magazine

森の中の岩の上に立つ白t茶色の犬
犬種図鑑
鉛筆アイコン

2021.07.25

山に強い犬の基準とは?登山におすすめの犬種6選も紹介

近年のアウトドアブームにより、「登山が趣味だから、山に強い犬を飼いたい」という方が年々増えています。しかし、「山に強い犬種ってどう見分けたらいいの?」という疑問も同時に持たれているのではないでしょうか。
本記事では、山に強い犬を探すときに注目すべきポイントと、実際に山に強いであろう犬種を6種類紹介していきます。犬と一緒に登山を楽しみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

文:後藤 俊/ライター

山に強い犬の基準とは?

がれきの中を捜索する茶色い災害救助犬

身体的な面で山に強い犬種かどうかを判断する場合、災害救助犬に採用されているかどうかを基準にするのがいいでしょう。

災害救助犬の採用基準に犬種の規定はありませんが、足場の悪い場所でも動き回れる身体能力は、採用基準の要素として加味されています。

また、人間と上手くコミュニケーションがとれる犬種かどうかも大切です。

しつけを覚えやすい犬種がおすすめ

愛犬と登山をする場合は、他の登山客に迷惑をかけないように、最低限のしつけを覚えさせておく必要があります。

・呼び戻し
・リーダーウォーク
・吠え癖を直す

これらの基本的なしつけをしっかり覚えることができる、比較的賢い犬種が山にも強いといえるでしょう。

人に対して攻撃的でない性格が登山向き

登山道は道幅が狭いことも多く、他の登山客との接触が増えやすい環境にあります。その際に、興奮しやすい性格の犬種では、他の登山客にケガをさせてしまう危険性が考えられます。

したがって、人慣れしており、性格も落ち着いた犬種が山に強いといえるでしょう。

この記事もチェック!

山に強い中・大型犬3選

青空の下山の中に佇む白黒のボーダーコリー犬

中・大型犬の中で、山に強い犬種を紹介します。日本で飼育しやすい犬種に絞ったので、ぜひ参考にしてみてください。

ジャーマン・シェパード

草むらの中に佇む茶色いジャーマン・シェパード犬

日本では警察犬としても活躍するジャーマン・シェパード。ドイツの山岳地方で牧羊犬として働いていたルーツを持つことからも、足場の悪い山に強い犬種です。

筋肉がしっかり発達しており、長時間の歩行にも耐える体力があります。性格は大人しく、人間とも落ち着いたコミュニケーションがとれます。頭も良いので、比較的しつけがしやすい犬種でしょう。

レトリーバー系

緑色の草むらの中でくつろぐ金色のゴールデンレトリバー犬

ゴールデンやラブラドールといった、レトリーバー系も山に強い犬種です。狩猟犬として働いていた歴史があり、過酷な環境の中でも動き回れるタフさがあります。

水に強い性質を持つことから、天気の変わりやすい山でも安心して歩くことができるでしょう。

運動が好きなので、体力の心配もいりません。性格は大人しく、子供や他の動物に対しても凶暴になることが少ないです。現在では盲導犬や警察犬としても活躍しています。

ボーダー・コリー

河原の緑色の苔の上で伏せをする白黒のボーダーコリー犬

牧羊犬としての歴史を持つボーダー・コリーも、山に強い犬種といえるでしょう。重労働に耐える体力と優れた俊敏さで、犬の競技大会でも人気の高い犬種です。したがって、足場の悪い山でも器用に歩くことができるでしょう。

主人に対して従順な性格であることから、しつけがしやすく、人間に慣れやすいのが特徴です。攻撃的になることも少ないので、他の登山客とのトラブルも起き辛いでしょう。

この記事もチェック!

山に強い小型犬

原っぱを駆け回ってジャンプする白茶のジャックラッセルテリア犬

最後に、小型犬の中で山に強い犬種を紹介します。日本で人気のある犬種に絞ったので、ぜひ参考にしてみてください。

柴犬

シロツメクサの上に立つ緑色のリードをつけた茶色い柴犬

日本の天然記念物でもある柴犬。山岳地帯で猟犬として活躍していた歴史を持つことから、山に強い犬種です。体は小さいものの、筋肉がしっかりと発達しており、足場の悪い環境でも機敏に動くことができます。

性格は我慢強く、過酷な環境に耐える精神力と体力があります。頭が良く、比較的しつけもしやすいでしょう。警戒心が強い面もあるので、山に連れて行く際には、主人以外の人間にも慣れさせておくことが大切です。

ダックスフンド

草むらの中で何かを見つめる茶色いダックスフンド犬

現在では家庭犬としての人気のダックスフンドですが、実はアナグマ猟のために生み出された犬種です。地上での狩猟を得意としていたことからも、山に強い犬種だといえるでしょう。

しかし、胴が長いことにより腰を損傷しやすいので、高い場所から飛び降りる必要があるような登山には向きません。あくまで、歩行のみの登山向きです。

性格は明るく、人間とのコミュニケーションも上手くとることができる犬種です。

ジャック・ラッセル・テリア

草むらの中に佇む可愛いジャックラッセルテリア犬

キツネの狩猟を得意としたフォックス・テリアの血統を受け継ぐジャック・ラッセル・テリア。山や森で狩猟犬として活躍していたことからも、山に強い犬種といえるでしょう。

とても活発な性格で、足場の悪い山道でもぐんぐん進みたがる積極性があります。知らない人間に対して警戒心が強いので、山に連れて行く際には、噛み癖や吠え癖を直しておく必要があります。

この記事もチェック!

山に強い犬でも無理をさせるのは禁物

山に強い犬

山に強い犬種を紹介してきましたが、人間でも苦労するような登山に連れて行くのはおすすめしません。足場が悪すぎる環境では、肉球が傷ついたり、足腰をケガする可能性があるからです。

それさえ注意できば、山に強い犬を飼うことで、今までの登山がさらに楽しくなること間違いなしです。今回の記事を参考にしていただき、新たなパートナーとして、山に強い犬をお迎えしてみてはいかがでしょうか。

  • 更新日:

    2021.07.25

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 後藤 俊
  • ライター
  • コリーとコーギーのいる家庭で育ち、愛犬たちがいる暮らしが当たり前に。一緒に過ごす時間を増やすためにも、犬に関する知識を学び始めました。愛犬との絆を深めるために必要な、正しい情報の発信を目指します。