので十分使えました!アンダーコートがあれば、問題なくクラフトが楽しめますが、スムースコートやシングルコートの犬種は針で刺してもなかなか固まらず難しい場合があるので、自分の愛犬の被毛を確認してから挑戦してみてくださいね。

犬毛フェルト準備物

ジャーマンシェパード犬の抜け毛で作ったグレーと白の羊毛フェルト
  • 犬の抜け毛
  • 羊毛フェルト用の針
  • 犬用シャンプー(なければ人用でもOK)

犬の抜け毛は事前に洗っておこう

犬用シャンプーと水を入れた銀色のたらいの中に浮かぶグレート白色の羊毛フェルト

まずは犬の抜け毛を洗います。犬の抜け毛を洗わずにそのまま使うとバクテリアが増殖してしまい、悪臭の原因になってしまうことがあるそうです。犬の毛を洗うのには犬用のシャンプーを使用しました。しかし、犬用のシャンプーが手元にない場合は手洗い用の洗濯洗剤や人用のシャンプーでもOKです。

私はボウルの中でシャンプーと水を混ぜ、その中に抜け毛を入れて手でムニムニと洗いました。ふんわりとたくさんある抜け毛も、水に濡らすと小さくなって少ないように見えてしまいますよね。

抜け毛をしっかりと洗った後は乾燥させます。犬の抜け毛が濡れているうちは心配ないのですが、乾くにつれて飛んでいくので、飛ばないように注意しましょう。ネットに入れて乾燥させる方が多いようですが、私は手元にあった虫かごに抜け毛を入れて天干しにしました。通気性が高く、飛んでいく心配がないので、数時間で完全に乾きましたよ!

犬毛フェルトを作る2つのステップ

いよいよ犬毛フェルトを作っていきます。羊毛フェルト用の針でチクチクと刺していくうちに毛がお互いに絡まって固くなっていきます。ここでは、犬毛フェルトを楽しむ簡単なステップをご紹介していきます。

ステップ①針で抜け毛をチクチクパーツ作り

ジャーマンシェパード犬の羊毛フェルト

抜け毛を洗って乾かした後は、さっそく羊毛フェルト用の針で抜け毛をチクチクと刺していきます。

私は犬の頭を作りたかったので、犬の頭×1、犬の耳×2を作りました。

作りたい形に合わせてチクチクと針で刺していきます。事前に犬の毛をくるくると丸めて小さなボールの形にしておくと、さらにスムーズにできます。私は以前に羊毛フェルトでちょっとしたクラフトをしたことがあるのですが、犬の抜け毛は羊毛フェルトよりも形ができるのに時間が長くかかるなと感じました。

諦めずにとにかくチクチクしましょう。

また、私は使わなかったのですが、手で持ってチクチクしていると針が手に刺さってしまうことがあるので、下にスポンジやクッションを敷いておくとさらにさらに作りやすいですよ。

ステップ②パーツをくっつける

犬を作るのに必要なパーツが完成したら、各パーツをくっつくていきます。くっつけたい部分同士を合わせて、その上からチクチクすることでパーツをくっつけることができますよ。

また、黒い被毛を小さく丸めて、目や耳のある位置に合わせて針で刺していきましょう。

完成!

ジャーマンシェパードの抜け毛で作った羊毛フェルトの犬の顔

犬毛フェルトの犬が完成!私は羊毛フェルトが上手にできるわけではなく、完全に趣味として自己流で半テキトーにしていることも多いので美しい仕上がりではないですが、思っていたよりも可愛く仕上がったのでビックリ!

犬毛フェルトに挑戦してみよう!

ジャーマンシェパードの抜け毛で作った羊毛フェルトの犬の顔が茶色い机の上に置いてある

実を言うと、頭のピースを作っている最中に、少し剛毛な犬の毛がチクチクして、手がとても痒くなりました。そして、頑張った割には、ゴワゴワして想像していたふんわりとかわいいイメージとは違っていたので、「これは思ってたほどおすすめできないかな…」と思っていました。

しかし!実際に耳をくっけて、目をくっけて、と完成に近づいていくにつれて、どんどんと愛着が沸き、今ではとても気に入っています!もっと頑張ればもっと可愛くできるんだろうなとも思いますが、今回はこれくらいで大満足。

皆さんも愛する愛犬の毛でクラフトに挑戦してみてくださいね!

  • 更新日:

    2021.08.29

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • ルエス 杏鈴
  • 犬訓練士
  • 大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。 愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。 写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。