magazine

ビションフリーゼのココメロ
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.08.15

ビションフリーゼ【ココメロ】と暮らす、ほのぼのブログ

手作りご飯に変えてみたらココメロに嬉しい変化が!

ココメロは、子犬の頃から一年ほど手作りご飯を与えていたのですが、色々あって現在はカリカリごはんを与えていました。しかし、一向に痩せないことから、6月からダイエット目的で手作りご飯に再度切り替えをしてみました。

すると体重の変化はあまりないものの、それ以上に嬉しい変化がみられたのです!今回は、手作りご飯をカリカリに変えた経緯から、手作りご飯に再度変えたことでみられたココメロの嬉しい変化についてご紹介していきます。

#ココメロ日記 / #ビションフリーゼ

関 ゆりな/ドッグライター

手作りごはんをやめたわけ

真っ白でふわふわなビションフリーゼのココメロの顔のアップ

ココメロは、生後半年頃から一年ほどは毎食手作りごはんを与えていました。ココメロがとても喜んで食べてくれていたので、毎日頑張って作っていたのですが、少し体調に気になる点が出ていたんですね。

お腹の部分によく湿疹が出たり、粘膜便が2ヶ月に一度ほど出ていたのがずっと気がかりでした。何か栄養素が足りてないんじゃないか、アレルギーがあるんじゃないかと悩んでいた時に、キシリトールガムの誤飲疑惑事件が起こって、かかりつけではない病院に行くことになったのです。

獣医さんの言葉

結局キシリトールガムは誤飲しておらず、体調にも変化はなくて安心したのですが、初診だったせいか獣医さんから色々と質問を受けました。手作りご飯をあげていると言うと「手作りは初心者には良くない、今すぐやめるべき」「獣医師監修のレシピ本だって疑った方がいい」など、すごい圧で話しだして…。

手作りごはんに賛否両論があるのは知っていましたが、かかりつけの獣医さんには食材に気をつければ大丈夫と言われていたから、面食らってしまったんですね。

それからもすごい長いこと一方的に「手作りご飯は悪」と語られていて、怖くてそそくさと帰ったのですが、帰宅してからも先生の話が頭から離れなくなってしまったんです。

カリカリに変えると治った粘膜便

家族からは気にすることないと言われましたが、今までの湿疹や粘膜便はやはりご飯に問題があるのかもしれないと、実験的にカリカリに変えてみることにしました。 するとお腹の湿疹は変わらずちょこちょこと出るものの、粘膜便はそれから一度もしなくなりました。

今考えると当時の手作りご飯のタンパク質に、鶏肉と豚肉、馬肉、魚をローテーションして与えていたのですが、鶏肉と豚肉にアレルギーがあったのかもしれません。このふたつがタンパク質源のカリカリを与えると涙やけがとても酷くなったので…。

そんなこんなあって、長いことカリカリを食べていたココメロだったのですが、今回ダイエットのために手作りご飯を再スタートすることにしました!

ダイエットのために手作りごはん再開!

ビションフリーゼのココメロ

ブログで何度も書いているダイエット日記。痩せるどころかどんどん増えて、今では10.5kgに。
夏になると散歩時間が減ってさらに体重が増えることが懸念される中、全くダイエットがうまくいかず…。おやつは与えてないし、ご飯もギリギリまで減らしているのにもうどうしたら…と考えていた時に昔の写真を見返していたら、スリムなココメロの姿が!手作りごはんの時は、8kgとかだったので今と比べるとかなりスリムですよね。笑

この記事もチェック!

ダイエットの最終手段

手作りごはんだと量は増えてもヘルシーになるのでダイエットにもいいし、何よりココメロが喜んで食べてくれるかなと思いました。なので、ダイエットの最終手段として6月から手作りご飯を再スタート。

今回は、アレルギー疑惑の鶏肉と豚肉は与えずに、馬肉、鹿肉、牛肉、魚でローテーションしています。そのおかげなのか、粘膜便をすることがなく無事に2ヶ月が経ちました。

手作りご飯にして変化したところ

スヤスヤ眠るビションフリーゼ

カリカリだと好き嫌いが酷くて、食べてくれないフードがほとんどだったのですが、手作りご飯だと毎食残さず食べてくれます。

カリカリ時代はご飯の時間になっても起きてこず、お昼までご飯を食べないことも多々ありましたが、今は朝はお腹すいたよって起こしに来て、夜ご飯もピーピー言いながら催促しにきます。
本来は食いしん坊だったココメロが、ご飯を楽しみにしていることがすごく伝わってきて、嬉しかったです。

活発になった!

そして、一番の変化はココメロが活発的になり、体力が増えたこと!

他のブログでも書いていますが、ココメロは家の中ではほとんど遊ばず、ずっと寝てばかりのおじいちゃんみたいな生活スタイルだったんですね。それが手作りごはんに変えてから、遊ぼうとぬいぐるみを持ってきたり、ボールを持ってきたりと自発的に遊ぶようになったのです!

お散歩に行った日も前なら疲れてすぐ寝ちゃっていたのが、ご飯を食べると復活して遊びだしたり、目に見えて元気になったと感じています。

散歩で抱っこを要求しなくなった

ビションフリーゼのココメロ

おうちの中だけでなく、お散歩中にも嬉しい変化が!カリカリ時代は、よく後半になると疲れて歩かなくなり、抱っこで帰宅することも多くありました。ところが手作りご飯を食べるようになってからは、抱っこを要求しなくなったんです!

季節的に暑いですし、やはり後半はバテて亀かな?ってくらい歩くスピードが落ちて、立ち止まることはあるんですが、抱っこする?と聞いてもノソノソと最後まで歩いてくれます。これには本当にびっくりしました!

カリカリだとカロリーも脂質も手作りごはんより高いので、ダイエットするためには量を減らしていたし、もしかしたらエネルギー不足だったのかも…。
夏は抱っこすると暑いし、かなり重かったので、私的には一番嬉しい変化です!笑

肝心の体重はというと…

ダイエット目的で始めた手作りごはん。
しかし・・・、体重は一向に減りません!笑

カリカリよりも水分量があったりして、重さもあるのでしばらくしたら減るかなぁと呑気考えていたけど、待てど待てど減らない!

梅雨があけてから気温が37度とか猛暑の日が多く、長めのお散歩にいけないことも原因なのかもしれません。これ以上増えたら本当に足腰に負担がかかりそうなので、痩せなくても増やさないようにしないと…。

結果オーライかな?

飼い主を見つめるビションフリーゼのココメロ

ダイエットの成果はまだ出ていませんが、手作りごはんにしたことで体力が増えたのは嬉しい変化です。元気なのが一番ですからね!
ご飯をまた楽しみにしてくれているのもとても嬉しくて、栄養バランスに気をつけつつ、これからはずっと手作りご飯を続けていこうと決意しました。ペット栄養学の勉強もがんばるぞ!

  • 更新日:

    2021.08.15

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロとのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。