magazine

ペキニーズ
犬種図鑑
鉛筆アイコン

2021.07.18

犬種クイズに挑戦しよう!

【犬種クイズ】かつては神聖とされ、宮廷だけで飼われていた誉れ高き犬とは?

今回の犬種当てクイズは、中国原産の小型犬です。かつては中国の宮廷でのみ飼育されていたこの犬種、特徴的な外見がとてもキュート!のんびり屋で吠えにくいコが多く、比較的飼いやすいと言われています。
マイペースで自由気ままな猫の様な一面もあり、そこに萌える飼い主さんも多いんだとか。さて、このコは一体誰でしょう?

#クイズ

桐島 えみ/ドッグライター

ヒント【1】獅子みたいな犬?

仏教やチベット仏教には、獅子というライオンに似た空想動物がいます。この犬種は、獅子に似る様に改良されました。
皇帝に献上されると、歴代の皇帝・皇族はこの犬種を神聖視し、宮廷以外での飼育を一切禁止したそう。

ヒント【2】猫みたいな犬?

マイペースで少し頑固な性格は犬なのに猫っぽいと称されることもしばしば。もちろん個体差はありますが、依存性が少なく独立心が強めの性格で、一人遊びも得意です。
けれど決して不愛想ではなく、飼い主には良く懐き甘えてくれる素直さを持っています。

ヒント【3】ふわふわ被毛と鼻ぺちゃの、可愛い犬!

個体によって様々な色を持つ、ふわっふわのダブルコートを持っています。
被毛に隠れた体はがっしりとしており、そこから伸びる短い脚で体を左右に振って歩きます。「ぽてぽて」といった擬音がピッタリの愛らしい姿ですよ。

正解は?

ペキニーズ

正解はペキニーズでした!

短頭種好きには特に人気が高く、日本でも飼育頭数が多い犬種です。実はベタベタ構われ過ぎるのが苦手なコも多かったりします。
心地良い距離感で、時に甘え・甘やかされ、クリクリの瞳と見つめあい、仕草に癒され……生活に潤いを与えてくれるパートナーといえそうです。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.07.18

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 桐島 えみ
  • ドッグライター
  • かつてゴールデンレトリバーと暮らし、大型犬の愛らしさに撃ち抜かれたライターです。犬好きの皆さんがチャレンジしたくなるクイズを発信していきたいと思います。記事を通し、ほっと一息ついてもらえたら幸いです。