magazine

犬 資格 仕事 職業 クイズ ブリーダー
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.08.21

犬にまつわるお仕事クイズに挑戦しよう!

【犬にまつわる仕事クイズ】優良ブリーダーとそうでないブリーダーの見分け方は?

今回は犬にまつわるお仕事クイズです。ブリーダーは、犬の繁殖や販売をする人ですが、安易な気持ちでは務まらないとか!
次のうち、子犬を迎えるにあたり避けた方がいいブリーダーは?
【A】親犬の世話や体調管理がしっかりしている
【B】犬の生態や知識が豊富である
【C】流行の犬種ばかり繁殖している

#クイズ

すがはら よしえ/ドッグライター

ヒント【1】健康第一です

安産と言われる犬ですが、いつも健康で生まれてくるわけではありません。
親犬にも愛情をかけ世話をし清潔な環境を整えることで、丈夫な子犬が生まれてくるのですね。

ヒント【2】自信を持って育てています

先天性疾患や遺伝疾患など犬の知識を持ち、責任を持って繁殖しているブリーダーなら安心。
そのようなブリーダーは、事前に相談すれば実際に犬舎の見学も受け入れてくれるようです。

ヒント【3】お金儲け主義に注意!

残念なことに親犬を金儲けのための道具とみなし、人気の犬ばかりを繁殖させるパピーミルと呼ばれる業者もいるとか。
愛犬を迎えるなら、優良なブリーダーに出会いたいものです。

正解は?

子犬を大事そうに抱く人

子犬を迎える時に避けるべきブリーダーは、「【C】流行の犬種ばかり繁殖している」でした。
ブリーダーとしての信念を持って愛情をかけ犬を育てている人も多くいる中、悪質業者もいることは確かです。
動物取扱業の登録があり、しっかり個別販売契約を取り交わす優良ブリーダーを見分けたいですね。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.08.21

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • すがはら よしえ
  • ドッグライター
  • 小学生の頃からイングリッシュセッター、キャバリアと過ごしてきました。現在は、クイズ番組好きの楽しい家族(夫、息子、娘+ブレンハイム)と解答を競い合っています。