magazine

保護犬 ブログ
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.06.24

ブログ|元保護犬おじいわんプゥ【第2部】|vol.11

愛犬プゥさんの老齢期と向き合う。いつかは必ず来る日を見据えて

プゥさんはアレルギーの薬をもらうためと、外耳炎の診察と耳掃除のために、2週間に一度病院に行きます。肝臓のこともあって、何か月かに1度は血液検査もします。そのおかげなのか、体の異常を早期に見つけることができています。今日は、老齢期真っ只中のプゥさんとの向き合い方についてのお話です。

#ミニチュアダックスフンド / #保護犬おじいわんプゥ

泉 能子/愛犬家、ドッグライター

全く健康体のシニア犬などいない

保護犬 ブログ

人間もシニアになると体のあちこちに不調が見つかるように、全く健康に問題がないニシア犬というのも極少ないのではないでしょうか。8歳からシニア犬といわれていますが、それからの寿命はどんなに長くても10年ほどでしょう。

人間と違って老齢期である時間はそんなに長くはありません。弱り始めると一気に終末へ向かうように見えるのはそのためなのでしょう。犬の老齢期に見つかる病気は完治しないものが多く、治療というよりはどれだけ今の生活のQOLを下げずに過ごせるかが重要視されます。

老齢期になると麻酔が必要なMRIやCTなどを使った検査や大きな手術も、体への負担が大きくできなくなります。プゥさんも今状態が悪くなったとしても、おそらく麻酔はかけられないので、対処療法しかできないでしょう。

どこまでの医療や治療を求めるか

保護犬 ブログ

犬も人間と同じような病気になります。かつては放置されて見過ごされていたような病気も動物医療の進歩によって、先進医療が望めるようになってきています。今までなら助からなかったであろう病気でも完治や寛解することができるようにもなりました。

それはそれでとても喜ばしいことですが、ここに大きな問題があります。ご存じのように動物医療には公的保険や高額医療制度のようなものはありません。すべて実費なので特別な治療でなくても結構な治療費がかかります。

先日のプゥさんの診療費も甲状腺の外注の血液検査と通常の血液検査、フィラリアの予防薬、いつものアレルギーの薬を合計すると27,700円かかりました。通常でもアレルギーの薬と耳治療だけでもひと月20,000円はかかります。外科手術などになれば手術代が何十万ということもざらにあります。

愛犬のためならできるだけの治療は受けさせてやりたいと思う気持ちは誰でも同じですが、経済状態の変化や子供の成長期などと重なると大きな負担になることは否めません。

どこまでの治療を求めるのか、また受けさせてやれるのか、常日頃から家族と相談しておくことも必要ですね。

お金がなければ犬と暮らせないのか

保護犬 ブログ

昔、犬が番犬といわれていたころは、犬の医療費にかける割合はいまよりずっと少なかったでしょう。療養食のようなものもなく、医療を受ける機会も少なかったので今よりずっと短命でした。では、その頃の犬は不幸だったのでしょうか。

私が子供のころに飼って(あえて飼ってと書きますが)いた犬は雑種の外飼いでしたし、ご飯も人の残り物を食べていましたが、家族みんなそれなりに大切にし可愛がっていました。何かの病気があったのかもしれませんが、普通に寿命を迎え静かに空に帰っていきました。

中には、ペットショップで高額な純血種を買いながら、老犬になって病気になると、世話が大変だし医療費が高いからと捨てる人もいるのだそうです。もちろん十分な医療費をかけてやれることは、愛犬にとって幸せなことですが、犬にとって一番の幸せは最後まで大好きな飼い主と暮らせることでしょう。

もし、経済的理由で最善の医療を尽くしてやれなかったとしても、最善の愛を持って最後まで看取ってやることができれば、愛犬は許してくれるのではないでしょうか。

老齢期のプゥさんと向き合って

保護犬 ブログ

プゥさんには最低限のペット保険をかけていますが、この先どれだけのことをしてやれるのかわかりません。今の私たちにできる範囲でできる治療をして、最期までしっかり看取ってやりたいと思っています。プゥさんとのそんなに遠くはないいつかを思うと、辛く悲しくはありますがそれまでの残りの時間を大切に、プゥさんとゆっくりと歩んで行こうと思います。

  • 更新日:

    2021.06.24

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 泉 能子
  • ドッグライター
  • 動物が大好きで、気づけば隣にはいつも愛犬がいて、愛犬とお互いに助けたり助けられたりの共同生活をしているドッグライターです。 今までにヨークシャーとスムースダックスを育てて看取り、今は保護犬の9歳になるブラックタンのダックスと暮らしています。 人と犬が楽しく幸せに暮らすために役立つ記事を発信していきます。