magazine

盲導犬 オリバー
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.07.29

活躍する犬クイズに挑戦しよう!

●●犬オリバーとパピーウォーカーのお話に涙。●●に入る言葉は何?

「●●犬 オリバー」のお話は本やテレビでも紹介されたことがあります。比較的有名で感動的な出来事なので、ご存知の方もいるのではないでしょうか?そこで問題です。このオリバーは何犬でしょう?正しい選択肢を一つ選んでくださいね。ヒント欄ではエピソードをご紹介します。
【A】盲導犬
【B】介助犬
【C】聴導犬
【D】愛玩犬

#クイズ

桐島 えみ/ドッグライター

ヒント【1】パピーウォーカーの仕事

まだ仔犬だったオリバーを預かったのは、パピーウォーカーの佐藤さん親子でした。
佐藤さんは約10ヶ月後にはオリバーを訓練施設へ送り出さなければならないことを理解したうえで、オリバーを愛情いっぱいに育てました。

ヒント【2】オリバーの仕事

訓練施設でオリバーは厳しい訓練を乗り越え、見事●●犬となりました。
オリバーは、オーナーとなった菊池さんの目となり働き、約10年間支え続けました。
ついにオリバーは引退の時を迎えます。
本来ならば老犬ホームへ行くはずでしたが・・・?

ヒント【3】パピーウォーカーとの再会

様々な幸運に恵まれ、オリバーは引退後にパピーウォーカー佐藤さんの元へと引き取られることになりました。
オリバーは10年前の佐藤さん親子を覚えていて……
というのが、オリバーのざっくりとしたエピソードです。
さて、ヒントは見つかりましたか?

正解は?

盲導犬 オリバー

正解は【A】盲導犬、でした。

盲導犬とは、視覚に障害のある人をサポートする犬です。
家族同然の仔犬を訓練所へと送り出す寂しさ。
盲導犬として立派に務めを果たす頼もしさ。
本来会えないままのはずだった、パピーウォーカーとの再会とその喜び。
思わず目頭が熱くなってしまうエピソードの詳細をチェックしてみましょう!

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.07.29

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 桐島 えみ
  • ドッグライター
  • かつてゴールデンレトリバーと暮らし、大型犬の愛らしさに撃ち抜かれたライターです。犬好きの皆さんがチャレンジしたくなるクイズを発信していきたいと思います。記事を通し、ほっと一息ついてもらえたら幸いです。