magazine

キッチンを眺める柴犬茶々
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.07.16

ブログ|柴犬茶々のオテンバ日記【第3部】|vol.14

柴犬茶々のオテンバ日記|果物大好き!気になる栄養素は?

どんな時にも食欲が旺盛な我が家の愛柴茶々ですが、特に果物については大好物です。
家族が果物好きということもありますが、果物特有の甘酸っぱい匂いを嗅いだだけで茶々はソワソワするほど。
そこで今回は茶々が大好きな果物の種類と、その栄養素について簡単にご紹介したいと思います。

#柴犬 / #柴犬茶々

明石 則実/動物ライター

夏場の水分補給にもピッタリ?「ミカン」

みかんの欠片を見つめる柴犬茶々

我が家でもっとも食べる頻度の高い果物といえば、やはりミカンですかね。昔は冬の果物というイメージだったのですが、今ではオールシーズン楽しめる食材となっていますよね。

酸っぱいのも気にしない?茶々もミカンが大好物

ミカンは時期や品種などによって、意外と当たりはずれがあるもの。いわゆる「酸っぱい」ことが多々あります。でも茶々の場合はさほど気にしていないみたいですね。
飼い主が食べてみて「これ酸っぱいよ!」とこぼしても、茶々は平然と食べてしまいます。犬には酸っぱさを感じる味覚があるはずですが、どうも茶々には平気のようです。

ミカンにはビタミンCと水分が豊富

ご存じのとおり、ミカンにはビタミンCが豊富に含まれています。とはいえ犬は体内でビタミンCを生成できるため、よほど不足していない限りはさほど摂取しなくても大丈夫のようです。
とはいえシニア犬や疾病を持つ犬はビタミンCが不足しがちになるため、積極的に摂取したほうが良いとも。
またミカンは水分が豊富な果物ですから、夏場の水分補給には有りですよね!

イチゴは与えすぎに要注意?

イチゴと柴犬茶々

イチゴも茶々が好きな果物です。写真では丸々1個が写っていますが、我が家では細かくして与えるようにしています。大きすぎると消化に良くないですし、ごく少量ながらキシリトールも含まれているからです。与える量も半個ほどにしています。
とはいえ含まれている栄養素は、ポリフェノールやペクチンなど抗酸化作用があるものが多く、細胞の老化を防いでくれるそうです。

リンゴを食べて元気いっぱい!

リンゴを食べる柴犬茶々

次にご紹介するのはリンゴです。薄くスライスして与えますが、シャクシャクと小気味よい音を立てて食べてくれます。
リンゴにはリンゴ酸やクエン酸が含まれていて、疲労回復に効果を発揮するとされています。我が家では特に散歩やドッグランなどで疲れて帰ってきた時に与えて、疲労回復効果を期待しています。

【番外編】茶々が大好きなオヤツ

サツマイモを見つめる柴犬茶々

これまでのブログでも、煮干しや犬用クッキーなど、茶々が好きなオヤツをご紹介しましたが、番外編として、たまにしか与えないオヤツをご紹介しちゃいます。

腸内環境もこれで改善?「焼き芋」

芋類は加熱さえすれば消化に良いですし、犬も好んで食べる食材です。特に焼き芋ですと甘くてホクホクですから、かなり食いつきが良くなるでしょう。
たまに茶々を連れて旅行へ行くと、サービスエリアや道の駅で焼き芋を購入し、ゆっくり食べるのが楽しみになっています。

焼き芋は何と言っても食物繊維がたっぷりですから、腸内環境の改善に役立ちます。下痢や便秘をしやすいワンちゃんにとって強い味方ではないでしょうか?

みんな大好き!CHAOチュール

チュールを食べる柴犬茶々

やはりとっておきのオヤツといえば、コレでしょう。CHAOチュールは猫用が有名ですが、しっかり犬用も販売されています。 一生懸命舐めている姿を見ると「猫も犬も変わらないんだなあ」としみじみ感じますね…。

アレルギーやNG食材には注意すること

毛布にくるまる柴犬茶々

人間が安心して食べられる食材とはいえ、犬にとってはアレルゲンになったり、食べてはいけない食べ物もあります。果物だとブドウやイチジクなどが該当しますよね。またアレルギーも犬の個体差によって違ってくるため、注意が必要です。
また、我が家の茶々はバナナを食べると嘔吐するため、果物によって合う合わないがあるのだと思います。そういった点を踏まえつつ、これからも茶々にはおいしい果物をほどよく楽しんで欲しいなぁと思います。

  • 更新日:

    2021.07.16

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 明石 則実
  • 動物ライター
  • フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。 愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。