magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの
鉛筆アイコン

2021.07.23

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ【第2部】|vol.11

パートナーに優しいレシピ|犬に気持ちを伝える話し方

もしも愛犬が飼い主の言うことを聞かないとしたら、それは「本気で言ってないからわかんないよ」という、犬からのサインなのかもしれません。
今日は、犬がどれだけ気持ちを伝える力があるか、そしてどれだけ人間の言葉や表情を読み取ることができるかを通して、愛犬に気持ちが伝わる話し方を考えてみたいと思います。

#パートナーに優しいレシピ

さの さえこ/ドッグライター

散歩中に集まる犬たちの訴えと言葉の理解

犬 手作り食 レシピ

うちのコが散歩を始めた頃から一緒に遊んでいる犬たちに会うと、自分の犬ではなくても気持ちが伝わってくることがあります。いつも同じ行動なのでわかりやすいのです。犬は自分の気持ちの伝え方に統一感があり、一度決めた伝え方をずっと繰り返すのではないかと思います。

目で訴える犬と言葉で伝えようとする犬

犬友達の子の気持ちが理解できる場面は、こんな時です。

犬の気持ちが伝わる時

  • おやつが欲しい時
  • 水を飲みたい時
  • 挨拶してくれる時
  • 報告や文句?!

おやつが欲しい時

犬はおやつをくれる人をちゃんと覚えています。公園で探し回る子もいるほどです。
だからおやつをくれそうな人を見つけると、絶対に視界に入るど真ん中に陣取り、これ以上ないというくらいに目を輝かせて見上げます。

でも犬って「はい、おしまい」の言葉も理解できるんですよね。その言葉を聞いた途端、みんな蜘蛛の子を散らしたように離れて行きます。もうその人に用はないのです。
あまりのドライな対応に、おやつをもらっている犬の飼い主が気まずさを感じることもある瞬間です(笑)

水を飲みたい時

馴染みの犬たちが集まる時、私は犬たちから給水係と認識されています。だから喉が渇くと、犬たちが「水ちょうだい」と目で訴えながら近づいてきます。
水の時はおやつをねだる時のような目の輝きはなく、真顔で私の顔か水入れを見つめてくるのでわかりやすいです。

挨拶してくれる時

「会えてうれしいよ」と、笑顔で近づいてくれる犬もいます。
犬は人間の表情を観察しているところがあるそうです。その子はきっと、自分に向けられた好意的な表情(笑顔)を真似しているのでしょう。
会った瞬間にパッと輝く笑顔は、見ているこちらも幸せな気持ちになります。

報告や文句?!

うちのコの友達の中には、会うと「グーグー」という感じで話しかけてくれる犬がいます。朝会った時に話しかけられることが多いので、「昨日こんなことがあったんだよ」と報告を受けている気持ちになります。

また、うちのコがはしゃいでなかなかつかまらない時に「ちょっとアンタ、少しゆっくり動きなさいよ、アタシがつかまえられないでしょ!」と言っているような言葉らしきものを発する犬もいます。

人間の会話を聞いているうちに、犬も自分の気持ちを言葉で伝えたいと考えるようになるのかもしれません。きっと彼らも話したいことがたくさんあるのでしょうね。

飼い主たちの本気を理解する「帰ろうか」

犬 手作り食 レシピ

犬たちは、人間の冗談と本気を聞き分けていると実感した体験があります。
これは仲良しの犬たちが集まった時だけに起こる現象です。

冗談の「帰ろうか」には全く反応しない

うちのコを含め、みんな5、6歳になってきたせいか、せっかく公園に集まってもお尻を向けて知らんぷりしていることもしばしば。
そんな時、私たちは冗談で「帰ろうかなぁ」と言いながら立ち上がることがらあります。「帰る」というフレーズに犬たちが反応して遊び始めることがあるのです。
しかしこの時、犬はどの子も無関心です。立ち上がろうともしません。チラリと視線を向ける子はいても、すぐに視線を戻してしまいます。
私たちが冗談で「帰ろう」と言っているのを見抜いているのです。

本気の「帰る」には即座に反応して遊ぶ

やがてダラダラとしているうちに1時間以上が経過し、私たちも(そろそろ帰ろうかな)とお開きムードが漂います。そんな時誰かが無意識に「帰ろうか」とつぶやいた途端、犬たちはその言葉に即座に反応し、突然遊び始めます。「まずい!遊ばなきゃ!」と言わんばかりに激しくじゃれあい始めるのです。
それからは、公園から出て別れる直前まで、遊んでは歩き、歩いては遊んでの繰り返しです。

これは昔から遊んでいる犬たちが揃うと必ず起こります。犬が同じフレーズでも、人間の本気と冗談を聞き分ける力があることを、私たちはここで学びました。

動物行動学者の実験で証明されていた事実

犬 手作り食 レシピ

実は、私たちが公園で体験しながら感じてきた犬の能力は、すでに海外の実験で証明されていたことでした。

人間の発する言葉だけでなく、その時に人間がどんな気持ちでその言葉を口にしているかということを、犬たちは理解しています。それを証明したハンガリーの実験結果をご紹介します。

脳の左半球と右半球で言葉に反応していた

ハンガリーの動物行動学者、アッティラ・アンディクス氏を中心とした実験 では、実験のために特別な訓練を受けた13匹の犬たちに、言葉やイントネーションを変えながら4パターンの人間の声を聞かせました。

その結果、犬は脳の左半球で言葉を、そして右半球でイントネーションを感じていることがわかりました。

褒め言葉を賞賛の口調で聞くことが大切

この実験で導き出された答えは、「褒め言葉を賞賛の口調で聞くこと」が犬の報酬領域を活性化させる重要なポイントであるということでした。

犬は飼い主が本気で褒めた時にだけ反応する、つまり、本気でない時の口調を理解しているのです。

ダメと褒めると無視を使い分ける必要性

犬 手作り食 レシピ

犬が自分の意思を伝え、人間の気持ちを理解できる力を持つならば、私たち飼い主も愛犬に気持ちを正確に伝えなければいけませんね。

私は、本気の「ダメ」、本気の「褒める」、そして「無視」の大切さを獣医さんたちから教えていただきました。

本気の「ダメ」と本気の「褒める」

「ダメ」と「褒める」は、私たち飼い主が「絶対にやめさせる」「本当にこの子はすばらしい」という、真剣な気持ちに乗せて発せられることが必要です。

かじってはいけないもの、上ったら危険な場所、拾い食いなど、やってほしくない行為に対しては「ダメ!」と、本気で伝えます。
逆に、おすわりや待てなど、要求したコマンドが実行できた時は「えらいね!すごいね!」と、本気で伝えます。

そして、言葉と意味をリンクさせるためには決まったフレーズを使うことも大切です。犬たちが訴える時にいつも同じ行動であるように、人間も同じ言動で伝える必要があるのだろうと思います。

トイレのしつけには「無視」も必要

これは私も苦戦したのですが、室内のトイレトレーニングでは、「ダメ」の意味の取り違えに注意が必要です。

飼い主は「ここではオシッコしないで」のつもりで「ダメ」と言うのですが、犬には「オシッコしたらダメ」と受け取られることがほとんどです。
この場合、犬は室内で排泄ことがダメなのだと学んでしまい、外でしか排泄しなくなってしまいます。

室内でトイレを外した時は「無言で無視」しながら、愛犬の見えないところで処理し、成功した時だけ思いっきり褒めるという方法でトレーニングしてくださいと獣医さんから教わりました。

本気で伝えることが犬に伝わる話し方

犬 手作り食 レシピ

私は、自分が今伝えたい気持ちを、本気で、そして全力で伝えることが、犬に気持ちが伝わる話し方なのではないかと思います。
「本気」「全力」は、ためらいや遠慮、迷いを持たず、気持ちをひとつに集中することです。

犬たちは、自分の意思を体と顔で一生懸命に伝えてきます。だからきっと、人間も同じ表現方法にすることが必要なのだと思いました。

  • 更新日:

    2021.07.23

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。