magazine

保護犬
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.06.03

ブログ|元保護犬おじいわんプゥ【第2部】|vol.8

コロナの世界的流行はドッグフードにも影響を与える?

5月8日現在、各地に緊急事態宣言が出されていて、世界中でコロナがまだまだ猛威をふるっていますが、その余波がドッグフードにも及んできています。今日はコロナとプゥさんの療養食フードについてのお話です。

#ミニチュアダックスフンド / #保護犬おじいわんプゥ

泉 能子/愛犬家、ドッグライター

ネットから療養食のウエット缶が消えた!

ウェットフードを食べる保護犬

プゥさんは肝臓を悪くして何度も再発したことから、フードは低脂肪の療養食以外食べさせていません。療養食も病院でいろいろ試食をもらって食べさせてみましたが、嫌がらずに良く食べてくれたのがロイヤルカナンの消化器サポートでした。

カリカリタイプも食べますが、粒が結構大きく噛まずに飲み込んでしまうので、消化できず吐いてしまうことがあり、ずっとウエット缶を食べさせています。

療養食は病院でも売っていますが、もともとお安くはない価格なので、ネットでまとめて買うほうがいくらかは安く買えるので、我が家では定期的にAmazonから購入していました。Amazonは注文すると翌日には届くので、残りが少なくなってから発注しても切らすということはありませんでした。

定番フード以外食べてくれない

ところが4月の中頃からAmazonでの消化器サポートのウエット缶の出品数が激減しました。その時はまだ手に入れることができましたが、次に購入しようと思ったときには、消化器サポートウエット缶だけ取り扱い不可になっています。

ロイヤルカナンの消化器サポートウエット缶はすべてゼロ、他のメーカーの消化器系のウエット缶も全く見当たりません。Yahoo!や楽天などすべて見てまわりましたがどこも同じような状況です。

苦肉の策で消化器サポートのカリカリをお湯でふやかし与えてみましたが、最初は食べてくれても何度か与えていると食べなくなりました。

在庫争奪戦で価格が高騰

保護犬

毎日のようにネットを見ていましたが、たまに出品されていることがあっても、いつもは12缶セットが3,150円程度で少しの変動があっても4,000円程度だったのが、いきなり1万円以上になっているのにびっくりしました。それだけ肝臓や膵臓が悪くウエット缶を食べているワンちゃんが多いということなのでしょうか…。

他のメーカーのものは全く手に入らないのですから、病状の悪いコは高くてもこれを買うしかないのでしょうが。それでもさすがにこれはぼったくりです。

病院でも入荷見込めず

眠る保護犬

プゥさんの場合フードを変えるといつまた肝臓の数値が上がるかわからないという不安があるので、市販されているドッグフードは与えることができません。そこでいつも行く病院なら在庫があるかもと思い出かけて聞いてみました。

病院の方のお話では、コロナの影響でもともとはhill'sの消化器サポート缶の製造が停止されたことで世界的に品薄になり、その上輸出用のコンテナ船がストップしたこともあって欠品状態が続き、その影響がロイヤルカナンにまで及んでいるのだとか。

病院でも今度はいつ入るかはわからないとのことで、なんとか3缶だけは分けて頂くことができました。しかしそれだけではどうしようもありません。

消化器サポートから満腹感サポートへ

上を向く保護犬

病院の看護士さんからロイヤルカナンの満腹感サポートなら同じ低脂肪なので肝臓には影響ないのではないかと教えて頂きました。ロイヤルカナン満腹感サポートなら10缶くらいは分けてもらえるとのことでしたが、問題はプゥさんが食べてくれるかどうか・・ということです。

まずは満腹感サポートも3缶買って帰り試してみることにしました。看護士さんから満腹感サポートならまだネットでも買えるのでは?と言われていたので、これに賭けてみることにしました。

おかげ様で満腹感サポートは良く食べて立派なうんちもしてくれているので、肝臓には影響がないようでほっとしています。また満腹感サポートは販売店は少ないものの何とかネットでも手に入れることができています。

ゴールデンウイーク前に何ともあたふたしましたが、こんなところにもコロナの影響が及ぶとは…。考えれば分かったことなのかもしれませんが、早く終息して欲しいものですよね。

  • 更新日:

    2021.06.03

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 泉 能子
  • ドッグライター
  • 動物が大好きで、気づけば隣にはいつも愛犬がいて、愛犬とお互いに助けたり助けられたりの共同生活をしているドッグライターです。 今までにヨークシャーとスムースダックスを育てて看取り、今は保護犬の9歳になるブラックタンのダックスと暮らしています。 人と犬が楽しく幸せに暮らすために役立つ記事を発信していきます。