magazine

犬 雑学 クイズ 働く犬 活躍する犬 盲導犬クイールの一生
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.08.06

活躍する犬クイズに挑戦しよう!

【雑学クイズ】愛と絆の物語「盲導犬クイールの一生」から組み合わせの出題です

本を始めとし、ドラマや映画にもなった「盲導犬クイールの一生」。盲導犬誕生には、たくさんの人の力が必要になりますが、作品中の役割と人物名の組み合わせが一致しているものは次のうちどれでしょう。
【A】ブリーダー:仁井さん
【B】パピーウォーカー:多和田さん
【C】トレーナー:水戸さん
【D】オーナー:渡辺さん

#クイズ

鈴木 べる/ドッグライター

ヒント【1】繁殖ボランティアの役割

通常は「繁殖飼育ボランティア」が資質を持った犬を預かり繁殖させますが、作品ではブリーダーの〇〇さんが、自宅で生まれたコを盲導犬にしたいという思いを持ち、クイールが盲導犬の訓練を受けることになりました。

ヒント【2】パピーウォーカーの役割

パピーウォーカーとはいわば育ての親。盲導犬候補の子犬を預かって育てます。
作品で△△さんはクイールを盲導犬として育てただけではなく、引退してからも引き取ります。

ヒント【3】トレーナーの役割

盲導犬として訓練するのは盲導犬トレーナーの担当。
おっとりしていて盲導犬には向かないクイールを導き、オーナーさんのもとに送り出したのは××さんです。

正解は?

犬 雑学 クイズ 働く犬 活躍する犬 盲導犬クイールの一生

正解は、【D】オーナー:渡辺さんが正しい組み合わせでした!
作品の中では水戸さんがブリーダー、仁井さんがパピーウォーカー、多和田さんがトレーナーでした。オーナーの渡辺さんはまさかの犬嫌い。そんな二人が心を通わせる過程が丁寧に描かれています。
盲導犬という存在を、深く理解することも出来る作品です。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.08.06

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 鈴木 べる
  • ドッグライター
  • わんこからは仲間だと思われ、人様からはビーグルに似てると言われる人間です。いつか犬になるのが夢。もっとわんこのことを知りたい!という想いでクイズを出していきます。