magazine

犬にまつわる雑学
鉛筆アイコン

2021.06.17

犬の雑学クイズに挑戦しよう!

【クイズ】犬命!「犬将軍」徳川綱吉の生類憐みの令であてはまらないものは?

犬将軍として有名な徳川5代将軍・綱吉が発令した生類憐みの令。
犬好きな気持ちはわかりますが、中にはどんどんエスカレートしていったものもあったようです。
次のうち、生類憐みの令で課せられた中で当てはまらないものはどれでしょう?
【A】野良犬が近寄ってきたら飼うべし
【B】命を賭して犬を守るべし
【C】犬税を課した

#クイズ

鈴木 べる/ドッグライター

ヒント【1】そもそも生類憐みの令とは?

生類憐みの令とは「生命を憐れむ気持ちを持ってほしい」という、綱吉の思いから生まれた法令です。
本来すべての生き物、もちろん人間に対しても向けられていたものなんですが、 犬への愛が突出してしまったようです。

ヒント【2】犬を飼うと税金?

犬を飼うと税金が課せられる?そんな!とお思いかもしれませんが、 実はドイツ、オランダなど、 ヨーロッパを中心に犬税を課している国は少なくないんです。
犬大事!の綱吉もやはり導入していたのでしょうか?

ヒント【3】とにかく犬が第一!

犬屋敷に10万頭以上の犬を飼っていたという大の犬好きの綱吉。
野良犬と目があえばその犬を飼い、 自らの命を賭して犬を守れとのおふれだったのでしょうか。

正解は?

飼い主を見上げる黒い犬

正解は【B】命を賭して犬を守るべし、です。
命を賭してとは言わないまでも、法令に背くものは切腹を命じられることもあったというのですから、「生類」を憐れむという本旨が本末転倒した感は否めません。
それでも、犬食文化がなくなったことなどは綱吉の功績だったとも言われ、再評価の動きもあるようです。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.06.17

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 鈴木 べる
  • ドッグライター
  • わんこからは仲間だと思われ、人様からはビーグルに似てると言われる人間です。いつか犬になるのが夢。もっとわんこのことを知りたい!という想いでクイズを出していきます。