magazine

犬の匂いを嗅ぐ
犬の生態 / 気持ち
鉛筆アイコン

2021.05.24

なぜ犬は香ばしい匂いがするの?匂いの原因は意外なアレ?

犬と暮らしていると、主に足元から香ばしい匂いが漂ってくることに気がつきませんか?海外では、この香ばしい匂いがコーンチップスの「フリトレー」に似ていることから「フリトレーフット」と呼ばれています。この香ばしさがたまらない!そう感じる方も多いのではないでしょうか?この香ばしい匂いはいったいどこで発生して、何に起因するものなのかご存知ですか?今回は、犬から漂うあの香ばしい匂いの元となる部位、匂いの原因についてご紹介します。

文:西村 百合子/ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士

犬の香ばしい匂いはどこからする?

雨に濡れた犬

なんとなく部屋の中に香ばしい匂いが漂う、犬を抱っこした時に香ばしい匂いがする、そう感じることはありませんか?なんとなく犬の体全体から香ばしい匂いがする気がしてしまいますが、実はこの香ばしい匂いは犬の足の裏つまり肉球と鼻から発せられているのです。では、なぜ香ばしい匂いがするのでしょうか?

匂いの元は肉球

犬の体の中で香ばしい匂いがする部位は主に肉球です。海外で「フリトレーフット」と呼ばれるのも、コーンチップスにも似た香ばしい匂いが肉球から漂うからなのです。不思議なことに、足を洗った後やシャンプーをした後でも変わりなく香ばしい匂いが漂います。足の汚れもきれいに洗い流したのに、なぜ香ばしい匂いは消えないのでしょうか?その原因を知るためには、犬の汗腺の構造について知っておく必要があります。

香ばしい犬の肉球には汗腺がある

犬の肉球

犬は、人間と同じように全身に汗をかいて体温調節ができないことは、よく知られていること。そんな犬の体の中で唯一、汗をかく汗腺が集まっているところが肉球です。汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。この2種類の汗腺のうち、匂いを発する汗が出るのはアポクリン腺でエクリン腺から出る汗は無臭だとされています。

アポクリン腺とエクリン腺の違いとは

人間の場合は、暑い日や運動した後に全身に汗をかきます。このときの汗は、体温調節のためにエクリン腺から放出されるもの。犬の場合は、鼻の頭や肉球に多く集まっている汗腺がこのエクリン腺です。

一方、体臭を発する汗はアポクリン腺から放出されます。アポクリン腺は、人間では脇の下に多く集まっていて、脂質やたんぱく質など匂いの元となる成分が含まれています。犬の場合は、全身にこのアポクリン腺が分布していて、脂状の汗を放出し独特の匂いを放っています。「犬くさい」匂いはこのアポクリン腺から放出される皮脂の匂いだと言えます。

犬の香ばしい匂いの原因は?

穴を掘る犬

犬の肉球に集まっているエクリン腺から放出される汗は無臭にもかかわらず、肉球から香ばしい匂いがするのはなぜでしょうか?

肉球に付着したバクテリア

私たち人間と違い、靴を履いて歩かない犬は肉球にはさまざまな細菌が付着しています。この細菌はバクテリアと呼ばれ、乳酸菌や納豆菌と同じ仲間です。バクテリアは、もともと犬の体や私たち人間の皮膚にも存在しています。特に、肉球に付着しているバクテリアは、主に土の中などに生息するバクテリアで、どんな動植物にも存在し栄養分を供給する働きも行っているのです。

肉球には常に適度な湿り気があるため、付着したバクテリアが繁殖しやすくなります。このバクテリアから発せられるのが酵母菌の匂い。この酵母菌の匂いを、私たち人間は香ばしいと感じているのです。

雨に濡れるとさらに香ばしい匂いが…

雨の日のお散歩の後、濡れた犬の体を拭いていると、いつもより香ばしい匂いがすると感じたことはありませんか?これは雨水にふくまれているバクテリアが、犬の肉球にもともと付着しているバクテリアと混ざり合うことで、さらに香ばしい匂いを発するためだと考えられています。また肉球の周囲にある被毛が濡れることで、蒸れてバクテリアが繁殖するのに適した環境となり、さらに香ばしい匂いを発している可能性もあります。

香ばしい匂いは肉球以外の可能性も

短顔種の白い犬

香ばしい匂いがするのは肉球だけではありません。犬の耳や顔にヒダのある犬種の場合は顔周りからも香ばしい匂いがすることがあります。これは、耳や顔が何らかの理由で、炎症を起こしている場合です。外耳炎やマラセチアなどの感染症を発症していると、香ばしい匂いがすることがあるため、あまり強い匂いがする場合は注意が必要です。また、耳や顔を足でかくことによって、肉球や足から香ばしい匂いがすることもあります。

日常的に犬の肉球ケアをしてあげよう!

犬の足を洗う

犬から漂ってくる香ばしい匂い、好きな方も多いのではないでしょうか?しかし、実は犬の肉球は想像以上に汚れているもの。お散歩から帰ってきたら、足回りを念入りに拭きながら、肉球だけではなく指の間に異物が挟まっていないか、足裏の被毛が伸びすぎていないか、炎症を起こしていないかなどを点検しましょう。また、常に肉球を乾いた状態に保つことでバクテリアの繁殖を防ぐことができます。肉球ケアすることで、思わぬ感染症から愛犬を守れる可能性もあります。香ばしい匂いがいつもより強いと感じた時には、迷わず動物病院を受診してくださいね。

  • 更新日:

    2021.05.24

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 西村 百合子
  • ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士
  • ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。 現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。