magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの
鉛筆アイコン

2021.06.13

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.99

パートナーに優しいレシピ|愛犬のデンタルケアおやつ3選!

うちのコは歯肉炎の状態でわが家にやってきたため、私はデンタルケアを早いうちから意識してきました。
抗菌効果のある歯磨きペースト、口の中の善玉菌を増やしてくれるサプリメント、そして歯磨き効果のあるおやつを、毎日の歯磨きとともにデンタルケアの一環として続けています。
今日は、さまざまなデンタルケア製品を試した中で「これいいな」と思った3つのおやつをご紹介します。うちのコが大喜びで飛びついてくれるデンタルケアおやつたちです。

#パートナーに優しいレシピ

さの さえこ/ドッグライター

オリーブオイルで皮膚ケアする歯磨きおやつ

犬 手作り食 レシピ

初めにご紹介するのは、オリーブペットの「ナチュラルデンタルガム」です。
噛むことで歯垢や歯石が付着するのを抑え、エクストラバージンオリーブオイル配合で、皮膚や被毛の健康維持にも役立ちます。オリーブオイルやパセリが入っているので独特の香りがするのかと思いきや、香りはドッグフードのような感じでした。

見た目は弾力のありそうな柔らかいイメージですが、意外に歯ごたえがあります。また一番小さいXSサイズでも少し大きく感じます。うちのコにあげると口をいっぱいに開けて一生懸命噛んでいました。

噛むとボロッと崩れる感じで、崩れてしまうと堅さはそれほど感じないようです。
少し食べにくそうにも見えるものの、牛皮、ブタ耳と並べて出すと一番にこのガムを口にするので、嗜好性は高いようです。

原材料

  • 肉類(鶏、七面鳥)、ポテトフレーク、セルロース、グリセリン、オイルシードミックス、ホウレンソウエキス、パセリ

噛みたい欲求を安全に叶える歯磨きおやつ

犬 手作り食 レシピ

噛んで唾液をたくさん出して、歯の汚れを落とすという効果を一番感じるのは、やはりアキレスのような噛みごたえのあるおやつではないでしょうか。
ダイワの「アレルゲンヘルス 馬アキレスソフト」は、うちのコの「噛みたい!」という欲求に応えてくれるおやつです。馬肉のしっかりとした強いにおいも魅力的なようで、袋を開けると目をキラキラさせて駆け寄ってきます。

アキレスそのままだと堅すぎて食べるのに苦戦していたようだったので、適度な堅さに加工され、細切りになったものを購入してみました。
大きさや太さにバラつきがあるので、大きすぎる時は包丁やキッチンバサミで適当な大きさにカットしてからあげるようにしています。
※動画の最後の方で噛んでいる途中のアキレスを映しています。噛みごたえのあるおやつがどんな状態になっているかを見ていただきたくて撮影しましたが、見苦しく感じる方がいたらすみません。

原材料

  • 馬筋肉、グリセリン
  • ダイワ アレルゲンヘルス 馬アキレスソフト
  • Amazonで見る

免疫力アップと腸ケアもできる歯磨きおやつ

犬 手作り食 レシピ

これまでの2つのおやつは、噛むことで歯に付いた汚れを落とすものでしたが、ヘルシーアニマルズの「デザートガム鹿肉」は、乳酸菌を利用して口腔内の健康をサポートしてくれるおやつです。

また、免疫力アップが期待できる「たもぎ茸」や腸内環境を整えてくれる「植物エキス発酵液」も配合され、名前のとおり食後のデザートとして食べることで、愛犬の体に丸ごと作用してくれるようになっています。

一見堅そうなジャーキーに見えますが、食べるとホロホロ崩れる柔らかい食感です。画像のような長いものでも、うちのコは30秒もしないで食べてしまいました。
シニア犬や歯の弱い子でも楽に食べられますよ。

原材料

  • 鹿肉(北海道産)、たもぎ茸、植物エキス発酵液、有胞子性乳酸菌

ワクワクして食べられる歯磨きおやつたち

犬 手作り食 レシピ

皮膚や被毛にも効果的なもの、噛みたい欲求を存分に満たしてくれるもの、そして、免疫力、腸内環境、乳酸菌で全体をサポートしてくれるもの、それぞれに特長がある3つのデンタルケアおやつをご紹介しました。

わが家では牛皮やブタ耳をメインにしながら、こうしたおやつも定期的にあげるようにしています。

ご紹介したおやつは全部うちのコのお気に入りなので、見せた瞬間いつもより嬉しそうな顔をしてくれます。その顔を見るたびに、心にも少し良い効果があるといいなと思います。

  • 更新日:

    2021.06.13

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。