magazine

1点を見つめる犬
健康管理 / 病気
鉛筆アイコン

2021.06.04

犬の血糖値の正常範囲は?血糖値が高い・低い場合に考えられる病気

愛犬の血糖値が正常な範囲よりも高い状態が続く、または極端に低い場合は、何かしらの病気であることが考えられます。血糖値は、健康のバロメーターとなる重要な数値なので、犬の血糖値の正常値と、血糖値が高い・低い場合に疑われる病気について知っておきましょう。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:新井 絵美子/動物ライター)

正常な犬の血糖値はどのくらい?

草原で舌を出しているビーグル

血糖値とは、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度のことを言います。フードに含まれる炭水化物は、体内で消化吸収されてブドウ糖に変わり血液の中に入ります。そのため、どんな犬でも食後は血糖値が上がり、お腹が空いている食前は血糖値が下がります。

犬の血糖値の正常範囲

正常な犬の血糖値は60~120mg/dl(デシリットル)くらいと言われています。動物病院で採血をして測定してもらえますが、簡易血糖測定器により自宅で測ることもできます。

犬の血糖値が高い場合に考えられる代表的な病気

飼い主を見つめる犬

血糖濃度は、上昇しても下がっても膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」や「グルカゴン」の働きにより、正常な範囲に保たれます。

そのため、もし血糖値が150~200mg/dl以上の高血糖値になっているような場合は、糖尿病であることが考えられます。

糖尿病

犬の血糖値が高い場合に疑われる代表的な病気には、糖尿病が挙げられます。糖尿病は、上昇した血糖値を下げるように調節するインスリンの分泌が足りない、もしくは正常に作用しないことにより、血液中の糖分が増えすぎてさまざまな症状を引き起こす病気です。

中~高齢になって発症することが多く、ミニチュアダックスフンド、トイプードル、ミニチュアシュナウザー、ゴールデンレトリバー、ジャーマンシェパードなどがかかりやすいと言われています。加えて、避妊をしていないメス犬も発症リスクが高いので注意が必要です。

主な症状

糖尿病になると、以下のような症状が見られます。また、症状が進行すると下痢や嘔吐、元気消失、食欲低下、脱水などの症状も見られます。

犬の糖尿病の代表的な症状

  • 多飲多尿
  • 異常な食欲
  • よく食べるのに体重が減る

予防法

栄養バランスのよい食事や適度な運動によって肥満を防ぐことが、予防につながります。また、メス犬の場合は、避妊手術をするをすることで発症リスクを下げられます。

犬の血糖値が低い場合に考えられる代表的な病気

ベッドで休憩中のトイプードル

犬の血糖値が低い場合に考えられる代表的な病気には、低血糖症が挙げられます。

低血糖症

低血糖症は、血糖値が極端に低くなることで引き起こる病気です。血糖値が60mg/dl未満に下がっている状態が低血糖ですが、血糖値が45mg/dl未満になってから症状が見られることも多いです。

主な症状

血液中のブドウ糖は、脳の働きに欠かせないエネルギー源なので、血液中のブドウ糖が不足すると脳が影響を受け、以下のような症状が見られます。

犬の低血糖症の代表的な症状

  • 元気消失
  • けいれん
  • 昏睡
  • 運動失調

原因

子犬の場合の原因は、長時間の空腹、身体の冷え、寄生虫やウイルス性の腸疾患、先天性疾患などです。

成犬の場合は、副腎皮質機能低下症やインスリンの過剰分泌(膵臓の腫瘍)、肝臓腫瘍、重度の感染症、糖尿病により血糖値のコントロールのために用いられるインスリンの過剰投与、キシリトールの誤食による中毒などが挙げられます。

予防法

子犬の場合は、1回あたりの食事量を減らして食事の回数を増やし、次の食事時間までの間隔を短くすることが予防になります。 成犬の低血糖症においては、まず原因となる疾患を特定して治療する必要があります。

定期的に犬の血糖値を測定しておこう!

笑顔の犬

愛犬の血糖値が正常な範囲より高い・低い場合は、何らかの病気が疑われるので、早めに動物病院を受診しましょう。特に低血糖症は、重症化すると意識障害などを引き起こすことがあるので注意が必要です。定期的に愛犬の血液検査(血糖値を測定)して、正常値を把握しておきましょう。

  • 更新日:

    2021.06.04

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。