magazine

魚のぬいぐるみを抱く犬
食べもの
鉛筆アイコン

2021.06.16

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.100

パートナーに優しいレシピ|愛犬の健康に!白身魚おやつのご紹介

タイ、カレイ、スズキ、タラ、ヒラメなどが代表的な白身魚。アスタキサンチンの成分によって赤い色をしているサケも、白身魚に属するそうです。
高タンパクで脂の質が良く、DHAや EPAがたっぷりの白身魚は、犬にちょっとプラスしてあげたい食べ物のひとつです。
少ししかあげられない愛犬のおやつに、高品質の白身魚を加えてみませんか?犬の心と体が喜ぶ白身魚のおやつをご紹介します。

#パートナーに優しいレシピ

さの さえこ/ドッグライター

白身魚の特徴「静かに暮らし瞬発力が抜群」

海岸で潮風を感じる犬

魚は白身魚、赤身魚、青魚に分類されるのをよく聞きますが、実は青魚も赤身魚の一種なのだそうです。そして、白身魚と赤身魚(青魚)には、その生態によって身の質にも違いがあることが分かっています。

白身魚は穏やかに暮らすスプリンター

「穏やか」と「スプリンター」は違和感のある組み合わせですが、白身魚の生活は穏やかさと機敏さを併せ持っています。

普段は海底などであまり動かずに暮らしています。でも大きな魚などに狙われた時は、瞬発力を発揮して猛スピードで逃げる筋力を持っています。

そのため、常に海を回遊している赤身魚のように持続して動き回るための筋肉ではなく、スプリンターのような太くて強い筋肉質なのが特徴です。
これが、引き締まって弾力のある食感のもとになっているそうです。

スタミナを必要としないから低脂肪

白身魚が赤身にならないのは、赤身魚が持つヘモグロビンなどの含有量が少ないからと言われています。 赤身魚は常に海の中を動き回らなければならないので、エネルギーになる血液や脂肪分がたくさん必要です。

一方で白身魚は基本的に静かに暮らしているため、赤身魚ほど血液や脂肪を必要としていません。そのため、赤身魚よりもアレルギーを起こしやすいアミノ酸が少ない肉質であることもわかっています。
良質なタンパク質が豊富で、赤身魚よりも低脂肪なところも、白身魚の特徴です。

白身魚を丸ごと使ったおやつ3選

海を背にした犬

魚は部位によって主な栄養素が少しずつ異なります。

魚の各部位の主な栄養素

  • 身:タンパク質、EPA
  • 頭:ビタミンA、B1、DHA
  • 骨:コラーゲン
  • 皮:ビタミンA、B1、B2

せっかくなら白身魚の持つ栄養をすべて摂りたいですよね。
魚を骨や皮ごと全部食べられるおやつと言えばニボシが思い浮かびますが、一般的にニボシとして売られている魚は、イワシやアジです。どちらも赤身魚(青魚)。
そこで、白身魚を丸ごといただける欲張りおやつを探してみました。

1.パリっとスティック 白身魚

白身魚のタイ、タラ、カレイの身や皮、そして内臓と骨を使って作られたスティック状のおやつです。つなぎは使わず、白身魚だけで作られているのが嬉しいところ。

スティックを1本丸ごとあげるのは多いかな?という時は、手で折って小さくしてあげることもできますよ。

2.ザ フィッシュワカサギ

ちょっと珍しいワカサギのおやつです。
ワカサギの分類ははっきりしない部分もありますが、回遊魚ではないため白身魚に分けられることが多いようです。身の質も、白身魚に近いものになります。

食感はニボシに似ているのですが、加工された時期によってジューシーだったりパリッパリだったりと質感が異なるのが面白いおやつです。10cmくらいの大きさなので、うちのコには一度に半分くらいずつあげるようにしています。尻尾側より頭側の方がおいしいようです。
ワカサギを丸ごと使っていてそのまま食べられるので、白身魚のニボシをあげたい時は、ワカサギがピッタリですよ。

3.帝塚山ハウンドカム 鯛コロコロステーキ

小鯛をメインに、すけとう鱈をプラスした、一口サイズのおやつです。
成長したタイよりも低脂肪な小鯛を原料にしたことで、低脂肪な白身魚の中でもさらに脂肪分をおさえたおやつになっています。
また、小鯛の小骨はとても柔らかくできているため、そのままおやつの原料として使われています。カリッとした食べやすいおやつでありながら白身魚の栄養をしっかり摂ることができそうですね。

こんなあげ方もしています【刺身の利用】

タイの刺身を待つ犬

私は家でトイレやしつけのご褒美であげる時、できるだけ生で買ってゆでたり焼いたりしたものをあげるようにしています。 今日はそんなおやつの中から、タイのおやつを1つご紹介したいと思います。

タイの刺身を加熱して冷凍保存しておく

5切れくらい入ったタイのお刺身パックをスーパーで見つけた時は、それを購入してレンジで加熱し、一切れずつラップに包んで冷凍保存しています。

タイは消化も良く身も柔らかくてベタベタしないので、小さくしながらあげるのにちょうどいいおやつになります。

朝起きた時のしつけ習慣にタイの刺身を利用

毎朝起きると、うちのコは必ずオシッコをするので、その時にタイのお刺身をご褒美にすることがあります。
加熱して冷凍していたものをレンジで20〜30秒ほど温めると、ほどよく温まって食べやすくなります。それを小さくちぎり、コマンドを出しながらあげるという流れ。

生を加熱したものは水分があるので、少しの量で満足してもらえます。一度に半分くらいあげて、あとは冷蔵庫に入れて1日かけて食べきるようにしています。

いつもはコマンドを8個連続で出すのですが、少し長くなるので今回はショートバージョンでご覧ください。

白身魚は高タンパク低脂肪の健康食材

砂浜を走る犬

白身魚は回遊しないというのが大きな特徴であり、そこが赤身魚との分岐点になります。 海の中でドンとかまえて暮らし、いざという時に爆発的な瞬発力を見せて敵から身を守るという習性が、引き締まり、淡白でしなやかな体を作ります。

少しでも低脂肪でアレルギーの心配を減らしたいということなら、白身魚が一番おすすめです。 子犬のはじめてのおやつに選ぶなら、白身魚も候補にできそうですね。

  • 更新日:

    2021.06.16

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。