magazine

ひっくり返されるフレブル
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.08.22

犬にまつわるお仕事クイズに挑戦しよう!

【犬にまつわる仕事クイズ】動物看護師の仕事内容で正しくないものは?

病気や予防接種など、犬の飼い主さんならお世話になる機会も多い動物看護師。そのお仕事内容に関するクイズです。
次のうち、2021年現在で動物看護士の仕事内容として日本で認められていない行為はどれでしょう?
【A】検査器具の洗浄
【B】入院動物の管理
【C】レントゲン撮影
【D】診察時の保定

#クイズ

すがはら よしえ/ドッグライター

ヒント【1】回復する様子が目に見える

動物看護師の仕事は多岐にわたり、カルテの準備から、使用器具の洗浄・滅菌も。ほかに入院動物の経過観察も任されているとか。
多くの仕事に追われながらも動物が元気に回復すると喜びを感じるそうです!

ヒント【2】時にはケガするようなシーンも

獣医師サポートのうち、『保定』とは診察時に動物が動かないよう身体を押さえることです。
時には引っかかれたり噛まれたりと、慣れないうちはケガが絶えない仕事と言われています。

ヒント【3】資格が必要な医療行為

レントゲン撮影や注射などの医療行為は、国家資格を持った医師や技師しか認められていません。
けれども動物の様子を丁寧に観察し、獣医師や飼い主へ詳しく説明する重要な仕事を動物看護師が担っています!

正解は?

診察されているゴールデンレトリバー

動物看護師に認められていない行為は、【C】レントゲン撮影でした!
現在は、民間が認定した動物看護師が医療行為以外の様々な仕事に従事しています。今後は「愛玩動物看護師法」に基づく国家資格の認定が予定されており、海外のように更に仕事の範囲が広がることも予想されるようです。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.08.22

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • すがはら よしえ
  • ドッグライター
  • 小学生の頃からイングリッシュセッター、キャバリアと過ごしてきました。現在は、クイズ番組好きの楽しい家族(夫、息子、娘+ブレンハイム)と解答を競い合っています。