magazine

草むらでこちらを見上げる犬
食べもの
鉛筆アイコン

2021.07.04

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ【第2部】|vol.5

パートナーに優しいレシピ|犬の肝機能を守るための生活と食べ物

春の血液検査で、うちのコは肝臓に関係する数値が少し高めと診断されました。
正常範囲内の上限をわずかに上回る程度なので問題はないようなのですが、肝臓は大切にしたい臓器のひとつです。自己回復力のある臓器なので、気をつけて生活することで薬に頼らなければならなくなる前に改善させることができます。

肝機能をいたわるための生活や食べ物について考えてみたいと思います。

#パートナーに優しいレシピ

さの さえこ/ドッグライター

肝臓は体の中の工場・配送・貯蔵庫

リードを付けてお散歩中の犬

肝臓は、犬が食べたものを仕分けたり、吸収しやすい形にして全身に送り出したり、いざというときのために栄養をストックしたりと、1つの臓器で大切な役割をいくつも持っています。 この機能に異常をきたした時、犬の体にはいくつかの変化があらわれます。

肝臓の主なはたらき

  • 胃や腸から届いた栄養素を必要な場所に適した形に作り替えて届ける
  • 体に入った有毒物質を無毒化する
  • ブドウ糖を蓄えエネルギーが必要な時に取り出す
  • 血液凝固のための因子を作る
  • 消化をサポートするための胆汁を作る

肝臓の具合が悪い時の見分け方は難しい

一般的には、肝臓にトラブルがある時、こんな症状が見られることがあるようです。

肝臓の具合が悪い時の症状

  • 嘔吐や下痢
  • 食欲不振
  • 多飲多尿
  • 黄疸

すべての症状が出るわけではない

多飲多尿は、経験者の方に聞くと四六時中、水を飲んでオシッコをするそうです。
黄疸で一番わかりやすいのは歯茎の色で、ピンク色から黄色っぽい色に変わるようです。

しかし嘔吐や下痢、食欲不振は肝臓に関係なく出ることがある症状ですよね。そしてすべての症状が一度に出るとは限らないので、飼い主である私たちがすぐに「肝臓がおかしい」と気づくのはとても難しいことだと言えます。

病気か一時的な異常かでも症状は変わる

私がフェレットと暮らしていた時の経験ですが、ある薬を飲ませると肝臓の数値が一気に跳ね上がる子がいました。
数値が上がっている間は動きが明らかに悪くなり、だるそうにしていました。 動きが悪くなることで食欲もなかったような記憶があります。でも多飲多尿や嘔吐、下痢、黄疸はなく、薬をやめるとすぐに数値は下がり、元気になりました。

肝臓の数値が一時的に跳ね上がることと、肝臓自体が何かしらの病気にかかることとは、少しあらわれる症状に違いがあるのかもしれません。問題の解決には、獣医さんの診断が欠かせません。

肝臓に良い犬の暮らし方|1.良い筋肉を作る

黄色い服を着てサッカーボールを抱える犬

肝臓が悪化する主な原因はウィルスだとされてきましたが、今は肥満や筋肉の減少による脂肪肝が問題になってきているそうです。
肝臓に限らずどの臓器も、正常な機能を維持するために、体の各部位と連携していくことが必要なんですね。脂肪肝を防止するには、良質な筋肉を作ってあげることが一番効果的な方法です。

肝臓に脂肪が付着しない健康管理を

摂りすぎた脂質や糖質は、中性脂肪になって体に蓄えられます。こうして徐々に肝臓に中性脂肪が溜まり、さらに肥満になることによって肝臓のはたらきが悪くなってきます。

私は週に一度はうちのコの体重を計るようにしています。1kg太ってから慌ててフードやおやつを極端に減らすよりは、100g増えたところで少し食べ物に注意する方が、うちのコのストレスも減らせるし早いうちにベスト体重に戻すことができます。
うちのコのような小型犬は500g太ると体への負担が大きくなります。小まめな管理を心がけたいです。

良い筋肉を作り代謝を上げる生活を

筋肉は脂肪よりもエネルギーを必要とします。
同じ体重の場合、体脂肪率が高い犬よりも、低い犬の方が必要エネルギーが多くなるので太りにくい体になります。

筋肉は脂肪よりも少し重たいので、体重だけを気にして食べ物を減らしていくと筋肉も落ちてしまいます。体の引き締めのために運動量を増やした方が、代謝も上がり健康的な体作りをすることができそうです。
ただし、ヘトヘトになるまで連れ回すのはストレスになって逆効果なので、私はとにかく毎日朝晩外に出ることを日課にしています。

肝臓に良い犬の暮らし方|2.口腔内の健康管理

口を開けている犬

口の中にも良い菌と悪い菌が存在します。
口の中が清潔に保たれていない時、悪い菌が出血した歯茎から血管を通って肝臓に入ってしまい、肝臓がダメージを受けることもあるそうです。
犬は色々なものをくわえるので、口の中もきれいな状態にしていられる管理が必要ですね。

がんばりすぎないデンタルケアを目指す

犬は飼い主が「口の中をきちんときれいにするぞ!」と意気込んでいる様子を感じると、「こわいな」と感じて嫌がってしまいます。 私も以前に歯磨きをしようとする自分の顔をたまたま鏡で見た時、けっこう怖い顔をしていて驚いたことがあります。
それからはうちのコが怖がらないように、気楽に笑顔で歯磨きをするように気をつけています。

簡単にできるグッズやおやつの利用も

リラックスできる環境作りとあわせて、歯磨きを簡単にできるグッズや、歯磨き後に楽しみ(おやつ)をあげることも試してみました。

歯ブラシがうまくできなかったので歯磨きシートにペーストをつけて磨いたり、歯磨きの後に歯磨きガムをあげたりすることで、徐々に毎晩歯磨きができるようになりました。

肝臓に良い犬の暮らし方|3.食べ物の改善

食べ物をもらう犬

肝臓が大きな影響を受けるのは、やはり食べ物ではないかと思います。
犬の肝臓に負担が大きいものを与えないようにすること、そして肝臓が喜ぶものを食べさせてあげるようにしたいと思いました。

人工的な化学物質を犬はあまり解毒できない

肝臓の機能のひとつに、体にとって有害な物質を解毒するというものがありますが、犬と人間ではその能力に大きな差があるそうです。
おやつやフードの添加物や保存料、合成着色料などは、人間なら肝臓で十分に解毒できるのですが、犬では解毒能力が追いつかず、負担になってしまうことがあります。

発がんなどの問題以前に、人工的な化学物質は犬の体には負担の大きいものなのですね。

良質なタンパク質とオメガ3脂肪酸の摂取

良質なタンパク質とオメガ3脂肪酸は、肝臓が元気にはたらくことを助けてくれる栄養素です。
でも「良質な」の意味がわからなかったので、具体的に良質なものを探してみました。
普段のドッグフードのアクセントとして、またはおやつとして、食べ過ぎにならない程度に時々あげるようにしています。

アミノ酸バランスが優れたもの

良質なタンパク質は、犬の必須アミノ酸である「アルギニン、ヒスチジン、イソロイシン、バリン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、リジン、トリプトファン、フェニルアラニンをバランス良く含むもの」と考えると良さそうです。

具体的には、大豆、卵、牛肉、豚肉、鶏肉、魚が犬にとって有益な食べ物になります。

サーモン・マグロ・アマニ油

良質なオメガ3脂肪酸を摂ることができるのは、サーモンやマグロなどのフィッシュオイルが主流です。

でもうちのコはサーモンとの相性がイマイチなので、魚油は避けてアマニ油を時々あげるようにしています。アマニ油は亜麻の種子から取れるオイルですが、サラッとしてクセがなく、良質なオメガ3脂肪酸を含みます。うちのコはこのオイルが大好きなようです。

肝臓を休めフォローできる生活習慣を

お散歩バッグに入る犬

肝臓のはたらきをサポートするには、肥満解消と良い筋肉を作ること、口腔内の清潔さ、そして良質なタンパク質やオメガ3脂肪酸が大切な要素となります。

そして、犬がストレスなく、いつもご機嫌で過ごせることも必要です。

愛犬の心や体に無理のない健康的で質の良い生活を目指すことで、肝臓がひとりでがんばりすぎなくて済むような体内環境を整えてあげたいですね。

  • 更新日:

    2021.07.04

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。