magazine

水難救助犬
犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.07.27

活躍する犬クイズに挑戦しよう!

【クイズ】水辺のガーディアン!水難救助犬のお仕事を知っていますか?

海外では、ライフガードと共にビーチで待機していることもある水難救助犬。海辺や川など水辺の事故にいち早く気付き、救助するのが任務です。そんな水難救助犬ですが、具体的にはどんなことができるのでしょうか?以下の選択肢から「不適当なもの」を一つ選んでください。

【A】大きな救命具も運べる
【B】要救助者の衣服を引っ張って泳げる
【C】視界の悪い水中でも潜って捜索できる
【D】要救助者に乗り上げて心臓マッサージができる

#クイズ

桐島 えみ/ドッグライター

ヒント【1】要救助者に浮き輪やロープを運んで連れ戻るのが基本

水難救助犬は、一刻も早く溺れている人を助けるのが使命です。
波や潮の流れのある海で、大きな救命具を持って泳ぐのは人間でも大変です。
しかし、水難救助犬はそれを口に咥えて、一生懸命に要救助者のところまで泳ぐのです。

ヒント【2】事故はいつ起こるか分からない!

咄嗟の現場に居合わせたときなどは、救命具がないことも。
そんな時、水難救助犬は要救助者の衣類を引っ張ったり、自身を掴ませて岸まで泳ぎます。
自由に動かせない体で重いものを引いて泳ぐのは、簡単なことではありませんよね。

ヒント【3】気を失っている人は沈んでいることも……

水難救助犬は、水中に潜って要救助者を捜索することもあります。
しかし、「プールの様に水が綺麗に透き通り、流れが穏やかな環境」が現場となることはほとんどありません。
塩水や泥水、流れの速さなど様々な要因が絡む過酷な環境での捜索となります。

正解は?

訓練をする水難救助犬

不適当な選択肢は【D】要救助者に乗り上げて心臓マッサージができる、でした。

水難救助犬の仕事は、水辺で溺れていたり遭難している人の救出(回収)です。
岸に引き上げた後の救護は、人間の仕事ですね。
人間よりも素早く要救助者に辿り着き、パワフルに泳ぐその姿は、まさにガーディアン。
頼もしい、水辺の守護神と言えますね。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.07.27

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 桐島 えみ
  • ドッグライター
  • かつてゴールデンレトリバーと暮らし、大型犬の愛らしさに撃ち抜かれたライターです。犬好きの皆さんがチャレンジしたくなるクイズを発信していきたいと思います。記事を通し、ほっと一息ついてもらえたら幸いです。