magazine

お父さんとお父さんの服の中に入るチワワ
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.07.05

ブログ|南の島でチワワと古民家暮らし【第2部】|vol.19

ちび助ワンコと南の島で古民家暮らし|喧嘩の原因はえんちゃんのこと

子供の教育方針で喧嘩になる夫婦の話はよくありますが、ワンコの育て方にも同じようなことが言えるのかもしれません。人間とえんちゃんが、お互いストレスなく生活でき、健康で元気で暮らせるように最低限のルールが理解できたらそれで十分と思っているのですが、そんな若干甘めな我が家のルールも気にせず、ダンナさんは更に甘々にえんちゃんに接するので、私がプンッとすることも多いのです。

#チワワ / #南の島で古民家暮らし

日岡 賢子/ライター

えんちゃんの瞳に負けないで

顔の上に乗るチワワ

最近のえんちゃんは少々でぶっとしているようで、先日も病院の先生に「この分いらないよ〜」と脇腹をつままれてしまいました。

食事やオヤツの量も気をつけているのですが、もうちょっと。でも、この「もうちょっと」の弊害は、ダンナさんが食事中にえんちゃんにあげるお魚だと思っています。「半分の量にしよう」と提案しているのですが、えんちゃんのウルウルの瞳に弱いダンナさんは、なかなか提案を受け入れてくれません。

靴下で遊ばないで

靴下を咥えるチワワ

えんちゃんに限らずワンコあるあるなのかもしれませんが、えんちゃんは靴下や手袋が大好き。洗濯物を畳んでちょっと床に置いておいただけで、洗濯物の中から上手に靴下を見つけ出し、「引っ張りっこしよ〜」と嬉しそうに持ってきます。

こんな時、私は無視することにしているのですが、ダンナさんは、「待ってました!」とばかりにえんちゃんと遊び出します。なんなら、自分から靴下を差し出す時も・・・。

手で遊ぶのもイヤなんだけどな

お腹の上に乗って遊ぶチワワ

えんちゃんとダンナさんの遊び方はなかなか荒っぽく、ワンコが2匹でじゃれ合っているよう。

「遊ぼ〜」と寄ってきたえんちゃんをダンナさんは、両手でわちゃわちゃともみくちゃにします。えんちゃんは、その手から逃れたり飛び掛かったり、全身で体当たり。興奮しすぎて甘噛みが強くなることも。手に噛み付くことを覚えて欲しく無いので、手で遊ぶのは辞めて欲しいのですが、2匹とも楽しそうで、当分辞める気配はなさそうです。

ダンナさんなりの愛し方

毛布にくるまるチワワとお父さん

えんちゃんの得意技は、濡れた瞳の上目遣いと「くい〜んくい〜ん」の甘えた鳴き声。遊んでいる時のヤンチャな顔つきとは全然違い、特に食事中に繰り出されるその甘々のダブルビームにダンナさんはすぐにやられてしまいます。

荒っぽい遊びも「えんちゃんは賢いから、俺の手しか噛まない」と自信満々の親バカっぷり。ダンナさんなりにえんちゃんが楽しめるようにと思っているのでしょうが、たまには小言も言いたくなっちゃいます。

ホントは飼い主全員で方針を揃えた方がいいとは思っているのですが、なかなかそれが出来ない我が家です。

  • 更新日:

    2021.07.05

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 日岡 賢子
  • ライター
  • 長年勤めた仕事を辞めて、生まれ育った雪国から瀬戸内海に浮かぶ穏やかな島に移住して1年。甘えん坊でやんちゃなちびっこのえんちゃん(スムースチワワ・1歳)との島での暮らしを綴っていきます。